自毛植毛にしようか悩み中

 

人工毛植毛をしてる方が自毛植毛を検討し始めるケースも増えてきています。

僕自身も1度人工毛を経験してから自毛植毛を考え始めたので、当初はいろいろ不安になることがありました。

  • 植毛手術はできるかな?
  • ちゃんと生えるかな?
  • 生着率は悪くなるかな?

いろいろ心配だったんですが、実際のところはどうだったのか、フットの頭に起きた経過をまとめましたのでよかったら参考にしてください^^

フット

植毛歴約20年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

人工毛を抜いて頭皮が回復したら自毛植毛も可能

 

僕はM字に人工毛植毛をしてから頭皮にすぐ違和感を感じ始め、痛みもかなりあったため1年を経過する前に人工毛を全部抜いてしまいました。

それから1年くらい経って自毛植毛クリニックへカウンセリングに行ったんですが、その時でも自分のM字部分はまだ人工毛の影響が残ったままで皮膚が少し赤みがかっている状態でした。

 

人口毛を抜いた頭皮人工毛を抜いて頭皮が回復したM字

 

先生は当時、この状態で自毛植毛を行なうことはできるけれども、生着率が若干落ちる可能性があることを率直に指摘してくれました。

人工毛を抜いた頭皮には瘢痕(はんこん)ができるため、傷跡へ植毛するのと同じことであり、皮膚内部も硬く血行も悪くなっているかもしれないので、こうした不利な下地は現実として受け入れるしかないとの説明を受けました。

もちろん、生着率が落ちてしまうかもしれない事実は残念でしたけど、それよりも僕は手術を受けることができることの喜びの方が大きく、あまり気にはなりませんでした。

むしろこういうことを前もって教えていただけたので、二度の手術で密度アップを図る必要性がはっきりとわかり計画を立てやすかったです^^

 

↓密度問題について扱った記事はこちら↓

 自毛植毛の密度問題は一度も植毛を経験されたことのない方であれば、当然気になるテーマだと思います。  薄毛を克服するために必要な移植密度はどのくらい...

 

人工毛の後に自毛植毛を受けた結果

 

当日は人工毛経験者の僕でも予定通り手術を行なうことができました。

患者としては何の問題もなかったんですが、それでも植えてくれた看護師さんたちには少し苦労をかけてしまいました。

というのは、手術中は基本寝ていたんですが、たまたま起きていたちょっとの間に印象深いことがあったんです。

看護師植えつけ
看護師さん

あらら…!?

フットお寝ぼけ
フット

えっ 、どうしたんですか

看護師植えつけ
看護師さん
ときどき新しい株を植え付けた途端に、隣の植え終わった株がピョンって飛び出してくるのよね(;´∀`)
フットお寝ぼけ
フット

えっ!?

看護師植えつけ
看護師さん

あっ…ほらっ!また! こういう時ってゆっくり植えて慎重にやらなきゃいけないの。。

フットお寝ぼけ
フット

なんか、もぐら叩きみたいですね(´∀`;)

看護師植えつけ
看護師さん

フフッ、そうね。。大丈夫、全部押さえつけてみせるから。えいっ(笑)

フットお寝ぼけ
フット

余計な神経を使わせてしまうアホな頭でホントすいません(´∀`;)

※ 麻酔、ドナー採取、スリット(毛穴)を作る作業は医師が行い、株分けと植え付けはナースと医師の共同作業です。

 

こんな感じで、いわゆるポッピング現象が起きたりして、僕の頭はお姉さんたちをだいぶ困らせてしまったわけです(笑)

人工毛経験者など皮膚がガチガチに硬い人はこういうことが良くあるそうです。

出血も大目になる場合が多いですし、僕の時も実際そうで、ときどき血を拭き取りながら植え付けをしてくれていた印象があります。

だから余計に神経と労力を使わせ、時間もたくさんかかるため申し訳なかったんですが、お姉さんたちは嫌な顔一つせずに天使のままでいてくれました^^

マメで忍耐強い人でなければ勤まらない特殊な仕事だなってつくづく感じましたね。。

 

何はともあれ、こういう多少のハンデを背負った僕でもめでたく手術が成功したわけですが、肝心の結果はというと、やはり少しの後遺症が残ることに。。

 

フットの自毛植毛前と植毛後手術から9ヶ月後

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 約140万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

まあまあの仕上がりかと思えるかもしれませんが、この時点で右M字の状態はまだ本調子になっていません。

 

植毛後の頭皮の赤み

 

密度は不足していますし、さらに赤みがかってしまい、ガチガチの皮膚に移植したせいで瘢痕(はんこん)も残ってボツボツ感がかなり目立っているのがわかりますよね?

