ミノキシジルを使い始めた直後の初期脱毛を経てから爆発的な発毛を体験する方がいます。

 

フットのミノタブ発毛効果

↑フットの身に起きた多毛症効果↑

【基本情報】
治療方法:
ミノキシジルタブレット、デュタステリド(ジェネリック)

治療の副作用(リスク):多毛症、頭痛、めまい、動悸、むくみ、胸の痛み、性欲減退等などの可能性。
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

でも実は、使い続けていくうちにどう見ても前より毛が生えなくなってきて沈静化しているような現象に見舞われる人達もいます。

何を隠そう僕もその一人で、1,2年はしっかり生えてきたのに、3年目くらいからは勢いがあからさまになくなってしまった過去があります。

なので、これを読んでくださっている人が同じような経験をしていても全然不思議じゃないですし、むしろそれはミノタブの説明書に書かれているとおりと言えるんですね。

  • ミノタブの多毛症効果とはどのようなものか?
  • ミノキシジルを使い続けると発毛効果が弱くなるのは本当か?
  • 耐性が原因で効かなくなるのか?

この点を包み隠さずシェアいたします∠( ゚д゚)/

 

フット

育毛歴約25年の案内人:フット

当サイトは薬機法(旧薬事法)66〜68条に基づき、医薬品に対する虚偽的な記述を一切しないことに努めています。また、ミノキシジルタブレットなどの情報を掲載しておりますが、これは日本で承認されていない医薬品に対する広告目的ではなく、あくまでも過去の個人的な経験や勉強した知識に基づく情報提供にとどめています。当サイトは日本で未許可である海外医薬品の使用をどなたにもお勧めしません。ミノタブは国内で未認可の薬品であり、日本皮膚科学会も『ミノキシジルの内服を行うべきではない』と警告しています。厚生労働省も未認可の海外薬品について注意を呼びかけていますし、ミノタブ(ロニテン)を販売しているファイザー自身も『育毛を促進するためのミノタブ使用は承認された適応ではありません(Use of LONITEN Tablets, in any formulation, to promote hair growth is not an approved indication. )』と公式にアナウンスを出しています。現在のサイト管理人フットもミノキシジルの服用を中止しております。読者さまにおかれましては、以上の内容をご留意のうえ閲覧をお願い致しますm(_ _)m
参考資料:① 医薬品等を海外から購入しようとされる方へ
参考資料:② 薬事法における広告規制

ミノタブの添付文書による効果説明

ミノキシジルタブレットは一つだけではなくて複数の海外メーカーが出しているんですが、基本的には同じミノキシジル成分を錠剤にしているため、きちんと作られていれば【効果から副作用まで同じ水準】だと考えられています。

…が、僕が過去に服用していた1番お手頃のTOファーマ社製ミノタブ(ノキシジル)の添付文書には言及されていない発毛作用の内容で、ファイザー社製ミノタブ(ロニテン)の説明書には詳しく記述されている箇所があるので、それを読んでいくと興味深いことがわかります。

 

ロニテンミノキシジル

多毛症の副作用について詳しく書いてあるロニテン

 

早速、このファイザー社製ミノタブ【ロニテン】の添付文書の内容をご紹介しますと、副作用の項目に以下のようなことが書かれています。

 

ADVERSE REACTIONS

Elongation, thickening, and enhanced pigmentation of fine body hair (hypertrichosis), are seen in about 80% of patients taking LONITEN (minoxidil). This develops within 3 to 6 weeks after starting therapy. It is usually first noticed on the temples, between the eyebrows, between the hairline and the eyebrows, or in the sideburn area of the upper lateral cheek, later extending to the back, arms, legs and scalpUpondiscontinuation of LONITEN, new hair growth stops, but 1to 6 months may be required for restoration to pretreatment appearance.

