出典:親和クリニック親和クリニック

 

親和クリニックは2014年に開院した比較的新しい病院ですが、すでに全国規模で展開するほど有名な植毛クリニックになりました。

 

医師達の取り組みはTVで取り上げられるレベルですから、植毛を真剣に検討する人の多くは「親和クリニック」について詳しく調べたいと思われるでしょう。

こちらのページでは植毛歴約20年になる管理人フットが、親和クリニックの特徴・症例・費用等を詳しくシェアしてまいります^^

 

親和クリニックマスターになるまでの道のり

親和クリニックの症例をチェック

親和クリニックの魅力的なドクターに注目

親和クリニックMIRAI法の説明とアイダイレクトとの違いを知る

親和クリニックの植毛費用についての考察

親和クリニックを利用するメリット

 

以上、こうした盛りだくさんの内容で特集していきますので、どうぞ最後までお楽しみください^^

フット

植毛歴約20年の管理人:フット

※ 忙しい人はこちらをどうぞ^^

 

親和クリニックの植毛症例画像

 

まずは、親和クリニックで一足先に植毛をされた方々の頭部画像を観察しておきましょう^^


出典:親和クリニック
親和クリニック症例1

治療内容 FUE法で頭頂部付近に合計2700株の自毛植毛を実施。
費用 263万円(税抜)
主な副作用・リスク等 既存毛の一時的な薄毛進行(ショックロス)、患部の腫れ・赤み・痒み等


出典:親和クリニック
親和クリニック症例

治療内容 FUE法で頭頂部付近に合計1500株の自毛植毛を実施。
費用 155万円(税抜)
主な副作用・リスク等 既存毛の一時的な薄毛進行(ショックロス)、患部の腫れ・赤み・痒み等


出典:親和クリニック
親和クリニック症例3

治療内容 FUE法で生え際付近に合計1600株の自毛植毛を実施。
費用 164万円(税抜)
主な副作用・リスク等 既存毛の一時的な薄毛進行(ショックロス)、患部の腫れ・赤み・痒み等


出典:親和クリニック
親和クリニック症例2

治療内容 刈らないFUE法で頭頂部付近に合計750株の自毛植毛を実施。
費用 180万円(税抜)
主な副作用・リスク等 既存毛の一時的な薄毛進行(ショックロス)、患部の腫れ・赤み・痒み等


出典:親和クリニック
親和クリニック症例5

治療内容 FUE法で頭頂部付近に合計800株の自毛植毛を実施。
費用 92万円(税抜)
主な副作用・リスク等 既存毛の一時的な薄毛進行(ショックロス)、患部の腫れ・赤み・痒み等

 

いかがでしょうか?

 

生え際・前頭部・頭頂部・…どの箇所においても植毛を適用させている実績を確認できるので、親和クリニックはオールマイティに薄毛の悩みを解決できることがわかりますね。

また、男性だけでなく、女性利用者の症例も多いことから、性別関係なく安心して相談できるのが特徴です◎

 

親和クリニックの魅力あふれるドクター陣

出典:親和クリニック
親和クリニックの医師達親和クリニックのドクター達

 

親和クリニックには現在5名の植毛医が在籍しています。

その中でも核を担う新宿院・大阪院・名古屋院で院長を務める3人にスポットを当てます。

 

親和クリニック総院長:音田 正光ドクター

出典:親和クリニック
音田正光医師

音田正光医師プロフィール

音田正光先生の近影と経歴

 

総院長の音田先生は新宿院の院長を務める親和クリニックの中心ドクターです。

経歴の欄には、平成16年から都内クリニックで植毛に携わっているとあるので、すでに10年以上の経験を持つベテラン植毛医であることがわかります。

 

ちなみに、この「都内クリニック」とは累計症例25000件を誇るアイランドタワークリニックのこと。

 

音田ドクターはこちらで腕を磨き、アイランド時代だけでも2000例以上の植毛施術をこなしてきましたが、中でも元競輪選手の中野浩一さんを担当したのは有名な話です。

 

VIPにも施術をまかされるその経歴から、音田先生のFUE施術は相当レベルの高いことが理解できるでしょう。

TVなどでも植毛についての説明をされてきたので、よろしければチェックをどうぞ。

 

植毛の仕組みを説明する音田先生

 

