自転車の運動

メール フットさん、育毛に役立つ運動がありましたら教えてください。

おすすめはズバリ有酸素運動ですね^^

 

植毛歴約20年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

汗ばむ程度の1日20分の運動がおすすめ

育毛に貢献するおすすめスポーツは有酸素運動と言われる類です。

例えば、ウォ―キング、ジョギング、水泳、自転車などですね。

 

酸素を取り込みながら全身の筋肉を動かす運動のことを俗に有酸素運動というわけですが、こうすることで心臓から血液を送り出す働きが活性化されて抹消の血流がよくなります。

なのでその結果、頭皮の環境も整うことに繋がります。

ただ、髪を生やすために息が上がるほどの激しい運動を行なう必要はありません。

話をしながらできるくらいの少し汗ばむ程度でOKです。

1日に20分ほど、週に3~5回くらいがベストと言われています。(※)

※ 有機酸素運動に関する文献:
1) 女性のための『頭髪外来』~髪・からだ・こころに効くトータルセラピー~

 

ウォーキング

 

こうした運動を取り込めば、ストレスの解消やリラクゼーション効果も期待できますし、ほどよい疲れはクオリティの高い睡眠にも繋がるので育毛に効果的です。

 

生き生きした髪の維持には意外?にも体重管理が大切です。

例えば太り過ぎると余分な脂肪が血液中に蓄積されて血流が低下し、頭皮の環境にも影響が出はじめます。

ただ、こういうと極端なダイエットに走る方がいますが、食事量を極端に減らす無理なダイエットは髪には逆効果で、実際にそれが原因で薄毛になる人がいますのでお気をつけ下さい。

健康的で効率のよいダイエットとは基礎代謝をあげることが前提です。

なので、結論はやはり適度な運動を習慣化して取り入れることが育毛にも大切なんですね^^

 

一応お伝えしておきますが、これをやればめっちゃ髪が生えてくる!みたいな魔法のようなスポーツはありませんのであしからず^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

追記:フットさんはどこの病院を利用されたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、フット本人の症例もご紹介しておきます。

 

自分

M字ハゲ時代

治療内容FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点植毛の結果は人それぞれで異なります。あなた自身の施術が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

フットの生え際フットの植毛症例画像218年経過

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

2019々現在のフットの頭髪状況現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛施術を受け、前髪を理想の状態にしてから、AGAの部位は育毛剤や発毛薬で守ってきました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしい方法を見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの治療計画を本気で応援しています^^(ご相談はこちらから)

 

↓管理人が最も信頼するクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
親和クリニック
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
ヨコ美レビュー記事
アイランドタワークリニックレビュー記事
アスク井上クリニックレビュー記事
親和クリニックレビュー記事
湘南美容クリニックレビュー記事
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
親和クリニック

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。