 

以上の内容を日本語に訳すとこういう意味です。↓↓

 

副作用

LONITEN(ミノキシジル)を服用している患者の約80%において、体毛が成長して太くなり、あるいは色素が濃くなる。 これは、治療開始後3〜6週間以内に発症する。 通常は、こめかみ、眉間、生え際と眉毛の間、頬、その後に背中、腕、脚および頭部(scalp)の毛までが伸びる。 LONITENを中止すると新しい髪の成長は止まるが、服用前と同じような外観に戻るには1〜6ヶ月ほどかかる。

 

つまり、この箇所ではミノタブの「副作用」として服用者の80%が多毛症になり、それには頭部の髪までが含まれること、そして薬を中断すると毛の成長は止まり、元の状態に戻るまでに約1ヶ月~半年ほどかかる。

 

こういう内容が書かれています。

 

念のために補足しておきますが、ミノタブはもともと高血圧患者が血圧を下げるために開発された降下剤です。

たまたまミノタブの服用者の全身に毛が生える【多毛症】の副作用が頻発したことから、その噂がネットで広まり薄毛に悩む人たちも便乗して使うようになったという経緯があります。

なので、ミノタブは「発毛薬」として売られているのではなく、降圧剤として販売されているものであり、この立場は今も全く変わっていません。

しかも、日本では降圧剤としても発毛剤としても認可されていないので、購入・使用に際しては自己責任でやっていく必要があり、その裏返しでミノタブの取扱い方にはいろんな情報が錯綜している状態が見られます。

こういう曖昧な立場の製品で何か困ることがあったら、薬に付いてくる説明書を読み込むことが確実な情報を知る上で手っ取り早い方法です。(※ そもそも 1番賢明なのは厚生労働省が喚起しているとおり、国内未認可の海外医薬品は一切使わないようにすることです。日本皮膚科学会のガイドラインも『ミノキシジルの内服を行うべきではない』と警告しています。)

で、話をミノタブの発毛効果(多毛症という副作用)に戻しますが、そのことについてロニテンのミノタブ添付文書には以下の内容が書かれているのをご存知でしたか?

 

You may have increased hair growth (hypertrichosis) after starting treatment; this usually emerges in the face but may subsides with continued treatment.

 

と書いてあり、これを日本語に訳すと

 

治療を開始した直後に髪の成長・発毛(hair growth)が増すかもしれない。 通常、これは顔の当たりで生じるが、継続的な治療で沈静化subsidesするかもしれない。

 

とあります。

 

そうなんです。。

ミノタブの副作用(多毛症)の影響で起きる毛の成長は永遠ではなくて、発毛効果は沈静化・或いは低下していく可能性が示唆されているんですね(苦笑)

顔に生じる多毛症について重点を置いているようにも見えますが、hair groth というのは頭髪や顔の髭、体毛も全部含まれますから、ミノタブを使っていくと毛が成長する効果は次第に落ち着いていく可能性が指摘されているわけです。

 

えっ? じゃあミノキシジルの発毛作用はどれくらいの期間続くの

 

と疑問を抱くルーキーの方もおられると思いますが、そもそもミノタブは発毛薬ではないですし、どの国からもAGA治療薬として認可されていないため、髪の成長作用の期間を計る臨床実験は行われていません。

恐らく、これからも行われることはないと思われます。

ただ、塗るタイプのミノキシジル外用製品であれば、大正製薬のリアップの実験を見る限りでは1年以上続くことがわかっています。


出典:大正製薬
ミノキシジル外用効果データリアップの発毛効果データ

 

上のデータをみると開始から13ヶ月後には使用者の約9割の人が改善効果を実感していると評価が出ています。

有効成分があまり浸透しづらいとされる外用タイプですら1年間は効果上昇が見られるということであれば、効果が出やすいとされる内服薬の場合では更に長く発毛効果が維持できると考えるのは妥当かもしれません。

恐らく数年のうちに「継続的な治療で沈静化(subsides with continued treatment)が起きてくる可能性が考えられます。

ミノキシジル成分そのものは発毛効果が認められていますから、全く効果がなくなるということはないでしょうけど、1年目に経験する顕著な勢いが永遠に続くことはないという意味で沈静化が起きると考えられます。

 

ちなみに、このロニテンの説明書にはハッキリと以下の警告文も出されています。

 

Use of LONITEN Tablets, in any formulation, to promote hair growth is not an approved indication.

