遠隔診察診療

 

「風邪を治すなら内科、じゃあ薄毛を治すなら?」

このキャッチコピーが促すとおり、薄毛を本気で治したいなら薄毛を専門に治療してくれるクリニックに行くのが正解でしょう。

でも、僕が抜け毛で悩んでいたときは、

 

  • 病院内外で人に見られるのが嫌…
  • 通うのがなんか面倒くさい…
  • 治療費が高そう…

 

といった心理的な壁がものすごくあって、なかなか利用することができなかったんですね。

 

ですが、時間が経つにつれてこうした問題もハードルが低くなってきています。

特にここ最近ではAGA業界にも【遠隔オンライン診察】という新しいサービスが導入され、ますますインフラ整備が進んで便利になっています。

 

そこで今回はこの【遠隔診療】にスポットを当てながら、今後の薄毛対策について考えていきましょう^^


フット

育毛歴約25年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

【遠隔診療可能なクリニック】

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

薄毛治療にも適用可能な【遠隔診察】とは?

 

遠隔診療とは、簡単に言えば、家や職場など自分の都合の良い場所でお医者さんに診てもらえる取り組みのことです。

 

総務省が配布している【遠隔医療モデル参考書】によると、「遠隔医療」とは

 

「情報通信技術を活用した健康増進・医療・介護に資する行為」

 

としています。

 

遠隔治療はもともとAGAの診療に限らず、医療の全般的なサービスをあらゆる人に滞りなく届けることを意図して設けられました。

たとえば、離島に住んでいれば医者が不足しがちかもしれませんし、入院していない患者さんの中には外に出るのが難しい人もいて、なかなか医療サービスが受けられにくいという状況があります。

 

そういう背景を考慮しつつ、

 

医療従事者、介護関係者、患者等の各関係者間で、必要な情報の伝達・提供・共有をネットワークを介して迅速かつ円滑に行えるようにすることで、地域にあまねく隔たりのない医療・介護サービス環境を実現するために、遠隔医療は実施されます。
出典:遠隔医療モデル参考書

 

遠隔医療の身近な例としては、インターネット・パソコン・スマホなどの通信機器を使いながら診療行為をすることです。

たとえば、薄毛治療にこの仕組みを活かすとすれば、スカイプや専門ソフトを使いながらTV電話のような形でお医者さんからの問診を受けたり、頭部を診てもらうことだってできるわけですね。

じゃあ、薄毛を治したい僕らにとっての具体的なメリットは何?ということですが、ザッと挙げるとこんな感じです。↓↓

 

【オンライン診察のメリット】

  • 人と会わない・見られないで済む
  • 待ち時間ゼロ
  • 面倒くささからくる通院の自己中断回避
  • 24時間いつでも予約OK
  • 交通費削減
  • 従来の会計手続きの煩わしさから解放される
  • 遠方に住んでいる人も治療可能

 

と、こんなにもメリットがあります^^

では、一つ一つ簡単に見ていきましょう^^

 

① 人と会わない・見られないで済む

 

まず 一つ目のメリットですが、抜け毛にお悩み中の方はかなり救われる部分があると思うんですが、いかがでしょう?

というのは、僕も初めて薄毛の相談をしにバイオテックに行ったときは、とても勇気が必要だったことを今でも覚えています。

 

人に見られたくない…

万が一、もし知っている人に会ったらどう取り繕えばいいんだろう??

 

と気が気じゃかったです。。

キョロキョロしながら入りましたもん(´・ω:;.:…

まあ、最後には開き直って「とにかく明るいフット君」を装いつつ受付のお姉さんには挨拶しましたけど、本当は内心穏やかじゃなかったので…可能なら抜け毛以外の悩みはこれ以上増やしたくないなっていう気持ちが強くありました。

 

もし、インターネットを利用したアプリで、先生とだけやり取りをするだけで済むなら、かなり精神的な部分で楽になることは間違いないと思います。


出典:clinics
遠隔診察はプライベート重視

遠隔診療なら誰にも知られることがない^^

 

② 待ち時間ゼロ

 

待ち時間ゼロというのも大きいメリットです。

とかく忙しい現代人にとって待たされることはイライラを招く原因の一つですよね。

病院に行ったことがある人なら誰でも経験があるんじゃないでしょうか?待ち時間は何十分もかかったのに診察は3分で終わっちゃった!なんてこと。。


出典:clinics
遠隔診察なら待ちくたびれなし

 

その点、オンライン治療なら、前もって予約をしておけば時間になってから専用アプリを立ち上げるのみでスムーズに診察をスタートできますから、時間を一切無駄にしなくて済みます。

家じゃなくてもいいわけですし、職場でもどこでもネットが繋がるならOKですから、とてもスマートでちょっとした「カッコよさ」すら感じるのは僕だけでしょうか??

