植毛は危険だと思っている人

植毛は危険でリスクがあり過ぎるよ…

 

大抵の人はなんとなくそう感じ、育毛剤で薄毛が改善するかどうか頑張ってみようと思いますが、もしかしたら、これを読まれているあなたもそう考えてきませんでしたか?

 

毛髪診断士の資格を持つ僕は植毛歴が約20年になるので、実際に酸いも甘いも植毛のすべてを堪能してきました。

それで、こちらのページでは「植毛は危険!」というイメージを持つ方達向けに、植毛をしたらどんな危険な目にあってきたのかを洗いざらい報告したいと思います^^


フット

植毛歴約20年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

本当に危険だった植毛について

 

日本は人工毛植毛が盛んに行われている珍しい国です。(※ なぜ珍しいかは後でお話します。)

 

植毛をすると、頭に100%の確率で髪が増えるので効果をすぐに実感でき、とても便利ではあります。

人工毛植毛の最大のメリットはそこにあるわけですが、ただ、たちの悪いことに、メリットを遥かに凌駕するデメリットもすぐにやってきます…

 

しかも、このデメリットこそ正に「危険」と隣り合わせなので事態はかなり深刻。

 

どういうことかと言うと、人工毛は身体にとって異物の何者でもないので、植えた瞬間から拒否反応が現れます。

頭皮が赤くなって、痒みや恒常的な痛みがつきまとうことも。

僕の場合は、麻酔が切れていくと同時に頭がジンジンするようになり、その違和感はずっと続きました。


出典:紀尾井町クリニック
人口毛植毛後の頭皮人工毛体験者の頭皮

 

常に頭皮を痛めつけている状態ですから、周りの既存毛にも影響が出始め、抜け毛も加速していったんです。明らかに「危険」な状態でした。(※ 上の画像は僕自身ではありません。)

 

…にも関わらず、こうしたマイナス面の副作用について、植毛をする前にクリニック側は何一つ教えてくれませんでした。

なので、植毛をしてから日に日に苦い感情が湧き出てきましたし、どうしてこのような致命傷が起きることを事前に開示せず、飄々(ひょうひょう)としていられる植毛クリニックの体質に嫌悪感を抱かずにはいられませんでした。(「信じられない(,,゚Д゚)…」という戸惑いもありました。)

 

インフォームドが低い

人工毛植毛クリニックはインフォームドコンセントの質が低かった

 

人工毛植毛を扱うクリニックは、あれから20年経った2018年の今でも変わらずにこの危険性を公(おおやけ)にしていません。

さも、人工毛が安全のような、身体にとって何の害もないような印象を与えるイメージ作りに必死のようです。

ですが、これを読んでくださっているあなたは決して誤解しないようにしてください。人工毛植毛が危険なのは間違いないことだからです。

事実、日本皮膚科学会発行のガイドラインは人工毛植毛による対策を一番やってはいけない方法として注意を喚起しています。

 

人口毛植毛は危険とする資料日本皮膚科学会による人工毛植毛に対する評価

 

その他にも、人工毛は身体の拒絶反応の生理現象により2,3年経てばすべてが抜けてしまうので定期的なメンテナンスが必要ですが、これを繰り返すことで危険さが更に深刻化していきます。

植毛はすればするほど、頭皮に無数の傷が蓄積され、ガチガチに固くなり、凸凹の穴ができ、しまいには皮膚が化膿してグチャグチャになってしまうことさえあります。


出典:紀尾井町クリニック
人口毛植毛の被害症例8年間に計15回の人工毛植毛を行った結果

 

同時に、植毛の費用代もえげつない程膨らんでいきます。

 

例えば、M字ハゲで悩んでいる場合、2000本の植毛をするとなれば一回目で50万円以上かかり、それ以降は数年に一度の植え替えが必要で、料金は何百万円と膨れ上がっていく感じです。

こうして、自分の貴重なお金をつぎ込んで取り返しがつかないほど頭部を痛めつけていくという負のスパイラルに陥るのは…かなり皮肉なことだと思いますし、「危険な方法だ!」と言わざるをえないでしょう。

 

アメリカやオーストラリア、カナダなどの先進国では人工毛を使用した植毛は全面的に法律で禁止されています。

 

アメリカは早くも1982年の段階で人工毛植毛を禁止し始めましたが、その根拠として6つの理由を挙げていました。

 

人工毛植毛がアメリカで禁止となった理由6

髑髏マーク:人工毛は豊胸などのインプラント(埋め込み)とは違い常に外気にさらされ、頭皮に差し込んだ異物が細菌感染や化膿を起こしやすい

髑髏マーク:人工毛や他人毛は人間にあらかじめ備わった自己防御反応によって異物反応が起こる可能性が高い

髑髏マーク:色素など人工毛そのものの素材に発ガン性がある可能性を否定できない(※ 当時の状況)

髑髏マーク:1年以内に30%、2年以内にほとんどが脱落するデータもあり、定着しえない人工毛を身体に差し込む合理性が見いだせない

髑髏マーク:頭皮が傷だらけになる

髑髏マーク:途中で擦り切れてしまうと完全に取り除くのが困難

 

以上、どれも道理にかなった実際的な結論だと思われませんか?

