正しい方法

 

髪を生やすには「育毛剤を使うのが手っ取り早い!」と思っている方は大勢います。

僕も昔はそう感じていましたが、心底満足できるほど生やしてくれる育毛剤を探すのは至難の業でした。

毛髪診断士の勉強をしてきたこともあり、今では過去に自分が選んだ育毛剤がどうして毛を生やせなかったのかを理解できるようになりました。

それでこのページでは、正しい育毛剤の選び方間違った育毛剤の選び方について基本的な部分をシェアしていきます。

特に、

 

  • これから育毛剤を使いたい初心者の方
  • これまで育毛剤でことごとく失敗してきた方

 

…向けにまとめましたので、よかったら参考にされてください^^

 

5

育毛歴約25年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

育毛剤の正しい選び方【5か条のすすめ】

 

いろんな意味で「間違いない育毛剤」を選ぶためには5つの角度から考えるとわかりやすいです。(※ もしこの時点で「生える育毛剤をさっさと教えてくれればそれでいい…」という思考だとうまくいきづらいのでお気をつけください(´∀`;))

以下から一つ一つポイントを簡潔に取り上げていきます^^

 

育毛剤の費用を考えよう

 

事実をバラしてしまえば、髪が生えるか生えないかは育毛剤自身の価格帯とは直接関係がありません。

「とびっきり高額な製品じゃないと生えないんじゃない?」 とか、「秘匿性の高いものを裏ルートで仕入れなきゃ駄目なんじゃない??」と想像をたくましくする人も中にはいらっしゃいますが、そんなことはないので安心してください(´∀`;)

1日換算で数十円で済むものから何百円とかかるものまでいろんな料金帯の育毛剤が出ていますが、どの価格帯のモノでも正しく選びさえすれば髪の後退を防いだり成長を促すことは可能です。

 

ここで考えるべき【費用】の概念とは、お金の値段で効果があるかどうかを測るべきではなくて、生えることを前提にした維持費についてよく考えておきましょう、という注意点です。(※自分に効果が出るかどうかがわかる方法は後述します。)

というのは、育毛剤は生えた後も使い続けないといけないのはご存じですよね?

 

ときどき、「育毛剤やお薬で髪を一度生やせばハゲという病気は治る」と勘違いをしている人がいますが、そういうイメージでいると失望してしまうため…もしそう思っているのであれば早めに現実的な見方に切り替えてください。

 

育毛剤やお薬で治せる原因の薄毛の場合、基本的にその該当する製品の使用を止めたら再び髪が抜けてしまいます。

つまり、もしあなたがこれからレクチャーする方法で育毛剤を選んで髪が生えてきたら、基本的にはそれを定期的に購入して使用し続けなければいけないということです。

なので、簡単に言えば、家計に負担にならない程度で、或いは、毎月支払っていける範囲内で育毛剤を選ぶのが最善です。

仮に自分の経済力に見合わない製品で毛が生えたとしても、それを続けられる金銭的体力がないなら、一時的に生やせても意味がなくなってしまい悔しいですよね。

それなら、始めのうちから負担が軽い値段でふさわしいのをチョイスして髪を生やすことに取り組んだほうが現実的なわけです^^

 

育毛剤は長期目線で考える育毛は長期目線で考える

 

信頼できる会社かどうか考える

 

育毛剤の広告を見て「いかにも生えてきそうだ( ゚д゚ )彡」感のあるモノもありますけど、たとえ良さげに見えても、評判が明らかに悪い会社が出処である場合は買わない方がいいです。

ここで具体的な製品を挙げると販売会社が弁護士を立てて苦情を申し立ててくるかもしれないので詳しいことは書けませんが(苦笑)、もし「良いかも…」と思っても即買いせずに、一旦立ち止まり落ち着いて評価を下すようにしましょう。

 

よく考える人一日置いて考えてみるのも実際的

 

口コミを調べれば何となくわかると思いますけど、ただ注意したいのは、ネットだと情報操作が比較的簡単にできてしまうので、良いコメントよりも悪い?(現実的な)コメントがあるかどうかで判断したほうが無難かもしれませんね。