こうした良い評判がついて回る理由の一つは、ハイスピードな大量移植(メガセッション)と高密度(デンスパッキング)を組み合わせた音田先生独自の植毛スタイルです。


出典:親和クリニック

親和クリニックの高密度移植

親和クリニックの植毛は「高密度移植」が特徴

 

通常の自毛植毛では、1回の施術で1平方センチメートル内に30〜45グラフト(株)前後の移植密度が限界だと言われています。

…が、親和クリニックではその倍以上になる「100グラフト(株)を植えることが可能」とのことです。(※HP参照)

 

親和クリニック大阪院院長: 滝田 賢一

出典:親和クリニック滝田賢一医師 滝田賢一医師プロフィール

滝田ドクターの近影と経歴

 

滝田ドクターも元はといえば、アイランドタワークリニックで植毛医をスタートさせました。

その時代の4年間で800症例以上を経験し、今では1000件を優に超えるベテランの領域に入り、親和クリニックでは大阪院や新宿院を主に担当しています。

 

滝田先生の特徴は、FUE施術を得意としているだけでなく、患者さんとのコミュニケーションや接し方に重きを置いている癒し系スタイルです。

滝田先生はインタビューにこう答えておられます。

 

植毛技術がしっかり安定していることは勿論ですが、患者さんと十分なコミュニケーションをとれることも大切だと思います。(略)診療・治療そのものだけではなく患者さんとの接し方も大切だと思います。

 

こうした自覚は利用者の方にも体感で伝わり、実際に良い評判を得ています。


出典:親和クリニック
滝田賢一の評判滝田ドクターは癒し系として評判

 

滝田医師は女性の利用者にも大変人気なほど、その親しみやすい人柄や良心的な取り組み方に好感が集まっています。

興味深いのは、滝田先生自身が一番印象に残っているクリニックでの思い出を聞かれた際に、植毛の出来栄えどうこうといった類のことを語らなかったことです。

 

前頭部頭頂部に植毛手術を受けられた患者さんですが。術後しばらくは順調に定着してボリュームも増加していましたが、その後急激にボリュームが低下しました。移植した毛は特に問題なく、既存毛がAGAの進行で抜けてしまい、全体としてボリュームが低下したと考えられました。その問題点を患者さんに説明しましたが、ご本人は半信半疑のような感じで、納得していただくまでにやや時間を要しました。その後AGA治療薬を使用していただき、数ヶ月後には既存毛が回復して、いいヘアスタイルを維持できる状態になりました。最後の診察では笑顔で感謝のお言葉をいただいたことが忘れられません。

 

滝田先生のNo.1の思い出エピソードがこうした内容であること自体、彼がどのような信念で薄毛治療に専念しておられるのかがよく伝わってきますよね^^

 

親和クリニック名古屋院院長:福島 俊彦

出典:親和クリニック福島俊彦医師 福島俊彦医師プロフィール

福島ドクターの近影と経歴

 

福島ドクターは2016年から植毛医に転身した新しい先生です。

 

それまで大学病院医療の安全管理部での勤務経験が長いことから、特に最善かつ安全な医療を提供することに情熱を燃やされています。

それぞれの症例に合った方法を見つけることにやりがいを持たれ、植毛をすぐに勧めることはありません。

 

60歳代の女性の患者様が薄毛の悩みで来院されました。問診、診察によって、薄毛の原因が甲状腺機能低下症であることが判明し、内科治療によって薄毛だけでなく、身体所見が改善されました。このように、薄毛の原因も様々です。総合診療科的な視点からの診療が功を奏した体験でした。

 

「チームワーク力」にも信念を持ち、最善の施術を成功に導くため、事前に患者さんの細かい背景や心配ごとをスタッフ全員と共有し、同じ気持ちで一丸となってのぞむ施術態勢を大切にされています。

 

親和クリニックの植毛医情報まとめ

 

以上が核となる先生方になりますが、すべての植毛ドクターについては以下の表を参考にしてください。

 

ドクター名
立場
植毛医開始年
症例数
音田正光
総院長
2004年
3000例以上
滝田賢一
大阪院長
2010年
1000例以上
福島俊彦
名古屋院長
2016年
非公開
蔵持大介
形成外科出身
2015年
非公開
阪野一世
形成外科出身
2017年
非公開

担当医は自分で選択可能です。詳しくはカウンセリング時に相談してください。

※ 情報は変動しますから最終確認はご自身でお願い致します^^

 

 

MIRAI法とは?