 

③ 面倒くさいが原因の自己中断回避

 

「継続は力なり」とはよく言ったものですが、薄毛を回復させる作業にも「継続」は必要です。

最低でも半年、可能なら1年間は集中的に同じ治療薬を処方してもらい効果の有無を判定するため、途中で止めてしまったら時間もお金も勿体無いことになってしまいます。

その点、通常の来院スタイルだと、どうしても途中で面倒くささが出てしまったり、一度行く機会を逃してしまうとそのままズルズルとフェイドアウトして結果的に薄毛の進行を許してしまった…なんていう人も中にはいらっしゃいます。

でも、遠隔治療を採用して事前に予約をしておけば、スマホのスイッチを入れるだけで担当医と繋がれる環境に変わりますから、面倒から来る自己中断のリスクをかなりの程度抑えることができるでしょう。


出典:clinics
オンライン遠隔診察は続けやすい

スマホで担当医と繋がるから続けやすい

 

④ 24時間いつでも予約OK

 

「よし!今 時間が空いたから連絡してみよ!」と思って電話しても営業時間じゃなかったり、休日だったりして、うまくアポを取れなかったことってないですか?

僕は結構あるんですよね。。

でもオンラインサービスなら24時間いつでも受付可能ですから、自分の好きなタイミングで予約ができ、タイミングを逸してしまうなんてことはありません。

 

遠隔診療はいつでも予約OK

いつでも受付けできる!

 

⑤ 交通費削減

 

「電車で病院に行くとなると往復で1000円近くもかかるから馬鹿にならない。。」

 

こんな風な言い訳で治療を延ばし延ばしにしている方もおられるかもしれません。

後でも詳しくクリニックの現状をお伝えしますけど、費用的に考えたら確実に通院よりも遠隔のほうが安くなる場合がありますから、これを機に本気で抜け毛治療を決意するのもアリだと思います。

 

遠隔診療で節約可能

遠隔サービスはお財布にも優しい

 

⑥ 従来の会計手続きの煩わしさから解放される

 

遠隔診察に対応しているクリニックで共通していることは、専用アプリを利用する点です。

そしてアプリをダウンロードしたら真っ先にすることがクレジットカードの登録

いったん登録しておけば、後は自動で精算されて料金が引き落とされますから、いちいち現金やカードを取り出してお会計をする手間が省けます。

僕もアマゾンなどで買い物する時は登録済みのカードを使いワンクリックで買い物をする気持ちよさを味わっています。


出典:clinics
遠隔診察はカード払いOK

スマートな「買い物」ができる

 

ちょっとしたことですけど、こうした快適さもストレスのない生活に貢献してくれます。

 

⑦ 遠方に住んでいる人も治療可能

 

たとえ同じ県や市にクリニックがある場合でも、現実には1時間以上かけないとたどり着けない不便なケースもあると思います。

そういう人にとっては、オンライン診断が抜群に利便性の高い方法だと言えます。

それに冒頭でもご紹介したとおり、元はと言えば遠隔治療が推奨されたのもこうした目的がメインにありました。

AGAに限らないですが、お医者さんもわざわざ遠い町や村に行かなくても済むので、時間を効率化して多くの患者さんを診てあげられるのは本当に素晴らしいことだと思います。

こうしたサービスが浸透して多くの人が「生える」喜びを味わえたらいいなぁと願っています^^

 

遠隔診療でへんぴな地域も診察可能

偏僻なところに住んでいても診療が受けられる時代へ

 

遠隔診察のデメリットとふさわしい位置

 

こんなにもメリットが多い遠隔治療ですが、実は「残念な部分」がないわけではありません。

その点についてもちゃんと知っておくなら、後悔することのない取り組みができるようになります。

 

少なくとも現段階でわかっているデメリットは、

 

【遠隔診察のデメリット】

  • 診察予約料として500円かかるケースがある。
  • 処方薬は別途で送料が必要。
  • 未成年は原則利用できない。
  • すべての治療を遠隔制度で完結させるのは無理。

 

この4点です。

 

ではデメリットについても簡単にですが一緒に考えておきましょう^^

 

① 診察予約料として約500円かかるところが多い。

 