それに、「CMでバンバン宣伝している!」と「本当に髪を生やせる」は全くもって別物なのでご注意ください。

有名かどうかで選んでも「結果にコミット」できるとは限らないからです。

 

想像して喜んでいる人イメージだけでは裏切られてしまう場合も…

 

自分の症状を考えて選ぶ

 

本当に効果のある育毛剤を選ぶ上で欠かせない要素だと言っていいのが、「自分の薄毛原因にアプローチできるかどうかを考える」ことです。

原因がわかってはじめてちゃんとした対策ができるわけですね。

 

なので、自分がどんな理由で髪が抜け出したのかをまずは分析します。

例えば、抜け毛の症状でポピュラーなのは

 

  • 男性型脱毛症?
  • ホルモンバランスの低下?(女性の場合)
  • 老化に伴うコラーゲン不足?

 

こういったことが考えられます。

ここでは以上の3例を簡潔に取り上げて考えてみましょう。

 

1:男性型脱毛症かどうかの診断方法

 

前髪から徐々に後退していくパターンや後頭部が徐々に薄くなっていく症状、またこの二つのパターンが同時に起こっている場合、男性型脱毛症(AGA)が疑われます。


出典:ヨコ美クリニック
AGAのノーウッドレベルAGAの状態を示した表

 

身体の中身を検査しなくても、頭部に現れている薄毛パターンで特定しやすいのがAGAの特徴で、【角額】を利用した視診でも判断ができます。

「角額」はあまり馴染みのない名前ですが、簡単に言えば、こめかみの剃り込み部分のことを言います。


出典:幻冬舎
角額角額が頭頂線の先2センチより後退しているかが一つのポイント

 

耳の穴を中心にまっすぐ上がったラインを頭頂線と言い、そこを基準にした2㎝前の先端部より剃り込みが後退しているならAGAと判断でき、2㎝より手前なら「AGAではない」、或いは「まだAGAにはなっていない」と判断できます。

 

AGAの原因についてですが、

髪を作る毛包には5aリダクターゼという酵素が存在していて、毛細血管を介しテストステロンという男性ホルモンが循環しています。

この二つが毛乳頭内で一緒になり結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)という更に強力な男性ホルモンが生成されます。

男性ホルモンのレセプター(受容体)がある髪の場合、このDHTが悪さをし始め次第に抜け毛が増え薄毛化していってしまいます。(※ ここで言う「悪さ」というのは、毛の成長を阻む因子(タンパク質)を発動させてしまうことなどです。)


出典:http://hatsumo-web
DHT作用でヘアサイクル毛周期が短くなるDHTの影響によりヘアサイクル期間が縮小して脱毛が増える

 

一度発症すると自然には治らないため、何か対策を打たなければ必ず薄毛が進行していくのがAGA(男性型脱毛症)の特徴です。

 

2:ホルモンバランスの低下?

 

女性で多いのが、出産時などにホルモンバランスが悪くなって脱毛が多くなるケースです。

妊娠中は赤ちゃんを育てるために女性ホルモンの分泌が盛んになりますから、髪のヘアサイクルはずっと成長期が続いて抜け毛も減少傾向になることがほとんどです。

ですが、ひとたび出産が終わると女性ホルモンの分泌量が元に戻るので、これまで長いあいだ成長期だった毛が一気に休止期を迎えてしまいます。

その結果、一時的に猛烈な抜け毛が出て深刻に悩んでしまう方がいらっしゃるわけです。

 

女性の薄毛出産後に抜け毛が増えるのは珍しくない

 

ちなみに、女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つに分けられますが、髪の毛にとって重要なのは前者のエストロゲンです。

このエストロゲンは20代後半をピークに次第に減っていき、45〜55歳のいわゆる更年期に入ると急激に減少することもわかっています。

妊娠の他にもこうした時期に毛量や髪質の変化が起きやすいのが女性特有の問題です。

 

3:老化に伴うコラーゲン不足?