 

親和クリニックのFUE植毛には「MIRAI法」という独自の名前が付けられています。

植毛についてリサーチし始めたばかりの方はこの聞きなれない名称に「普通のFUEと何か違うのかな?」と頭をひねってしまうかもしれませんね。

ですが実際には、植毛施術の原理はFUEと変わらず、最初に専用パンチで後頭部から移植する髪を調達し、それを無毛部に植え付けていく方法になります。

 

1:後頭部の髪を採取する

株採取

矢印

2:ホールで新しい毛穴を作成する

ホール作成

矢印

3:植え付け(インプラント)をする

植えつけ出典:親和クリニック

 

とはいえ、MIRAI(未来)法と言うくらいですから、先進的な特徴が随所に見られます。(※MIRAI法とは「Minimum Invasive and Rapid Improve」を簡略化した造語で「最少の傷・痛み」・「最速の植毛技術」・「最適なスタイル実現」を目標とする植毛理念です。)

例えば、元来のFUE施術では1ミリ径前後のパンチを使用してきましたが、MIRAI法では世界最小口径の0.63ミリパンチを採用し、デザインを細かく調整したり頭皮に対する侵襲性を最低限に抑えられるよう設計されています。


出典:親和クリニック
極小パンチ

世界最小レベルの0.63mmパンチ

 

また先ほども触れましたが、一般では1平方センチメートル当たりに40グラフト(株)を植えるだけでも非常にレベルが高いと言われる中で、MIRAI法ではその倍以上の80〜100グラフト(株)という超高密度移植を可能としています。


出典:親和クリニック

高密度移植

スーパーデンスパッキング

 

大量植毛のレベルもMIRAI法は追随を許しません。

親和クリニックではズバリ、『5000株(約13000本)を実現できる』としています。


出典:親和クリニック
ハイスピードな手術

 

1日以内に前髪から頭頂部までを網羅できるほどの圧倒的な植毛量と施術スピード。これがMIRAI法の特徴です。

(※ 全ての人に5000株などの大量植毛を行えるわけではありません。むしろ、頭皮状態や後頭部の密度などが好条件な場合にのみ可能とのことです。詳しくはカウンセリングの時にお尋ねください。)

 

MIRAI法とアイダイレクトの違いとは?

 

結論から言いますと、実は、親和クリニックのMIRAI法もアイランドタワークリニックのアイダイレクト法も基本的には変わりません。

 

電動パンチで移植する髪をまず採取し、空気圧を利用したインプランターで植えていく方法は同じですし、元はといえば同じクリニックで働いていたドクター達でもありますから、施術法にほぼ違いはありません。(※ 詳しくは【植毛の種類まとめ】記事を参考にできます。)

ただ、クリニックページで前面に掲げているポイントがそれぞれ異なる関係上、だいぶ違うように感じるのは否めないかもしれませんが、使用している機器は同じメーカーものです。

 

事実、親和クリニックでカウンセラーを務める君島さんもそのことを認め「両者はほとんど同じと判断していただいて構いません」と回答されています。

 

とはいえ、親和クリニックのMIRAI法とアイランドタワークリニックのアイダイレクト法にはどんな違いがあるのか知りたいという問い合わせは非常に多いので(´∀`;)、簡単な表を作ってみました。

 

 
MIRAI法
アイダイレクト
採取パンチ口径
0.79mm〜0.83mm
毛の太さにより使い分け
0.65〜0.85mm
毛の太さにより使い分け
ホール作成パンチ口径
0.63mm
0.6mm

※ 当植毛ワールドサイトが記事の作成段階で入手した情報に基づきます。
※ 情報は変動しますので、最終確認はご自身でお願いします。

 

このように数字で見ると、MIRAI法・アイダイレクト法の両方とも魅力的に感じられる方が多いかもしれませんね。

 

というのは、パンチの口径サイズが小さければ小さいほど後頭部の傷は目立たなくなりますし、髪の毛も更に細かく・多く植えられる傾向にあるからです。

 