遠隔治療に対応しているAGAクリニックでは、パソコンやスマホのアプリを使用するオンライン治療が基本です。

なかでも1番採用されているのがCLINICS(クリニクス)というアプリで、僕が調べただけでも60以上のAGA治療施設が採用している状況です。(※ AGAに限らなければ約500以上の病院が採用しています。)

 

CLINICSの紹介動画(約1分20秒)

 

こちらのアプリが今後も遠隔治療におけるメジャーな端末になっていくかもしれないんですが、実はこのアプリを使用するにあたってはクリニックの診断予約一回につき500円がかかってしまうんですね。

なので、先ほどのメリットのところで「交通費代が浮く」というポイントを取り挙げたんですけど、本来ならかかる電車代の削減メリットが結果的に相殺されてしまうケースも出てきます。

年単位で治療を続けていくことを考えると、少なくない額になるので微妙なところかな、とは思います。

ただ、クリニックの中には独自のアプリを採用しているところもあり、そうしたところでは予約料は一切かかりませんので、このデメリットは当てはまらなくなります。

 

② 別途、処方薬の送料がかかる

 

基本的に(一般病院ではない)AGA専門クリニックでの治療では、診察代が実質無料でお薬代だけが発生する仕組みでお得です。

ただ、遠隔治療となりますと、肝心のお薬は家まで配送してもらわなければならないため、送料は自分で負担する必要があります。

場所や量にもよりますが、540円以上は必要なので、アプリを使った診察予約料と合わせると合計で1000円以上はかかる計算です。

まあ、本来は通院することでかかってしまう「時間」をお金で買うという見方をするなら納得できる範囲ではあると思いますが、この辺の落としどころは各自によって変わってくるでしょう。

 

遠隔診察は薬の送料代がかかる

お薬の送料は必ずかかります

 

③ 未成年は原則利用できない。

 

これは「遠隔」だからという理由ではないんですが、もともと未成年の状態では当人がAGAを発症しているかどうか判断しづらかったり、薬に関する臨床実験で未成年者のデータが存在しない関係上、治療薬を販売すること自体が難しい…という事情があります。

なので、基本的に未成年者が薄毛治療を受けたいときは親同伴が求められたり、保護者の同意書が必要になるのが一般的です。

仮に診察を受けれたとしても内服薬は以上の理由から基本的に売ってくれませんので、かなり狭まった範囲内での処置となってしまうのが現実です。

遠隔だとただでさえ頭部状況を正しく判断することが簡単ではないケースがあるのに、未成年者だとまだ成長過程ということもあり、フォーマルな治療は更に難しくなるかもしれません。

もしこれを読まれているあなたが未成年で深刻な悩みを抱えておられるなら、勇気を出して親に相談して自己責任のもとで個人輸入の海外薬品を使用することも可能ですが…、僕は個人的に「20歳になるまでは我慢して、それからクリニックを利用したフォーマルな治療で対応する」ことをご提案します。

万が一があってはマズイですし、くれぐれも無理だけはしないようにしてください。

 

④ すべての治療を遠隔制度で完結させるのは不可能。

 

各クリニックのホームページ内ではメリットしか目に飛び込んできませんので、なかなか気づきにくいところではありますが、そもそも遠隔治療は患者の必要を100%満たすことのできる方法ではありません。

 

厚生省がまとめたガイドラインによると、

 

診療は、医師と患者が直接対面して行われることが基本であり、 遠隔診療は、あくまで直接の対面診療を補完するものとして行うべきものである。

 

と、ハッキリその指針を定めています。

 

遠隔診療は外来診療に置き換わるものではなく、適切に組み合わせるべきもの、というのが基本姿勢です。

 

そのため、スマホ診察を採用しているどのクリニックでも、初診の際は来院を勧めていたり、半年に一回は病院に来て実際に頭部を見せてくださいね、とリクエストされることがあります。

たとえクリニックのホームページにこうした事項が書かれていないとしても、厚生労働省のガイドラインはどのクリニックにも適用されるので、必要に応じて来院が求められると考えておくのがベターでしょう。

 

100%遠隔治療で済むわけではないという現実はちょっと残念に感じてしまう人もいると思いますが、でも逆に考えれば、半年に一回くらいは直接診断してもらったほうが安心ですし、マイクロスコープなどで診てもらうと好転反応を実感しやすく、やりがいをもっと感じられやすくなるといったメリットもあります。

別の新しい治療方法についても一緒に考えてくれる良い機会になりますから、この辺の指針は前向きに捉えていくべきでしょう^^

 

遠隔診察も対応可能なAGAクリニックまとめ

 