 

生き物はすべて老化していく運命ですが、中には死ぬ直前まで髪がフサフサな方もいらっしゃいますよね。

羨ましい限りですが、その場合は遺伝的な要素がかなり強く、僕達にはどうしようもない部分でもあったりします。

一般的には年齢の増加と共に皮膚は衰え免疫力も下がり全ての臓器が衰退していくわけですが、とかく髪の毛に関して言えば、毛の生成工場である「毛包」が消滅していくことが次第に生えなくなってしまう主な原因です。

 

毛包「毛包」は髪の生成工場

 

この毛包がなくなってしまう原因は、ずばり高齢化に伴うコラーゲン不足です。(※ 2016年に東京医科歯科大学の研究グループが発表。)

年齢が増していきコラーゲンがなくなってくると毛包が次第に角化して、いずれは完全に実態をなくしてしまうことが突き止められています。


出典:tmd.ac.jp
毛包の縮小高齢と共に毛包は次第に縮小・減少していく傾向にある

 

ここまでで、① AGA ② ホルモンバランスの低下 ③ コラーゲン不足 による抜け毛原因を見てきたわけですが、こういう角度で自分の薄毛症状の原因を確認できたなら、その原因にアプローチできる製品や方法を選ぶことで今抱えている問題を改善できるようになるわけです^^

 

でも、もしこの段階で「自分がどの症状に当てはまるかイマイチ確信が持てない…」という場合には、思い切って頭髪を専門に治療するクリニックに行き診断してもらればスッキリしますのでご提案します。

恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんけど、もし勘違いをして正しい対策を取れずにいると、お金も時間も無駄になってしまいますから、それなら一度クリニックに伺って自分が男性型脱毛症なのかどうかをハッキリさせてきたほうが賢明です。(※ 女性の薄毛でもAGAの場合があり、その場合はFAGAと呼びます。)

 

ただ、最近ではすべて自宅で完結できるインフラも整いつつあり、自分の毛髪を郵送するだけで診断結果をデータとしてもらえたり、スマホやPC画面で診察をしてもらい、薬剤は宅配で送ってもらうことも可能なので、好感の持てるいずれかの方法で一歩踏み出してみると良いでしょう◎

 

↓自宅で抜け毛診断が完結できる方法について↓

抜け毛原因の数々 抜け毛が途端に気になりだしてくると、『あれ?どうしてこんなに髪が抜けるんだろう…このままいったら…絶対薄毛になっちゃうよね?(´∀`;)?』...

 

↓スマホで遠隔診察ができる情報について↓

 「風邪を治すなら内科、じゃあ薄毛を治すなら?」このキャッチコピーが促すとおり、薄毛を本気で治したいなら薄毛を専門に治療してくれるクリニックに行くのが正...

 

薄毛原因にアプローチできる成分から育毛剤を選ぶ

 

以上で書いてきた方法で自分の薄毛症状の原因がわかったら、その原因を取り除くことができるアイテムや方法を選んでいけば良いということです。

では仮に一つ目のAGA(男性型脱毛症)が原因だった場合にはどうしたらいいんでしょうか?

先ほどAGAは5aリダクターゼという酵素とテストステロンという男性ホルモンが一緒になることでDHT(ジヒドロテストステロン)という活性ホルモンが生まれ、このDHTが悪さをして抜け毛を誘発する因子が働き出すことを説明しました。

 

5aリダクターゼ+テストステロン=DHT(ジヒドロテストステロン)▶抜け毛誘発因子発動▶髪のヘアサイクルが縮小▶徐々に薄毛化▶ハゲになる

 

といったプロセスでしたね。

なので、この負のスパイラルを断ち切るには1番最初の段階、つまり「5aリダクターゼ+テストステロン」の関係を打ち壊してしまえば良い、ということになります。

ただ、男性ホルモンのテストステロンは男性らしい身体を作る上で欠かせませんから、もう一方の5aリダクターゼを抑制できる成分を含んだヘアケア製品を使用することが勧められます。

具体的には、

 

オウゴンエキス・クララエキス・チョウジエキス・ビワ葉エキス・ヒウオギ抽出液・キャピキシルなどの成分です。

 

こうした成分を配合している育毛剤でネット上を賑わしているのはチャップアップになりますが(※ 通販新聞の調査に基づく)、最近抜け毛が気になりだしたルーキーさんにとっては丁度よい効果をもたらすと考えられます。

いずれにしても、5aリダクターゼという酵素を阻害させることのできるヘアアイテムを使うことこそが、AGAに対抗する秘訣であるということです。

 

ホルモンバランスが悪い場合にふさわしい製品は?

