痛みを恐がっている人

 

痛みを感じることが好きな人は普通いませんよね。

中には、自毛植毛したいんだけど、完全無痛じゃないならやらないぜ!っていう方もおられるかもしれません。

手術中は果たして痛いのか、フットの体験を交えながらリアルな事実をお伝えします^^

 

植毛施術は麻酔をするから基本的に無痛

 

自毛植毛クリニックでは手術中に麻酔が使われるため基本的に無痛です。

(これからの説明で見慣れない単語に関しては、1番下にある表を参考にしてください^^)

 

まず、手術用の椅子に座ると静脈注射をするんですが、具体的には手の甲に注射を打ちます。(手の甲が嫌なら腕に変更もOKです。)

こうして静脈内に精神安定剤を入れます。

 

注射なので一瞬だけチクリとするんですけど、薬剤が注入されている時とか注入後にはまったく痛みがありませんので、一番初めの一瞬だけあのチクッを経験しなくちゃいけません。

針が入るツンとした痛みでさえ嫌だって言う人もいるかもしれませんが、どうしてもここは避けられない関門になります。

と言っても、昔の歯医者さんのような口内に刺す注射と比べたらだいぶ楽ですし、子供でも十分耐えられる痛み?なので安心してください^^

 

植毛前に注射の風景

初めに注射で精神安定剤を投与する(イメージ)

 

で、注射を打たれると、ほとんどのケースでは次第に意識がボッ~としてきて自然と眠りにつきます。

僕も当日はそうで、気づいたら速攻で爆睡でした(笑)

椅子に座りはじめて若干緊張気味だった最初の2,3分の記憶はあるんですが、そのあとの記憶はほとんど覚えてないんですね。。

大抵の人はこうなるパターンが多く、そのおかげで後からすることになる局所麻酔や移植毛のドナー採取といった少しグロい作業の時もずっと何の意識もないままでいられます。

植え込み作業をするときのためにも、伝達麻酔(神経ブロック、或いは上眼窩神経ブロックとも呼ばれるもの)をする場合があるんですが、具体的には眉毛付近に麻酔を打ちます。

少量で頭の前半分に効く麻酔で、これをすると移植毛を植え付けるときにも全く痛みを感じずに済むわけです。(この注射そのものも最初の鎮静剤のおかげで痛みはありません^^)


出典:proceduresconsult
局所麻酔

 

でも、移植範囲には上眼窩神経ブロックが効かない場所があるので、そこには局所麻酔を追加していくといった具合になります。

 

手術中は基本的に傾眠状態が続くわけですが、それでもフットは何度か突然目が覚めた時がありました。

そうすると、女性スタッフの看護師さんから どんな感じですか~❤ 気分はよろしいですか~❤ なんて声を掛けていただいて、手鏡を渡され頭部の植え込み状況を確認させてもらえたりしました。

こういった目が覚めている時でも、もちろん痛みは全くありませんし、そのことが気になるという感覚すらありません。

 

フットの場合、午後からは意識が結構続いたので、暇つぶしにDVDやTVなどもチラッと見せていただきましたが、僕はどうやらこういう状況で娯楽を楽しむことには慣れていないようで、…結局は自分からまた寝に入りました(苦笑)

ちなみに、僕は飛行機に乗る時とかでもTVなど見ずに速攻で寝て目的地までヒトッ飛びするタイプです。

 

…ということで、自毛植毛手術も同じようにあっという間に終わってしまった感じでした^^

 

要するに、一番初めの注射だけ瞬間的にチクッとするのみで、その後はずっと完全無痛。

 

もちろん、人それぞれの体質で反応が違いますので、時には手術中に痛みを感じ始める方もいるようですが、そういう場合には局所麻酔の増量や精神安定剤などの内服薬も適宜併用して対処することになります。

 

ウギャ~ッ! ヒリヒリする~! ズキズキだぁ~! 耐えられん~! o(><*)o 

 

…なんてことは、想像上の世界でしか起きませんので、どうぞ安心してください^^

 

ちなみに、僕がお世話になったクリニックでは静脈注射、局所麻酔(リドカイン)、内服薬等による精神安定剤を使用して無痛手術が行なわれています。

 

静脈麻酔:麻酔薬を静脈から投与すること。

鎮静剤:催眠作用を促す薬剤(痛み止め・麻酔薬ではない)の事で、 静脈内に注射をすると頭がぼーっとする傾眠状態になり、不安や緊張が和らぐ。

傾眠(けいみん): 意識がなくなっていく第一段階で、うとうとしていて睡眠に陥りやすい状態

局部(所)麻酔:限定される部位に注射などで麻酔薬を浸潤させること。

浸潤(しんじゅん):しみ込んで広がること。

伝達麻酔:抹消神経とその周辺に麻酔薬を注射して、その部位の神経を麻痺させる方法。少量の注射で頭の前半分に効く麻酔なので、麻酔薬の総量を減らすために効果的。

リドカイン:局所麻酔薬の一種で神経伝達を遮断する効果があり、一般的によく使われる。

植毛手術後の痛みは?