それではここから遠隔治療を導入している主なAGA専門病院についてご紹介していきます。

クリニック名の他に、各病院の特徴やお薬の値段などの情報を載せておきますので、自分がこだわる部分と比較しながら参考にしていただけたらと思います。

(※「お薬代」についてですが、AGA治療は継続が基本という見地から、初回の特別料金は度外視して2回目以降の通常料金のみを提示しています。詳細は公式HPをチェックしてください。)

 

湘南美容外科

湘南美容外科クリニック

診察料 無料
使用APP CLINICS
フィナステリド錠 3000円〜
デュタステリド錠 8200円〜
送料  1000円前後
カード払い

イースト駅前クリニック

駅前イーストクリニック

診察料 無料
使用APP CLINICS
フィナステリド錠 4500円〜
デュタステリド錠 8000円〜
送料 1080円
カード払い

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

診察料

初診料のみ5000円

使用APP Curon
フィナステリド錠 6000円〜
デュタステリド錠 8200円〜
送料  800円〜
カード払い

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

診察料 無料
使用APP AHCトータルサポートアプリ
フィナステリド錠 4500円〜
デュタステリド錠 8000円〜
送料  540円
カード払い

※ 各クリニックへの電話調査に基づく情報。最終確認はご自身でお願い致します。

フットの【AGAクリニック遠隔治療調査】

 

先ほども少し触れましたが、純粋に費用面だけで考えると、一般の病院を利用するよりも以上で挙げてきた薄毛治療専門のクリニックの方が何千円も安くなるのでお得です。

巷の皮膚科でもプロペシアなどは処方してもらえるんですが、それだと診察料が取られますし、お薬代も高くなるので損をするだけです。

じゃあ、【遠隔治療】をベースに考えたらAGA専門クリニックの中ではどこが利用しやすいのか?ということになりますが、恐らくAGAヘアクリニックとなるでしょう。

 

これは、フットがメールと電話を通して各クリニックに問い合わせをして得た情報と各省のガイドラインを考慮に入れた現状での結論です。

 

まず、湘南美容外科クリニックとAGAスキンクリニックですが、ここは価格的には安いんですが日本全国に約50箇所も分院があるため、【遠隔診療】を適用すべき本来の条件に当てはまらないことが多々あると考えられます。

つまり、どの都道府県に住んでいても比較的近くに病院がありますので、とりあえずは来院を勧めてくる確率が高いという意味です。

なかでもAGAスキンクリニックは、電話をしたときに応対してくれたお姉さんの態度はめちゃくちゃハッキリしていました。

住まいについて聞かれた後に、「フットさんの場合には病院が近くにありますので、来院をお願いしたいんですが…」とすぐに催促されてしまいましたからね。。

「恥ずかしいからとか、面倒くさいからといった理由では遠隔サービスは利用できないんですか?」と聞いてみると、「そうですね。そういった場合は無理です。」としっかり断言もしてくれました(´∀`;)

各分院の対応にも若干ズレが出る可能性はありますが、基本的に全国展開しているクリニックは遠隔治療を積極的には勧めていないんだなってことがわかりました。

一応、ホームページ上でフレコミが書かれてはいても、連絡してみると来院を勧めてくるという流れですね(´∀`;)

まあ、ガイドラインにあったとおり、本来の治療は実際に対面して行う行為であることを考えれば当然と言えば当然なんでしょうけど。。


出典:イースト駅前クリニック
対面診察が基本

対面によるリアル診療に勝るものはない

 

でも、冒頭でも触れたとおり、なかにはそんなに遠くに住んでいるわけではないのに、

 

  • 通うのが面倒くさくて気後れしてしまう…
  • 人に会う(見られる)のがどうしても嫌…
  • 忙しくて病院に通う時間がない…

 

こういう部分が問題となって病院に行くのを足踏みしてきた人からすると、なんとか「遠隔治療を積極的に採用してくれるクリニックはないのかな?」と考えてしまうのは自然だと思います。

そういう意味では、以上で紹介してきた中だと、AGAヘアクリニックが有利であることが今回の調査でわかりました。

というのも、AGAヘアクリニックの施設は東京の秋葉原にしかないので、「大部分の人にとっては身近ではないクリニック」という位置づけになるからです。

結果、「遠隔診察」の適用範囲になる可能性が非常に高いので、病院としてもその点を自覚して積極的に遠隔サービスを取り入れている状態です。

事実、このAGAヘアクリニックだけが、遠隔治療(アプリによるTV電話)専用の申し込みページを設けています。(※ 記事作成時点。)