 

これを日本語に訳すと、

 

育毛を促進するためのLONITEN錠剤の使用は承認された適応ではありません。

 

という内容です。

 

ミノタブを製造しているメーカーそのものが『ミノタブは育毛のための薬ではない』と公式に発表していますし、日本においても未許可の薬剤を使用することは厚労省から危険性(リスク)が呼びかけられているので、そもそもミノタブの服用はしない方が良いことを予めご了承下さいm(_ _)m

 

フットの体験も添付文書に書かれていたことと概ね一致する

ということになると、僕が当サイトでこれまでシェアしてきた過去の体験内容は添付文書に書かれているとおりだったということが理解していただけるのではないかと思います。

 

 このページでは僕がフィンペシア(フィナステリドのジェネリック薬)とミノタブ(ミノキシジルの内服薬)を8年に渡って服用してきた体験談をお届けします。ここま...

↑涙なしでは読めない?フットのミノタブ体験記↑

 

僕の場合は10年以上も前ですが、無知のままフィナステリド錠と同時にミノタブの服用を始めて、初期の頃は髪の発毛を実感できていたのに、2、3年くらい経つと増毛効果が感じられなくなっていったんですね。

1年を過ぎたら発毛の威力が減って、現状維持か或いは時期によっては少し減っているような感覚すらありました。

そうやって騙し騙し飲んできて、最終的には意味がないようにも思えてきたので植毛クリニックのドクターの勧めもあり、ある時を境に断薬しました。

 

断薬してからまた服用すると多毛症(発毛)効果が復活する?

さて、ここで先ほどの説明書をもう一度整理してみると、ある仮説が成り立ちます。

 

  • ミノタブの継続服用で髪の成長は沈静化していく
    (subsides with continued treatment. )
  • ミノタブを中止すると1~6ヶ月で服用前と同じような外観に戻る
    (1to 6 months may be required for restoration to pretreatment appearance.)

 

という二つのポイントが添付文書には書かれていましたよね。

 

ということは、ミノタブを継続していって【多毛症】効果の勢いが衰えてきた段階で、思い切って薬を飲むのを止めたとします。

そうすると、ミノキシジルの成分が一ヶ月~半年以内に体内から完全に抜けてリセットされることになります。(1to 6 months may be required for restoration to pretreatment appearance.)

 

僕が使っていたミノタブ添付文書には「 The average plasma half-life in man is 4.2 hours. 」とあるので、血液中のミノキシジル濃度は4.2時間であっという間に半減することがわかりますから、理論的には1ヶ月も断薬すれば体内からキレイさっぱり抜け切れると考えられます。

 

そうやって副作用の沈静化原因であるミノタブ成分を一度リセットしてしまえば、再び服用を開始すると多毛症の効果が改めて復活するかもしれないと考えられませんかね?

これは単なる仮説に過ぎないんですが、僕個人の体験からすると、このプロセスは現実的に感じてしまうんですね。

というのは、僕自身の頭部にはそういうことが実際に起きてしまったからです(´∀`;)

※ 効果の出方は個人差があります

 

僕は以前に植毛クリニックの提案に応じてミノキシジルとAGA治療薬を約半年くらい中断した後にもう一度服用し直したら、物凄い多毛症パワーが戻ってきたんです。

 

フットのミノタブ発毛効果

↑断薬後からミノタブを再開した時の様子↑

【基本情報】
治療方法:
ミノキシジルタブレット、デュタステリド(ジェネリック)

治療の副作用(リスク):多毛症、頭痛、めまい、動悸、むくみ、胸の痛み、性欲減退等などの可能性。
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

冒頭でも紹介済みの上の画像は、僕がミノタブを約10ヶ月間ほど断薬した後の発毛結果です。

それ以前に継続服用していた後半期(3年目から9年まで)からすると、信じられないくらいの再生力でした。

 

ミノタブの発毛効果に耐性はあるのか?

ここまでで、ミノタブには「多毛症の効果が沈静化する可能性がある」点についてシェアしてきました。

じゃあそうすると、継続的な治療で沈静化subsidesする原因は結局のところ、一体何なの?ということになるわけですが、耐性について扱った一つの論文がありました。↓↓

 

Pharmacology and pharmacokinetics of minoxidil.
(PMID:6156363)
Abstract
Minoxidil is a potent oral vasodilator acting on the arteriolar side of the circulation. (略)There appears to be a dissociation between the peak plasma concentration and the antihypertensive response owing to the fact that minoxidil rapidly leaves the plasma on its way to the principal site of action, that is, the vascular smooth-muscle receptor site. No tolerance or refractoriness appears to develop with long-term minoxidil administration.