 

通常、出産後に起きる抜け毛の被害は半年〜1年くらいで治ると言われています。

そのため、思い切って1年くらい気にしないようにしながら生活を送るだけで自然と改善できるかもしれません。

 

ちなみに、加齢に伴う女性ホルモン低下でエストロゲンがなくなってしまう場合、「育毛剤でホルモンを補填できるんですか?」と聞かれることがあるんですが、答えは残念ながら『No』になります。

女性ホルモンは人工的に作れませんし、頭皮の外側から何かアプローチさせられるような品物ではないからです。

 

身体の内からエストロゲンを増やす効果的な方法の一つは適度な運動で、例えばスイミングに行ったり、ウオーキングを心がけたり、深呼吸をする習慣を身につける方法などが提案されています。

 

毛包衰退を防ぐにはコラーゲンを補給?

 

老化に伴うコラーゲン不足で毛包がなくなっていくことを先ほどお話しましたが、これを予防するには今のところリデンシル配合の育毛剤を使用していくのが実際的かもしれません。

というのは、コラーゲンといっても何十種類もあり、ここで問題となるのは『17型コラーゲン』減少に伴う毛包部位の衰退と消失だからです。

コラーゲン配合の化粧品類は幾つか出ているんですが、どれも『17型コラーゲン』ではないのでそれらを使ったしても補填することができないと注意喚起されています。

専門家によれば『残っている幹細胞をなんとか活性化して17型コラーゲンが失われないようにすることで、自ら持っている幹細胞のプールをきちんと維持しようと試みること』が大切だと指摘されていますから、幹細胞に直接働きかけるリデンシル配合の育毛剤などで地道にヘアケアをしていくのが賢明だと考えられます。

 

「AGAだと思っていろいろ薬を飲んでも改善しなかった…」という人が時々いらっしゃいますが、そういう人の場合はこういった面でもしっかり対策が取れているかどうかを考えてみると良いでしょう◎

 

副作用のないものを選ぶ

 

育毛剤を選ぶ正しい方法で最後に取り上げたいのが、副作用のない製品を選ぶことです。

例えば、毛が生える成分ではミノキシジルが有名ですが、ミノキシジル配合の国産リアップにはアルコール成分が含まれているので、頭皮にとっては負担になりやすいですし、使い心地も良いとは言えないかもしれません。痒みとか発疹などに見舞われる場合すらあります。

AGA治療薬なども身体に負担をかけてしまうことがあるので、可能なら避けて通りたいと感じる人もおられるでしょう。

というわけで、健康的に毛を増やしたい場合には、副作用の報告が一切ないものを選ぶのが一番です。

 

おすすめの正しい育毛剤選び方まとめ

 

いろいろ挙げてきましたが、最後にもう一度復習しておきましょう。

 

  • 継続しやすい適度な価格帯にする
  • 信頼できる会社か調べる
  • 薄毛症状の原因を突き止める
  • 薄毛の原因を改善できる成分配合か調べる
  • 副作用がないものにする

 

以上、5つの角度から育毛剤を選べば、失敗しにくいヘアケアが可能になるのでおすすめです。

 

繰り返しになりますが、もしあなたの抱える悩みがAGAによる抜け毛なら、チャップアップイクオスなどの育毛剤が候補として上がるかもしれませんし、老化に伴うコラーゲン不足が原因ならリデンシル配合の育毛剤を利用することを検討するといった具合ですね。

 

自分に合った育毛剤が見つかるように、以上のステップを参考にしていただければ幸いです^^

 

5

育毛歴約25年の管理人:フット

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしいクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
HP
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
s_runessance
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

>>植毛費用の詳細

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。