出典:MSD
プロペシア

 

プロペシアやファイザーなどで有名なフィナステリド錠。

「はじめのうちは効果を実感してたのに、途中から抜け毛がまた進行してきて効かなくなってしまった」と感じる事例が目立ってきています。

何を隠そうこの僕もフィナステリド錠を9年くらい使っていたことがあるんですが、使用3年目からそれほど効果を感じれなくなってきた過去があるんですね。

なので、もし今これを読んでいるあなたもプロペシアに限界を感じるようになっていたとしても何ら不思議ではありません。

今回はこの【耐性】問題についてとことん解明していきますので、よかったら今後の参考にしてください^^


フット

育毛歴約25年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

当サイトは薬機法(旧薬事法)66〜68条に基づき、虚偽的な記述を一切しないことに努めています。また、当サイトは日本で未許可である海外医薬品の使用をどなたにもお勧めしません。読者さまにおかれましては、以上の内容をご留意のうえ閲覧をお願い致しますm(_ _)m
参考資料:薬事法における広告規制

耐性なのか他の原因なのか?

 

お薬全般の耐性というのは、薬剤を使っているうちに身体が慣れてしまって効果が減少していくことです。

耐性には主に二つの原因があり、組織耐性・代謝耐性のアプローチに別れます。

ざっくりまとめると

 

  • 組織体制は薬を繰り返し使っていくうちにその薬剤が作用できる受容体の数が減ることで効き方が悪くなる。
  • 代謝耐性は肝臓内で薬剤を分解する酵素が産生されて薬剤濃度がすぐに減少してしまい効力を発揮できなくなる。

 

とのことです。

 

じゃあ、プロペシアをはじめとするフィナステリド錠でも以上のような経過を通して耐性が出る可能性があるんでしょうか?

まずはフィナステリド錠を世界で販売しているMSD社の見解に注目しましょう∠( ゚д゚)/

 

プロペシア販売会社の耐性に対する見解

 

耐性に関してはネット上の情報が(クリニックHPも含め)錯綜しているので、フット自身がプロペシアの販売会社であるMSDに直接連絡してインタビューしてみました。← 緊張したなぁ(´∀`;)フ~ッ…

電話でおよそ15分位ですが、以下のような内容です。

 

フットフット

僕の場合、フィナステリド錠を飲み始めた頃は効果があったのに、2,3年くらいしたらあまり効き目がなくなってしまったんですが、いわゆる【耐性の問題】というのはあるんでしょうか?

MSD担当者MSD担当者

ご質問ありがとうございます。ちょっとお待ち下さい。今、お調べいたしますね。(3分くらい経過)

お待たせしました。そうですね、当社と致しましては「今のところ耐性の報告が書かれている文献はありません」という形でお伝えさせていただいております

フットフット

なるほど。じゃあ、「完全にないですよ」ということではないんですね。。

MSDさんはフィナステリド錠を世界で1番多く販売している大きな会社というイメージがあるんですけど、これまで耐性に関する臨床実験は行ったことはないんですか?

MSD担当者MSD担当者
ございませんね。。申し訳ありません。
フットフット

いいえそんなことないです(´∀`;)
じゃあ、これからも特に耐性に関するデータを取ってみようという計画はないんですか?

MSD担当者MSD担当者

はい。今のところはそうしたところでご案内できるものはございませんね。

ただ、プロペシアも使っているうちに薬の効果がなくなることは否定できません。

フットフット

えっ!? (意外な展開!)それはどういうことですか?
どういう理由で効果がなくなるんですか?

MSD担当者MSD担当者

たとえば…加齢による脱毛もあるんですが、プロペシアはAGAに効果が出るだけですので、年齢を重ねていくことで脱毛していく問題には効果が得られないんですね。

フットフット

あ〜、それはそうですよね〜。。

じゃあ、もう一度確認ですけど、つかっていくうちにフィナステリド成分の効果が徐々に作用しなくなっていくとか、個人的な体質が原因で効き目がなくなっていくという原因については不明なんですね?

MSD担当者MSD担当者

はい。そういうことになります。

フットフット

フィナステリドは長期間に渡って効果が出ている人が多いという臨床実験のデータは存じ上げていますが、その逆の少数派で効果が出なくなった人達に関してはその原因がフィードバックされているんですか?