 

【日本語訳文】

ミノキシジルの薬理学および薬物動態。
(PMID:6156363)
アブストラクト(解題)
ミノキシジルは、循環の細動脈側に作用する強力な経口血管拡張剤である。(略)  ミノキシジルが主要作用部位、すなわち血管平滑筋受容部位に至る途中で急速に血漿を離れるという事実のために、ピーク血漿濃度と降圧応答との間の解離があるようである。 長期のミノキシジル投与で耐性または難治性は発現しないようである。

 

興味深いことに、約10年前に「ミノキシジルに耐性はあるんですか?」と聞かれたアメリカのラスマン医師(自毛植毛業界の重鎮)は、上での論文を引き合いに出しながらこう回答されています。

 

Minoxidil, originally and still used for the treatment of hypertension, was incidentally found to increase hair growth and is now used in products such as Rogaine. When used as an antihypertensive, it has been shown in one study published in the Journal of Cardiovascular Pharmacology (J Cardiovasc Pharmacol. 1980;2 Suppl 2:S93-106), that there was no development of tolerance if it was administered long term.

 

【日本語訳文】

元々高血圧の治療に使用されていたミノキシジルは偶然にも髪の成長を増加させることが発見され、現在ロゲインなどの製品に使用されています。 抗高血圧剤として使用される場合、Journal of Cardiovascular Pharmacology(J Cardiovasc Pharmacol。1980; 2 Suppl 2:S93-106)に掲載された1つの研究によれば、長期間投与された場合に耐性の発達は見られないことが示されています。

 

以上のように、「高血圧治療で長期間使う分には耐性は出ていない」と要約しているんですね。

なので、降下剤としての効果そのものは長期間の治療にも役立つということですが、それに伴う副作用(発毛効果)に関しては耐性があるのかどうかは何とも言えないというのが現状のようです。

現在までのところ、ミノキシジルの発毛作用を研究する論文は幾つか出ていても、ミノタブに特化した長期的な発毛治療結果を収めた論文などはありませんし、多毛症で起きる発毛作用が耐性で低下していくのかを研究した文献もありません。

耐性の有無に関する答えはプロペシア(フィナステリド錠)と同じく永遠にわからないままかもしれません。。

 

↓プロペシアの耐性についてはこちら↓

出典:MSD プロペシアやファイザーなどで有名なフィナステリド錠。「はじめのうちは効果を実感してたのに、途中から抜け毛がまた進行してきて効かなくなってしまっ...

 

ミノタブの発毛効果と耐性のまとめ

最後にこの記事でピックアップしてきた大切なポイントを振り返っておきましょう。

 

  • そもそも育毛目的でのミノタブ服用はメーカーも国も勧めていない
  • ミノタブ服用者の約80%に多毛症の【副作用】が起きる
  • ミノタブの添付文書には「治療を開始した直後に髪の成長・発毛(hair growth)が増すかもしれないが、(略)継続的な治療で沈静化subsidesする可能性」について明記されている。
  • フットも継続的な服用の結果、増毛効果が緩やかになった過去を持つ。
  • 僕の場合は断薬して抜いてからまた飲みなおしたら発毛効果が戻った。
  • ミノタブの降下剤としての治療効果に耐性は出ないという論文がある。

 

大体、こんな感じで収まると思います。

 

添付文書に書かれている内容と僕が過去に体験してきたことは概ね一致しています。

その時の経験と知識を今回はシェアさせていただきましたが、少しでもあなたの薄毛治療に役立つのであれば幸いです。

願わくば、一人でも多くの方が国内で未認可の薬品を恐る恐る試していくというやり方ではなく、薄毛治療のクリニックを利用して安全な方法で髪の悩みを解決されますようにm(_ _)m

 

 

追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計約150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの生え際フットの植毛症例画像22018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受け、前髪を理想の状態にしてから、AGAの部位は育毛剤や発毛薬で守ってきました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしい方法を見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの治療計画を本気で応援しています^^

 

↓管理人が最も信頼するクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
親和クリニック
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
ヨコ美レビュー記事
アイランドタワークリニックレビュー記事
アスク井上クリニックレビュー記事
親和クリニックレビュー記事
湘南美容クリニックレビュー記事
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
親和クリニック

※1 費用欄は1000株移植したときの通常料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。