濃い密度を連想させる芝生

 

自毛植毛の密度問題は一度も植毛を経験されたことのない方であれば、当然気になるテーマだと思います。

 

  • 薄毛を克服するために必要な移植密度はどのくらい??
  • 1度の施術で満足できるの??

 

僕の経験を踏まえながら、平均的な相場をご紹介します^^

 

フット

植毛歴約20年の案内人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

一般の頭髪平均密度は?

 

移植毛のドナーを採取する箇所の平均密度なんですが、1㎝四方あたり140~160本程度という基本データがあります。(※ 日本人の場合)

なので、髪がない状態を0(ゼロ)とするならば、それを元の10の状態にする、つまり1㎝四方あたり140~160本の密度で再現することが、理論上はAGA患者のゴールになるわけですね。

 

でも現実的に言うと、自毛植毛(FUT・FUE)では8くらい、1㎝四方あたり120本前後までを最終目標としています。

技術的な問題や患者本人の体質などの様々な理由で、80%以上の密度を達成できたのであれば、合格点をあげることができるということです。

通常それほどの回復率であれば、後頭部から採った移植毛は少し太めなこともあり、ボリューム的にも普通の人とほとんど変わらなくなります。

 

フットの自毛植毛症例

植毛前 & 植毛後

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 約140万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

フットの現在

植毛してから約20年経っても髪は通常レベルのまま…(フット本人)

 

1度目で達成できる上限密度は?

 

たった一度で80%以上回復できたら、それはそれはハッピーな話なんですが、実際にはそこまでいくことはできません。

平均的には、髪が全くない0(ゼロ)の状態からだと、1㎝四方あたり70~100本程度達成できれば1度目の手術は成功と言えます。

言い換えれば、一回目の植毛手術で達成できる回復上限密度は40~60%程度。

 

幅がある数字だと少しやきもきしてしまうかもしれませんが、現状ではどうしてもこうとしか示せません。

というのは、一人一人の頭皮の状態によって生着率は変わりますし、クリニックによって技術力も違いますし、植毛を行う際のスリット(毛穴)のサイズ、移植する株の種類(1~3本毛)によっても結果として表れる密度は変わってくるからです。

僕たちが一律同じ密度を実現できるわけではありません。

 

…と言いつつ、それでもクリニック側は大体の目安となる数字を口にしているので、(表現の仕方が若干違ったりしますが)参考にはできるでしょう。

 

【無毛箇所における1回目の手術で達成可能な最大密度数】

  • Aクリニック:1㎝四方に60~70本程度で40~50%の密度
  • Bクリニック:平均すると40株/平方㎝の密度
  • Cクリニック:1平方cmあたり50株(100本前後)の密度

※ 各クリニックのHP・メール調査に基づく

 

…と、以上のようなデータなんですが、大体の感じをつかめるでしょうか?

 

3社クリニックの数字をまとめてみますと…

 

一回目の手術で1cm四方に30株~50株(60~100本)を植えられるので、結果として40%~60%の回復率を見込めるということになります。

そして、この数字だけを真(ま)に受けて結果を期待するのではなく、自分の移植箇所の頭皮状態やどこに何の株(1~4本毛)を植えるのか、等の要素によっても現実は変わってくるというわけですね。

 

でもそうなると、一回だけの手術だけでは少し寂しい感じがしてしまう可能性が出てきます。

50代、60代の方であれば歳相応に見えて一度の手術で満足できるかもしれませんが、若い世代の方であれば、まだ髪が足りん~(◎o◎)/ となるわけです。

当時23歳だったフットもそうだったわけで……ある部分は満足できるほど生えたんですが、ある部分は50%の密度にも達していない所があったりしました。

 

でもそれはクリニックがどうこうと言うよりも、何せ僕は人工毛植毛と決別してから比較的日が浅かったわけですから、M字部分はかなり固く血行も悪かったんです。

なので、一度目の移植結果がそんな感じでも意気消沈することはありませんでしたし、むしろ当然だなって思いました。

しかも、僕がお世話になった先生は正直者だったので、フット君は一度の手術で満足できないだろうから、2度目を受けることも念頭に入れておいてくださいね。って、わざわざアドバイスをくれました(笑)

だから、1度目を終えてから約1年くらい経過した後に、当たり前のように密度をUPするための二度目の手術を受けました。

 

ちなみに、一度目の手術前と2度目の手術を受ける直前は以下のような状態。

 

フットの自毛植毛2回目手術

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 約140万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

写真で見る分には、密度がいい具合に映ってるかもしれませんが、少なくとも20代前半の僕にとってはだいぶスカスカに感じたので2度目に踏み切ったわけです^^

 

2度目の手術で密度アップを目指す

 

2度目の手術では、70~80%までの回復率まで一気に持っていくことが可能です。

興味深いのは、一度目の手術結果についての密度回復率は各クリニックごとで微妙に発言が異なるんですが、植毛2回目の達成密度に関する結論はクリニックすべて一緒で80%としています。

 

