シャンプー

 

植毛をする決心がついてくると、術後の1週間をどのように過ごすべきかシミュレーションをしながら準備を進めていくと思います。

なかでも術後すぐのシャンプーについてはとても気になりますよね。

 

人工毛と自毛植毛とでのシャンプー方法の違い

自毛植毛後の正しいシャンプー方法

シャンプーする時に知っておくべき原則や注意点

 

以上の3つのポイントを押さえておけば、術後も問題なく、あっという間に定着するまでの期間が過ぎていくことを実感しやすくなるでしょう。

植毛歴約20年になるフットが自分の経験を織り交ぜながら、リアルなアドバイスを提供していきますので、どうぞよろしくお願い致します^^

 

人工毛植毛後のシャンプー方法について

 

これを読んでいる方のほとんどは自毛植毛を検討されていると思いますが、中には人工毛植毛も考えている方がいらっしゃるかもしれませんので、先に人工毛の扱い方について少しシェアしておきますね。(※ 当サイトは人工毛植毛を勧めていません。詳しくは「植毛のデメリット」記事を御覧ください。)

 

フットは過去に1度だけ人工毛植毛をしたことがあるんですが、カウンセリング段階で植毛後のシャンプーについては何の情報提供も受けていませんでした。単に「今まで通り普通にシャンプーをすればいいだろう」、と安易に自分でも考えていた部分はあったと思います。

が、です。。現実はそうはならなかったんですね(´∀`;)

植毛後、店内別室でシャンプーをしてもらっていた時に、カウンセラー担当者がやってきて、「フットさん、これからはこの専用ブラシで植毛部位をゴシゴシ洗ってくださいね。また小分けにしてある白い袋の中に専用の粉が入っているのでこれをお使いください^^」と言って去っていきました。

その時は何も考えず「はい、わかりました。」と返事をしましたが、家に帰っていざ自分一人でシャワーをする時になって始めて違和感に気づき始めました。

専用ブラシと専用粉を手にすること自体がまず慣れませんでしたし、いざブラシを通しながらゴシゴシ洗うのは頭皮を傷つけている感じがして…おっかなびっくり状態でシャンプーを行うようになりました。

白い粉の正体についても、理解できたときには「時すでに遅し」状態でした。

というのは、人工毛は成長しないため、根本にはたくさんのゴミが貯まって皮脂も固まりますから、いちいちその白い粉を使いながらお湯で流して溶かす必要があったのです。

「こうした作業が求められるなら、どうして前もって教えてくれなかったのか?こういうシャンプー法にシフトする必要があることをなぜ事前に開示してくれかったのか?」ということを感じては自然と腹が立ちました。

人工毛植毛をした頭皮は常に赤っぽくダメージを受けている状態でしたから、本来シャンプーをして清潔でいられる気持ちの良い時間が、それとは全く逆の心境に変化しました。


出典:紀尾井町クリニック
人工毛植毛の副作用

人工毛植毛をすると普通のシャンプーでは処理仕切れなくなる可能性

 

シャンプーの時、人工毛に触れるだけで頭部が痛み、それが影響して周りの既存毛も十分に洗えなくなっていき…すべてが悪循環のように思えました。

こうした不自由さを目の当たりにした結果、フットは1年も経たずに人工毛を全部抜くことに決め、それからすぐに自毛植毛へと移行したのでした。

 

これから植毛を検討する方は、こうしたフットの苦い経験から教訓を学んでいただき、可能な限り人工毛植毛はしないように注意していただければと思っています。(※ アメリカなどの諸外国では法律で禁止されるようになっています。)

 

人工毛植毛のシャンプー方法とは?

毛根のアイコン 専用プラシで頭皮をゴシゴシ洗う

毛根のアイコン 市販のシャンプー剤以外にも専用の白い粉で皮脂やゴミを取る

 

その後の自毛植毛では幸せを体験させてもらい、おかげさまで人工毛で経験した悲しい思い出を癒すことができました。

では次に、その自毛植毛後のシャンプー方法についてもシェアしていきます^^

 

自毛植毛後のシャンプー方法について

 

自毛植毛後のシャンプー方法はクリニックによっても指導が若干違いますが、共通しているのは施術をした当日は自分でシャンプーを行わないという点です。

家に戻ってすぐにシャンプーをすると、もしかしたら植えたばかりの株が取れてしまう可能性があるからです。

 

自毛植毛では術後の1,2週間で生着が完了すると考えられていますが、まずはカサブタが形成される3日間、是が非でもあらゆるダメージから頭部を守るように徹底することが大切です。

術後1日経過した二日目もシャンプーをしないように勧めているクリニックはありますが、どうしてもしたい場合には直接シャワーを移植部に当てないように工夫しながら濡らす程度にとどめます。

例えば、M字ハゲ部分に植毛した場合であれば、頭頂部にシャワーヘッドを当てながらお湯が流れるようにしていけば、お湯が出る衝撃を避けつつ、移植部を清潔にすることができます。

この時は間違えても移植した部分にシャワーが直接当たらないように気をつけ、ちょっとした衝撃がきっかけで植えた株がグラグラしてしまうかもしれない危機感を持ち、あらゆる衝撃を加えないように意識する必要があります。

 

植毛後のシャンプー

術後の数日間はシャワーが直接移植部に当たらないように気をつける

 

当時のフットはM字ハゲ部分に自毛植毛をしたんですが、桶の中にシャンプー剤をうすめたお湯を溜め、そこに前頭部を突っ込み何十秒間か浸すような形で頭を清潔にしていました。