出典:AGAヘアクリニック
AGAヘアクリニックの遠隔診察

遠隔診察の受け入れが明確な状態

 

この作りからしても、AGAヘアクリニック自身が「院数が少ない病院」という立場を意識しながら上手に遠隔診療を有効活用していることが理解できるでしょう。

(※ もちろん、ケースによっては初診でも来院を勧められたり、半年に一度はクリニックに立ち寄って頭部を見せに来てね、と言われる可能性はあります。)

 

  • 自宅にいながら診断を受けたい
  • 治療を人に知られたくない
  • 積極的に遠隔治療を取り入れたい

 

こういう気持ちのある人にとってはAGAヘアクリニックが利用しやすく、診察予約代や診察代が(2回目以降も)永久無料なので、遠隔治療がウマく通るかどうかを試すにはもってこいでしょう。

 

他にもある日本全国の遠隔治療対応のAGAクリニック

 

実はこの他にもたくさんの病院が積極的にAGAの遠隔治療を行っていますので、現段階での全リストを掲載しておきます。

ただし、先ほども触れたとおり、一般病院でのお薬代や診察代はすでに紹介してきた薄毛治療専門クリニックよりも総じて高めの設定なので注意してください。

立地条件を最優先に考えて、万が一のために自分の家から比較的近いところを選びたいといった特別な事情がない限りは、以下の施設を選ぶ理由は特にないかと思われます。(※ 大体 1時間〜1時間半圏内までの移動距離だと来院を勧められる傾向にあるようです。)

 

東京都:いりたに内科クリニック東京メモリアルクリニックビーハッピークリニックemiスキンクリニック松濤洗足整形・形成外科TLC日本橋クリニック銀座医院秋葉原スキンクリニック銀座HSクリニック江北ファミリークリニック東京皮膚科・形成外科 銀座院イーストワン皮膚科・形成外科新橋ファーストクリニック白金坂の上診療所ナビタスクリニック新宿さくまクリニック羽尾皮フ科クリニック東京皮膚科・形成外科 日本橋院祖師谷皮ふ形成クリニック巣鴨千石皮ふ科たかとり内科にしやま由美東京銀座クリニック医療法人社団一亮会 ほつかクリニック

神奈川県:山本メディカルセンターおしげ皮フ科松田クリニック宮前いとうクリニック

千葉県:坂の上皮膚科・形成外科桐友クリニック新松戸梶田医院

埼玉県:にっしん皮フ科・形成外科ステラ ロサ クリニック

静岡県:静岡曲金クリニック静岡ホームクリニック境医院

富山県:皮膚科神経内科白崎医院

長野県:森の診療室

栃木県:ノアAGAクリニック宇都宮院

三重県:田中病院松本クリニック

新潟県:しむら皮膚科クリニック

岡山県:ながしま形成外科クリニック

福岡県:よしき皮膚科・形成外科

大分県:いしかわ皮ふ科形成外科

熊本県:ダイヤモンドシティクリニック

北海道札幌市:桑園オリーブ皮膚科クリニック

※ 記事作成時の状況なので、最終確認はご自身でお願いします。

 

まとめ

 

最後に、薄毛治療での遠隔サービスに関する大切なポイントをまとめておきましょう。

 

AGA治療の遠隔診療は基本的に、

 

  • 隔たりのない医療サービス環境を実現する目的で提供される。
  • 必要に応じて来院が求められることもある。
  • 治療薬代の他に配送代も1000円前後みておいた方が良い。

 

そして、AGA専門病院の中で遠隔診察を利用できる主な施設は以下の4院です。

 

クリニック名 診察料 フィナステリド錠 送料
湘南美容外科クリニック 無料 3000円〜  1000円前後
AGAスキンクリニック  初回のみ5000円 6000円〜  800円〜

(薬代で変動)

イースト駅前クリニック 無料 4500円〜  1080円

(固定)

AGAヘアクリニック 無料 5500円〜  540円

(固定)

※ 状況は変化するので最終確認はご自身でお願いします。
※ AGA治療薬は『継続』が基本なので初回キャンペーン等は度外視しています。

 

特に遠隔診療を利用させてもらいやすいのはAGAヘアクリニックであることを押さえておけばOKでしょう。

4院の中で比較するとお薬代は平均的ですが、それでも一般の病院に比べたら何千円も安くてリーズナブルですから、どうしても遠隔をしたいということであればAGAヘアクリニックが無難です。

 

インターネットを活用したサービスはこれからも発達していくと考えられるため、今後も目が離せませんね^^

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。