ただ、人によって毛の太さは違い、パンチ口径が細すぎれば移植株の損傷や切断が起こりやすいのも事実で、注意していなければ髪の周りにある毛包組織が十分に取れず、結果的に発毛率が下がってしまう側面もあります。

ですから、どの機器がどの人にふさわしいかはケース・バイ・ケースですし、それを扱う技術者のレベルによっても結果はだいぶ変わりますので、視野を広くして自分にふさわしいものを見つける意識が欠かせません。

 

中身の濃いカウンセリングを受けることで理解できるようになっていきますから、気になるクリニックがあるなら出来る限り直接訪問して情報収集を心がけてください。

 

 

親和クリニックの気になる費用について

 

親和クリニックの植毛価格はFUE専門病院の中では中間クラスで安くない設定です。

実際にかかる料金は以下の通りです。

 

植毛株数
MIRAI法
NC-MIRAI法
500株
65万
130万
750株
87万5000円
180万
1000株
110万
230万
1250株
132万5000円
280万
1500株
155万
330万
1750株
177万5000円
380万
2000株
200万
430万
2250株
222万5000円
480万
2500株
245万
530万

※ 基本治療費を含めた総合計税抜き価格。
※ 情報は変動しますので、最終確認はご自身でお願いします。

 

いかがでしょうか?

 

やはり「けっこう安いじゃん!」なんて口が裂けてもなかなか言えない値段ですよね(笑)

ちなみに、右端にある「NC-MIRAI法」とは、後頭部を刈り上げずに行うFUEのことです。術後すぐからでも後頭部の傷が全くわからない外見上のメリットがあるので、とりわけ仕事で忙しいサラリーマンに好まれている植毛法です。


出典:親和クリニック
親和クリニックの刈り上げないFUE

NC-MIRAI法(刈り上げないFUE)の仕組み

 

レベルの高い技術が求められ、植毛医にかかる負担が大きいことから費用も比例して高い傾向にありますが、親和クリニックは他院と比較しても群を抜いて高額です。

 

【刈らないFUE料金比較表】

病院名
(画像クリックでHPへ)
基本治療費
1株単価
1000株費用総合計(基本治療費込)
アイランドタワー
クリニック
s_iland-1
20万円
2000円
237万6千円
湘南美容外科クリニック
s_iland-1
無料
1396円
139万6千円
アスク井上クリニック
s_askinoue
18万5000円
1200円
149万5800円
親和
クリニック
s_sinwa-1
30万円
2000円
248万4千円
ヨコ美
クリニック
s_runessance
無料
1000円
108万円
※ クリニック画像クリックで公式HPに移動できます。
※ 情報は変動しますので、最終確認はご自身でお願いします。

 

1000株を刈りあげないFUEでする場合、親和クリニックと最安値クリニックとの差はなんと130万円にもなります。

 

ここまで差が出ると、さすがに即決は難しいかもしれませんね(´∀`;)

こうして具体的に考えていくと、「料金が高い」と言われている理由が全くその通りだということがますます実感できると思います。

 

でもそれだけの費用を払ってでも、親和クリニックを敢えて選んでいる人が多いのはどうしてなんでしょうか?

 

最後に、親和クリニックのメリットを3つの角度から掘り下げて考えてみましょう。

 

親和クリニックの3大メリット

1:日本全国にあるから利用しやすい

 

地方にお住まいの場合、東京までやってくるのが心理的にハードルが高い人は多いようです。

 

その点、親和クリニックは東京・大阪・名古屋・福岡の4箇所にありますから、比較的どこに住んでいても行きやすい好立地条件と言えます。

しかも、交通費・宿泊費補助制度を利用することで余計な出費を最低限に抑えられるのも魅力でしょう。


出典:親和クリニック
交通費サービス

同伴の家族も交通費サービスOK

 

植毛料金は高くてもこうした部分で節約できるのは嬉しいですよね^^

 

「かかりつけ病院」として向いている

 

先ほども少し触れた点ですが、親和クリニックは植毛施術がメインではあるものの、薄毛患者の状況に合わせて様々な内科的治療も積極的に行っています。


出典:親和クリニック
親和クリニックの発毛治療メニュー一覧親和クリニックの治療全体内容

 