 

手術を終えて家に戻り麻酔が切れてからも、植毛部がジンジンしたりチクチクすることはなく、普通に過ごせました。

ただ、FUTで手術した場合、術後の抜糸までは後頭部の縫い箇所が引っ張られる・突っ張りした違和感はずっとある状態なので、これは抜糸が済むまで辛抱が求められます。

でも違和感だけで、痛みはほとんどありませんし、時間が経てば経つほど違和感もなくなっていきます。

体質的に痛みを感じたり血がにじんだりして心配になる人も若干いるようですが、クリニックで渡される痛み止めを飲んで、タオルで圧迫すればすぐ良くなります。

僕は痛くないときでも痛み止めを飲んでいたので、何の痛みもないまま通常の生活を送れました。

ちなみに、一般的にはFUTよりもFUEの方が侵襲性が低く痛みのリスクを抑えやすいと言われています。

 

まとめ…と注意をヒトコト

 

正直なところ、フット自身は「痛み」というものが嫌でもあまり恐怖心はないので、植毛を検討した当時は全然気になりませんでした。

心のどこかで、耐えられないレベルの手術なら、そもそも実用化もされないでしょ~ っていう思い込みがあったので、 生えるか生えないか? っていう程度の事しか心配してなかったんですね(笑)

 

で、あれから15年くらい経った今ですが、手術日のことで自然と残っている印象と言ったら、痛みを連想させる部分は少しもなくて、不思議なことに居心地がとても良く、ホテルでサービスを受けたような満悦感しか残ってないんですよね。。

 

ヨコ美クリニックの玄関

フットがお世話になったクリニックロビー

 

いずれにしても、これまで経験した3回の植毛手術はどれも痛みとは無縁の世界でした。

 

でもですね、極まれなケースではあるんですが、局所麻酔で使われるリドカイン、或いはその化合物で仲間のキシロカインという薬にアレルギー反応が出てしまったことのある人は、今のところ手術が行えないことになってしまいますので注意が必要です。

そういう人は他の局部麻酔剤にもアレルギー反応が出る可能性があるため、残された道は全身麻酔しかないんですが、ヨコ美アイランドマークタワークリニックと言った植毛専門クリニックではどこも全身麻酔を採用していません。

なので、運が悪い?特殊なアレルギーを持った方は、とりあえず局所麻酔を使用しないで済む医学がさらに進んだ時代まで待つしかなさそうです。。

もし、麻酔薬アレルギーのある人が万が一ヤッちゃうと、ノドが腫れて呼吸困難になったりして大事に至るケースも考えられ、これが本当に起きてしまった場合には自分の生死に関わりますし、クリニック側の評判も大打撃を受けてしまうわけですから……くれぐれも無理をするのはやめましょう。(※ 日本はまだないようですが、アメリカでは局所麻酔薬の多量投与での死亡例があるんです。)

最後にちょっとクールな話題を持ってきちゃいましたが、現実的にはこういう麻酔薬アレルギーの人はほとんどいません。

もし過去に耳鼻科で噴霧麻酔や歯医者の麻酔液で何の問題もなかった人なら心配する必要は全くないので安心してください^^

俺は耳鼻科にも歯医者にも行ったことがないからさっぱりわからん!っていう特殊な方なら、一度病院に行って予めアレルギーテストの相談をしてみるのも良いかもしれません。。

 

ということで、少し話がソレてしまいましたが…

まとめてみると、

 

  • 最初の注射のチクッを我慢すれば、後はウトウト気分で最後まで無痛。
  • でも麻酔薬アレルギーの方ならそもそも手術を受けられないので注意も必要。

※ 各クリニックの処置の仕方・患者の体質でも変わります。

 

ということになります。

クリニック選びを間違えなければ、きっとあなたの植毛手術もビックリするほどの快適さを体験できるはずですよ^^

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計約150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5フットの現在2018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしいクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

>>植毛費用の詳細

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。