MSD担当者MSD担当者

いいえ、そちらに関しては情報はわかりません。。本当にすいません、満足いく回答ができませんで。

フットフット

いいえ、そんなことないです(´∀`;)

MSD担当者MSD担当者

フット様はご存知かと思いますが、プロペシアは髪を増やすお薬ではなくて、ヘアサイクルを正常化して毛を太く長くする効果があります。

フットフット

(えっ、このタイミングで?)あ〜そうですね〜、はい。。

じゃあ、僕のように長く使っていると効果を感じれなくなる人に対しては何か対策としてご提案とかはありますか?

MSD担当者MSD担当者

こちらから何かご案内するというものはなく、プロペシアはお医者さんを通して処方してもらうお薬ですので、直接医師に診てもらいながら薬剤を変更するなどの適切な処置を取っていただくことになります。。

フットフット

わかりましたぁ^^
直接MSDさんの見解を聞けてスッキリしました。

何卒、引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m

MSD担当者MSD担当者
こちらこそ、また何かありましたらいつでもご連絡ください^^

 

というわけで、以上の内容から耐性の真偽についてザックリまとめると、

 

【MSD社の耐性に対する立場】

  • 耐性の存在を真っ向から否定はしていない。
  • 「耐性報告の文献はない」とアナウンスするのみ。
  • 今のところフィナステリド錠の耐性について何も研究されていない。
  • これからも効果なしを訴えるグループを対象にした臨床実験を行う予定もない。

 

ということがわかりました。

これがプロペシア販売会社のスタンスですので、耐性についてのスタンダードな立場だと見なしていけるでしょう。

 

耐性否定派の意見

 

ただ、「プロペシア 耐性」で調べると、「どちらとも言えない」とするサイトもあれば「耐性はありません」と否定しているサイトも見かけます。

「どちらとも言えない」というのがMSD社と近いスタンスではありますが、否定派の意見に振り回されないために、少しこの部分も見ておきたいと思います。

耐性を否定する人たちの論法は一貫していて、

 

  • プロペシアを長期服用した臨床実験を見ると効果は持続、或いは長くなればなるほど改善効果が高まっている人数が多い。
  • だからフィナステリド錠には耐性を裏付ける科学的根拠はない。

 

というものです。

確かに、プロペシアを飲み続けると耐性問題に不安を感じるどころか、その効果の恩恵を受け続けている人の方が圧倒的に多くて、そのことは当サイトでも別の記事で扱い済みです。

 

ですが、この事例はプロペシアを飲むと長期間に渡り効果を実感している人が多いということを示しているに過ぎないため、実は逆も然り、、、

 

フィナステリド錠に「耐性がない」と言える科学的根拠もない

 

ということが依然として言えちゃうわけですよね。

だって、MSD社がアナウンスしていることが全てであり、フィナステリドに現れる耐性作用の可能性については何も研究がなされていないんですから。。

 

耐性肯定派?の意見

 

実は「プロペシアの耐性」を本格的にテーマにしてコラムを書いたブロガーは僕が最初でした。(※ アメリカでは10年以上前から討論されています。)

約3年前くらいに「どうしてフィナステリドの効き方が前よりも実感できなくなっちゃったんだろうなぁ」とずっと不思議に感じてたので、その時期に片っ端からクリニックに行って相談してみたんです。

そしたら意外にも相談した5人中の医師のうち、なんと4人も「耐性はありますよ」と言ってきたので、それをいち早くブログ内で紹介しました。

当時の各クリニックHPではそんな情報書いてないし、そもそもプロペシアに絞った耐性についてのコラムなんて一つとしてありませんでした。

だから、「カウンセリングで直接聞くとこんなに貴重な情報をもらえるなんてすごいな〜」と感慨深かったんですよね。

僕自身も効果の実感を感じれなくなっていた一人だったから、てっきり耐性はあるものだと決めつけていました。

 

でも改めて落ち着いて考えてみると、それはいささかバランスを欠いていたと反省しています(´∀`;)

 

というのは、先ほどMSD社が語っていたように、プロペシアを飲んでも効果を感じれなくなる原因は他にもたくさんあるからです。

 

プロペシアの効果を感じれなくなるその他の原因

 

AGAとは全く関係ないことでありがちな抜け毛要素としては、

 

  • 加齢・老化
  • 不摂生でストレスの多い生活
  • 異なる薄毛症状の併発
  • 間違った頭皮ケア
  • 季節的な抜け毛
  • etc…

 

って、キリがないくらい思い当たるものがあるんですよね(苦笑)