結果、僕の場合も2度目の手術でそれほどの手ごたえを味わうことができて、密度的には十分に満足しハッピーになれました^^

2度目を受けて間もない当時の頭部写真は撮っていないので紹介できないのが悔やまれる所ですが、感覚としては髪について全く気にならなくなるレベルの完成度。

 

実はそれから2、3年後に僕は3度目の手術も受けたんですが、それはM字部分の密度に不満があったからではなく、移植毛と既存の前髪の間に前もって補強しておけば、それ以降の二十年くらいは何の問題もなく、気ままに暮らせるだろうという “ 先読み ”でしたに過ぎません。

あとは、生え際のデザインをちょっとだけ変えてもらったりもしました。

密度だけの問題でいったら十分でしたので、今思えばしなくても別によかったかもしれません(;´∀`)

事実、M字の人が手術を2回することは多いですが、3回目をまたすぐ行うパターンは少ないという報告があります。。(苦笑)

(※ ちなみに複数回に渡る手術については、密度の問題以外にも、将来また薄毛になった場合を想定することなど、様々な要素を考慮して最善と思えるタイミングで計画することが大切です^^)

 

実のところ、40~50%の密度が達成できれば頭皮は目立たなくなりますから、若い方の中でも一度の手術だけで満足するパターンも結構あったりします。

 

密度問題に終止符を打つ

 

時おり、ネットの書き込みを見ていると、

 

○○クリニックで受けたら密度が足りなかったので、2度目は△△クリニックでしました!

 

というような発言があります。

 

そうすると、それを読んだ側からすれば じゃあ○○クリニックは良くないんだなΣ(゚Д゚)というようなイメージを持ち、そのクリニックに対して不安を持ち始めるかもしれません。

でも、植毛に対してバランスの取れた知識を持っているなら、そうした不正確な結論を抱かなくて済みます。

 

  • 一度目の植毛で得られる限界密度は40~60%であること。
  • 二度目で80%
  • その密度に満足できるかどうかは各自が決めるのであり、統一した物差しは存在しない。

 

この3点をしっかり忘れなければ、他人の感想とクリニックという物差しではなく、自分とクリニックという正常な関係で物事を判断したいと思えるはずです。

例えば上記で挙げた口コミの例では、まともなクリニックである限り、

 

  • 当人とクリニック間でのカウンセリング内容の不備(患者の質問し忘れ、思い込みなどで密度に関する現実的な見方ができていなかった)
  • 本人の頭皮状態の悪さ(硬さ・血行不良・体質)による障害
  • 患者自身の理想がもともとかなり高かった
  • etc…

 

クリニックの技術というより、患者本人の状態に原因があった可能性が十分に考えられます。

 

なので、口コミや他人の感想は参考程度にとどめ、密度に関する問題もクリニックの説明と実績例が一致しているかで決めるなら、かなりスマートに解決できます。

 

とは言え、

 

一度で5000株ものメガセッションで高密度を実現!

驚異の1万本移植達成!

 

このような頼もしい謳い文句を見ると、

 

あれ!?ここのクリニックは他のところと違って1回だけで完璧な密度になるのかなぁ…(‘-‘。)(。’-‘)。

 

思わず胸が高鳴ってしまいそうですが、ぜひ今回取り上げた事を忘れないようにしてください。

 

どんなに多くのドナーが採取できたとしても、1cm四方内に達成できる最大密度は変わりません。

 

まとめ

 

一度の手術で密度は十分ですか?

 

今回はこの質問がテーマだったわけですが、以上の内容を踏まえて考えると、この問いに対する模範回答は何だと思いますか??

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・

 

それは各自が判断することになるので僕たちにはわかりません。

 

こんな具合が塩梅良く収まるんじゃないでしょうか^^

 

【自毛植毛の密度に関する原則】

  • 一度目の手術で40~60%の回復。
  • 二度目の手術で80%の回復。
  • 何回の手術で満足するかは本人が判断

 

この基本原則は覚えておいて損はありません^^

 

今のところ、FUTFUE共に1回の手術のみで80%(1㎝四方あたり120本)の密度を達成できるクリニックはどこにもありませんので、もしありもしない・夢のような印象を与えるクリニックを見つけたら、それは不正直なクリニックということになりますね。

 

いずれにしても、他人ではなく自分でクリニックを選ばなければなりませんから、できるだけ信頼できるところにカウンセリングに行って、密度問題をすっきりさせてから植毛デビューするようにしましょう。

そうすれば、やり終わってから苦々しい思いをしないで済みますし、フットが経験したようにハッピーな気持ちだけを味わえるようになるはずです^^

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

※追記:フットさんはどこで植毛を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 約140万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛を受けて救われました。

 

なので、あなたにも自分に合ったクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

5

植毛歴約20年の管理人:フット

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
HP
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
s_runessance
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

結論は同じなんですが、別の角度からも密度問題について扱っている記事がありますので、よろしければそちらも参考にしてみてください^^

 

↓密度について取り上げた別記事↓

アイランドタワークリニックで生まれ変わった人達 このような画像を見せられると、「植毛して俺もサクッと生まれ変わろう!」と夢見がちになるかもしれません。で...

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。