頭頂部から後頭部にかけては、前頭部に勢いのよいお湯が直接当たらないように気をつけながらいつもどおりに洗髪をしました。

 

やりやすい方法で自由にシャンプー可能ですが、いずれにしても、術後〜1週間程は移植部を守りながら清潔を保つ洗髪を心がけるのが原則です。

 

とはいえ、初めての方は原則よりも一つ一つ決まった方法や手順を教えてもらった方が安心しやすいと思いますので、一つの参考例として、アスク井上クリニックが指導しているシャンプー方法をそっくりそのままご紹介しましょう。

 

術後翌日〜6日目まで

 

sozai_cman_jp_20170523173721 ぬるめ(38℃前後)のお湯でシャワーの水圧を弱めにします。

sozai_cman_jp_20170523173927 移植部にお湯を直接かけないようにシャワーヘッドを移植部以外にあてて周りから流します。

sozai_cman_jp_20170523173930 シャンプーを直接つけず、移植部はシャンプー液が流れる程度にしてください。刺激の強いトニックシャンプーなどのご使用はおやめください。

sozai_cman_jp_20170523173932 移植部以外を指の腹を使い、通常よりもやさしく洗ってください。移植部はこすらないよう十分注意し、シャンプー液や泡が流れる程度にしてください。

sozai_cman_jp_20170523173934 2番と同様に流します。すすぎ残しがないように丁寧に流しましょう。

sozai_cman_jp_20170523173939タオルで優しく押さえるようにし移植部をこすらないように水気を取ります。

sozai_cman_jp_20170523174006 移植部は自然乾燥が原則ですが、ドライヤーを使用する場合は、直接ドライヤーの温風が当たらないように送風で乾かしてください。

sozai_cman_jp_20170523174008 移植部をブラシやクシでこすらないでください。

 

POINT:移植部はこすらないように注意しましょう。

 

術後7日目以降

 

基本的には通常の洗髪方法で構いませんが、カサブタを落とすように指先を使い丁寧に洗ってください。

 

sozai_cman_jp_20170523173721 お湯は適温にて直接シャワーヘッドを移植部に当てて構いません。

sozai_cman_jp_20170523173927 シャンプーを髪の毛全体になじませて洗います。(移植部、採取部分とも良く洗ってください)

sozai_cman_jp_20170523173930 すすぎ残しがないように丁寧に流します。

sozai_cman_jp_20170523173932 洗髪後は、タオルとドライヤーで良く乾かしてください。ヘアーセットは軽くブラシを使用することで可能です。また、一般のヘアスプレー、整髪料も使用できます。

 

※ かさぶたが気になる方は、洗髪前にかさぶたの部分に濡れタオルをのせ、取れやすくします。シャンプーはよく泡立てて洗います。

指の腹を使い、クルクルとカサブタを擦り、優しく剥がしていきます。

 

 

こうして術後から一週間もすれば、通常と変わらないシャワーが解禁になり、正常な生活へと戻っていきます。

 

ちなみに、自毛植毛は人工毛とは違い本物の髪ですので、冒頭で指摘した専用ブラシとか白い粉を使用しなければいけないような制約は何もありません。

本当に普通の髪として扱えますので、術後1週間だけ特別な注意が必要になるだけです。

フットは最初の植毛から約20年くらい経ちますが、今になって思うことは、人工毛植毛は最悪で自毛植毛は最高だったということです。(※ フット個人の感想。)

同じ植毛というカテゴリーでも、人工毛は不自由で頭皮にも悪いのに、一方の自毛植毛は不自由さが少しもなく、清々しい開放感を持て、幸せしか感じませんでした^^

 

自宅でシャンプーをする時はもちろんのこと、温泉などの公共施設などでも自毛植毛なら全然問題ありません。

100%これまでと同じようにシャンプーができますし、リンスを付けたければ付け、タオルドライをしたければタオルドライ、ドライヤーを使いたければドライヤー、何もしたくなければ何もしない…そんな当たり前の「普通」が実現します。

 

自毛植毛後1週間で普通の生活に過ごせる

自毛植毛は術後1週間から普通に過ごせる

 

まとめてみると、自毛植毛は植えた移植株が定着するまでの1間だけ細心の注意を持って洗髪をすれば、後はいつもと何も変わらなくなるということです。

 

これ以上もこれ以下もないため、このことを覚えてさえおけば、あとは何も心配しなくて大丈夫です。

でもすぐに自分でシャンプーするのはやっぱり不安だっていう方もいらっしゃるかもしれませんから、そういう場合には術後翌日にシャンプーサービスを提供しているクリニックなどもあるので、そちらを利用するのも良いでしょう。

 

親和クリニックのシャンプー

親和クリニックの洗髪サービス

 

初めての植毛は誰でも緊張しやすいですが、やってみると思ったよりも簡単でかなりハードルが低いことに気づき、あっという間に過ぎていくものです。

きっとこれを読まれているあなたも植毛施術をしたその日から「1年後に生えそろう希望」を持てるようになり、すべての面でアグレッシブな生活を送れるようになるはずですよ^^

もし不安や心配ごとがあればいつでも問い合わせから受け付けていますので、遠慮なく連絡してくださいね^^

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしいクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
HP
ヨコ美クリニック
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
湘南美容クリニック
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
ヨコ美レビュー記事
アイランドタワークリニックレビュー記事
アスク井上クリニックレビュー記事
親和クリニックレビュー記事
湘南美容クリニックレビュー記事
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
湘南美容クリニック

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

>>植毛費用の詳細

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。