ちなみに、海外製の薬品を使っているなら、フィナステリドの量が表示数よりも少ないといったリスクも懸念されています。

ただ、僕がこの中で1番身近に感じるのはやはり加齢ですね。

僕自身はつい最近まで日本毛髪化学協会の一員だった関係上、この加齢と脱毛の関係については専門的な教育も受けてきて理由がわかっています。

 

加齢による脱毛の仕組み

髪はもともと毛母細胞の分裂によって作られた角化物ですが、毛母細胞は周りに張り巡らされた毛細血管を通して必要な水分と栄養分を吸収しています。でも加齢が進むにつれ毛細血管が次第に細くなると、水分と栄養も減少するので太かった毛がだんだん細くなったり、分け目が透けて見えてしまうことがあります。

 

加齢による原因は一つにすぎないですが、恐らくフィナステリド錠を飲んでいく過程でそれまでとは違った体質になっていったり、その時代に合わせた仕方で適切なヘアケアをしないでいると、AGA対策だけではカバーできなくなってくるのは当然のことだと考えられます。

 

まとめ

 

ここまでで、プロペシアをはじめとするフィナステリド錠に耐性が存在するかについて医学的文献は何もないことをシェアしてきました。

同時に、プロペシアを飲んで効果を実感できていたのに、その後にあまり効果を感じれなくなった人達が(僕も含め)存在していることも再確認できたと思います。

 

( ※ グーグルのサービスを使って調べてみると実際に「フィナステリド+効かなくなる」「プロペシア+耐性」というワードを使って検索をかけている人が毎月300人以上もいて、「効果ない」などのネガティブワードまで含めると千単位の数に上ることがわかりました。)

 

じゃあそうすると、フィナステリドでは効果を感じなくなってしまった人たちは、どうしたらまた髪の後退をとめて、発毛体験を復活させることができるのか?この部分が重要になってくるわけですね。

最後にこの対策方法についても共有しておきます^^

 

フィナステリドが効かない時にすべき対策

 

AGA治療薬だけでは効果がなくなってきた、耐性かも!? と不安になった場合には以下の方法で対策を取るとほぼ間違いなく改善するのでぜひ試してみてください^^

 

ミノキシジルを併用する

 

ここ数年で急激に認知度が広まったので、あなたもすでにご存知かもしれませんが、フィナステリドとミノキシジルは非常に相性の良いコンビです。

お互いの違う作用が上手に融合して相乗効果を狙えるからです。

フィナステリドは男性型脱毛症の原因であるDHT(薄毛促進ホルモン)を産生させないことにより髪のヘアサイクルを正常に戻す作用があり、ミノキシジルは主に髪の毛母細胞を活性化させます。

フィナステリド錠だけの場合だと、ヘアサイクルが改善されて既存毛が前のように長く太く育ってもツルツルの頭皮に発毛させることまでは難しいです。でもミノキシジルを使い毛母細胞を刺激するならかなりの程度 髪を生やすことも期待できるようになります。

ミノキシジル外用とAGA治療薬は日本皮膚科学会が1番に勧める治療法でもあるため、まだ試したことがないならトライしてみるべきでしょう。

ミノキシジルとミノキシジルの錠剤について深く勉強したい!ということでしたら、以下の記事が役立ちますので参考にしてみてください。

 

ミノキシジル製品の数々 毎日のようにTVCMでも宣伝され一番有名な発毛剤にも配合されているミノキシジル。僕個人としては過去にミノキシジルタブレットの使用歴が9...

 

キャピキシルを併用する

 

キャピキシルはアカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3という成分を合成した【副作用が全くない優しい成分】です。

 

キャピキシル効果↑臨床実験による結果↑

 

画像が示す通り、臨床実験でも副作用がないまま成長期の髪が増え、毛の本数も増加したことが証明されています。

魅力的なのは、キャピキシル一つだけでミノキシジルとAGA治療薬の二つの作用をまかなえることです。

 

ちなみに、キャピキシル配合製品で現在一番人気があるのはフィンジアです。

 

まとめ

 

フィナステリド錠を代表するプロペシアで耐性が引き起こされるのかどうかは不明です。

でも、たとえ効果を感じれなくなったとしてもあきらめる必要はありません。

しっかりとした対策をとれば改めて脱毛を予防しながら髪を生やしていくことは可能です。

外科的な手段でAGAにならない毛根を植え付けて生やしてしまう方法までありますから、事実上ハゲにおびえる必要のない時代に突入しています^^

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計約150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしいクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
HP
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
s_runessance
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

>>植毛費用の詳細

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。