これは人工毛植毛をしたことのある人や皮膚条件が悪い人によく見られる現象だそうです。

また、生えたての1年目は髪質もかなりカール(くるくる)していたので、人工毛経験者は前もってこうしたデメリットを心得ておくことが重要でしょう。

 

と言っても、1、2年くらいの間に皮膚の根元も正常に戻っていき、カール(くるくる)もだんだん取れて元の髪質に戻っていきます。

 

自毛植毛1年後

 

上の写真は一回目の手術から1年経ち、密度アップをするための二回目手術に入る当日の様子ですが、この頃には僕の右M字もほぼ正常な頭皮と髪質になっているのが見て取れます。

 

このことから、たとえ不利な立場にある人工毛経験者でも自毛植毛手術を現実的に行なえることが十分ご理解いただけるでしょう^^

 

人工毛植毛を抜いていない状態でも自毛手術は可能か?

 

中には、僕とは別パターンで人工毛植毛を残したまま自毛植毛をしたいという方もおられるかもしれません。

そうすれば、周りには薄毛を気づかれないで上手に人工毛から自毛植毛に乗り換えられると考えるわけです。

僕も自毛植毛をする前は前髪が寂しかったので、それを埋め合わせるために増毛(髪にくくりつけるやつ)をしてなんとかやり過ごしていたんですが…でも正直なところ、人工毛を残しておこうという発想は持てませんでしたね(;´∀`)

人工毛は異物で皮膚にとても悪く、既存毛の後退も促進させていることを強く実感していたからです。

 

でも、もし仮に人工毛を残したまま自毛植毛を踏み切ったとしたら、この他にも不都合なことが起きてしまいますので、やはり到底したいとは思えません…( ;∀;)

 

人工毛のあるところに自毛の移植を試みるわけですが、物理的にいって人工毛がある箇所そのものには当然植え付けることはできないため、ただ人工毛と人工毛の間に移植していくのみになります。

ということは、少なくとも1、2回で自毛植毛を完了させることは不可能です。

人工毛は半年から3年くらいかけて徐々に抜けていくんですが、粘り強く人工毛がなくなるのを見届け、頭皮に無毛状態がある程度増えてきた時点で、また自毛植毛を追加しそれを何回も繰り返していくことが必要です。

でもそうすると、それだけ手術回数と費用もかさんでいきますよね?

また、人工毛が残る状態で自毛植毛をすること自体、さらに生着率を阻む原因となって、結果に満足できない確率も更に高くなります。

このような取り組み方は患者としても植毛を施す人にとっても非常に効率が悪く、余計なお金、時間、労力がかかってしまうわけですよね。

 

それでも…

 

お金はいくらかけてもいい、時間もたくさんかけて構わない、生着率が悪くてもドナーはたくさんあるから大丈夫だし、ハゲだけは一瞬でも周りにバレないように自毛植毛を完成させるんだ!\(◎o◎)/!

 

あくまでもこういう強い意志をお持ちなら、何はともあれ受けられる方の希望が一番尊重されるべきなので、クリニック側も無理に反対することはせず、ちゃんと手術を行ってくれます(;´∀`)

 

一方で、もし見方を調整して人工毛を一旦抜いてから自毛植毛をしようと決意されるのであれば、抜き終わった後にだいぶ皮膚の後遺症が残っているはずなので、まずは1~2ヶ月間様子を見て、炎症を起こし化膿している皮膚が回復するまで一旦待つことになります。

そして順調に皮膚が回復していけば、数か月以内には自毛植毛が実施できるようになります。

この方法だと少し時間がかかりますし、一定期間は人工毛を抜いた薄毛部分のことでかなりの神経を使うことになりますが、結果的にはこのケースの方が効率が良く、患者自身の満足度も高くなりやすいという報告データがあります。

なので、フットもこの方法をお勧めします^^

 

この他にも、特定箇所だけの人工毛をあらかじめ抜きながら自毛移植を徐々に行っていく方法などもありますので、詳細はクリニック側とよく打ち合わせをしながら、自分の希望通りにアレンジすることが可能です。

 

まとめ

 

僕自身が人工毛経験者ということもあり、今回は「人工毛植毛のあとに自毛植毛をすることができるのか?」というテーマで書いてみました。

正直な話、僕は自毛植毛の1年目は皮膚の赤みや移植毛の根本の不自然さに少し不安を感じたこともあったんですが、今となっては完全に過去の問題と化しています。

 

フットの生え際

 

上の写真の通り、現在ではますますイイ感じです。

 

なので、他の人工毛経験者の方も安心して自毛植毛を行なっていただければ嬉しいかぎりです。

何といっても本物の髪ですし、一度すればメンテナンス不要で生涯生え続けるので、人工毛とは桁外れの仕上がりです^^

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計約150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5フットの現在2018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしいクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

5

植毛歴約20年の管理人:フット

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

>>植毛初心者講座

>>植毛費用の詳細

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。