植毛の他にも、AGA治療薬(薬剤で5a還元酵素を阻害して男性型脱毛症の原因DHTホルモンの産生を防ぐ治療)、ノーニードル発毛メソセラピー(育毛に有効な成分をエレクトロダームアドバンスという特殊な機器で頭皮深くまで浸透させて毛髪の成長を促す治療)など、いろんなヘアケア治療を多数採用しています。

カウンセリングで植毛よりもお薬で治すほうがふさわしいとわかった場合にはAGA治療薬、もし内服薬では負担が大きいのであれば外用発毛剤やメソセラピーで様子を見ることだってできます。

こうした全般的な薄毛治療を行える植毛クリニックはとても少ないにも関わらず、親和クリニックはすでにそれを日常的に行い、将来的には髪の培養(クローニング)を実用化することまで視野に入れている段階です。

薄毛治療のインフラが十分に整い、将来も伸びしろを感じさせるクリニックを自分の「かかりつけ病院」としておけば、グッとアドバンテージが上がり、安心感を持てやすいかもしれませんね。

 

割引プランを使えば高額な植毛料金も一気に最安値に!

 

先ほど見たとおり、高額なMIRAI法ではありますが、実は様々なプランを積極的に利用するなら植毛料金をかなり下げられます。

例えば、以下のUnited MIRAI法プラン↓(※ 不定期で実施)


出典:親和クリニック
United MIRAI法プランUnited MIRAI法プランの案内

 

これは簡単に言えば、MIRAI法とNC-MIRAI法を同時に行うカスタマイズ植毛セットプランのことですが、驚くべきはその料金の割引率です。


出典:親和クリニック
United MIRAI法プラン2

 

1000株の植毛を通常料金で見積もれば201万円もかかりますが、このプランを採用するだけで一気に半額以下の100万円で行えてしまうのです( ゚д゚ )!

 

しかも、通常のFUEでは後頭部の刈り上げ箇所が目立つために術後はカバーシート(簡易なカツラ)を付けることが常識な中で、このUnited MIRAI法であれば一部だけ通常の刈り上げる方法を行いつつも、大半のエリアをNC-MIRAI法(刈らないFUE)で行うため、最終的には周りの既存毛で全ての採取箇所を隠すことが可能です。

 

多く植毛をしたいけど、刈り上げるのに躊躇している

カバーシートを付けたくない

刈り上げないFUEを希望していて節約もしたい

 

以上の条件が当てはまる場合にはとても魅力的なプランになるわけです^^

 

実際、薄毛が気になりだしたばかりの若い方なら、1000株未満の移植本数で収まることが多いので、このプランを適用できればほぼ最安値の値段でFUE施術が受けられることになります。

たとえ現時点でHPには告知がなくてもカウンセリングに行くとその場で似たようなプランを提案してもらえることもあるため、もし興味があれば積極的に検討してみましょう。

 

ちなみに、親和クリニック新宿院のカウンセラーを担当する君島さんに伺ったところ、MIRAI法は「可能な限り素早く、痛みを少なくし、利用者の負担をかけないことにコミットした植毛法と捉えてもらえれば非常に嬉しい」とおっしゃっていました。

他のクリニックとの機材の比較や植毛本数、密度にこだわりを持つよりも、「カウンセリングを通して一人一人に合った「愛」に基づく取り組みを感じ取って信頼していただけたのであれば、ぜひ親和クリニックをお選びください^^」とも語っていたのが印象的でした。

君島さんや奥田さんなどのカウンセラーは、アイランドタワークリニック時代から自身でも植毛を経験してきたベテランですから、各クリニックを経験して感じた面白エピソードも聞くことができます。

 

フットも直接伺った時にはいろいろ興味深い話が聞けて楽し過ぎるあまり…、通常なら1時間で終わるものが2時間以上も相手をしていただき大変恐縮でした(´∀`;)

 

不安に思っていることや錯綜するネット情報を正しに行くにもカウンセリングは大変役立ちますから、あなたもまだ一度も経験したことがないのであれば気軽に受けてみて、親和クリニックについて正確な理解を深められるようお勧めします^^

もしすでに気になるドクターやカウンセラーがおられるなら、その旨を予約フォーム内に書いておけばカウンセリングの時に極力会えるように手配してくれます。

 

後悔しないためにも、その辺は貪欲に幸せを掴みにいきましょう^^

 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました^^