 

当時、アメリカではこうした点について メーカー側、医師、専門家が紳士的に公聴会を開いて討議した結果、全面禁止の運びとなりました。

一方、我が国の日本では人工毛植毛についての公正な情報公開、見識者達による合同の話し合いをしたことすら過去に一度もない状況です。

その結果、いまだにこのような危険のある方法が医療業界でまかり通っているのは本当に残念な話でなりません。。

 

ところが、そんな消費者思いのアメリカや諸外国では、興味深いことにもう一つの植毛が20年以上前から脚光を浴び始め、毎年何十万という大勢の人が利用しています。

それが、自分の髪を利用した植毛で、僕も愛用し続けている薄毛治療になります◎

 

全く危険がない?医療:自毛植毛

 

僕は今から約20年前に人工毛植毛を体験しましたが、前述した山のような危険要素を理由に、1年もせず全ての人工毛を頭から抜きました。

抜く時は麻酔を一切使わずに行ったので、本当に痛くて痛くて…涙を流しながら…それでも途中休みを取りながら… なんとか頑張り続け…全てを抜ききりました(´∀`;)ハアハア…

全てを取り去った後はかなり身軽になったんですが、変わり果てたオデコを鏡で確認した時には驚愕して言葉になりませんでしたね。。

たった一回の人工毛植毛で1年すら経過していなかったのに、前髪の生え際は1センチほど後退してしまったからです(;゚Д゚)

 

M字ハゲ症例

人工毛を抜いてから約1年後の自分

(※ マジック部分は元の前髪ライン)

 

しかも、人工毛を刺した箇所は無条件で既存の毛根を殺してしまった状態でしたから、どんなに強力な薬剤を使っても永遠に髪が生えない環境にしていたんです(つд⊂)イヤンッ

このすべてに圧倒され、途方に暮れ、自殺さえ一瞬 脳裏をかすめましたが、幸運にもフットの神(髪)様が味方をしてくれたのか、新たな薄毛治療が日本にも導入され始めている情報をタイムリーにゲットすることができたんです。

それが、今ではFUTという呼び名で定着している自毛植毛でした。(※ 当時は「生毛植毛」や「マイクロ植毛」などとも呼ばれていました。)

 

自分の髪を利用する植毛は、人工毛と同じく危険なんでしょうか?

同じ植毛とは言え、人工毛と自分の毛とでは全く材料も性質も違います。

 

考えてみていただけませんか?

自毛は自分の髪ですから、もともと自分の一部なので、これ以上に親和性のあるものはこの世に存在しないわけです。

植毛方法が正しく合理的に行われるなら、これ以上に理想的な素材は他にありません。

 

自毛植毛について初めて精通する方のために、ここでその原理と方法を簡単にご紹介しておきたいと思います。

 

たとえ薄毛に悩む方であっても、大抵は側頭部から後頭部にかけては髪がある程度残っていることに注目されたことはありませんか?(※ サザエさんに出てくる波平さんを思い出してください。)

これはその範囲にある髪が男性ホルモンの支配を受けていないためで、AGA(男性型脱毛症)のきっかけとなる活性型ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を免れているからに他なりません。

言い換えれば、男性ホルモンの受容体(受け皿)がそもそもないので、ハゲ要因を一切受け付けない楽園のような環境となっているわけです。

 

AGAになりづらい頭部の範囲

AGAになりにくいエリアが存在する

 

この範囲にある髪を毛包(毛根)単位ごとに採取して、それを毛のないエリアにそっくりそのまま植え付けるなら、その髪は新たな場所でも同じ性質(プログラム)を受け継いで、生涯に渡り生え続けることができます。

 

毛包

毛包(毛根)単位で採取・移植するのが自毛植毛

 

初めて見聞きする方にとっては にわかに信じにくいかもしれませんが、これはドナードミナントという原理に基づく科学的に証明された医療です。

ここでいうドナー(提供者)は、後頭部にあった髪のことで、その髪が持つ性質はどこに移動してもドミナント(支配的)に働くという意味になります。

この作用を基盤にした自毛植毛は、「植える数に限界はある」というリミットはありつつも、人工毛のような「危険」とは無縁の方法です。

 

安全を保証する女性

自毛を利用した植毛は安全^^

 

移植する髪は後頭部から採取しますので、そこから髪を取ったら「今度は後頭部が薄毛になるんじゃないの?」という心配の声が聞こえてきそうですが、正しい対策を取る限り、そうなることはありません。

 

現代の自毛植毛FUT・FUEはどちらについてもバランスの取れた仕組みが出来上がっています。

 

FUTでは後頭部の頭皮を必要な移植本数分の面積だけ切り取った後に縫合することで、残る線跡は周りの髪に隠れてわからなくなり、植毛する前と見た目は何も変わりません。(※ FUTは最初に毛根付きの頭皮を採取した後、毛包単位に分けてから植え付ける方法です。)

もう一つのFUEでは専用チューブパンチで髪の毛根を一株・一株くり抜いていきますが、採取量が25%以下(※)であるなら、無毛箇所はほとんど目立つことがないことが確認されています。


出典:ヨコ美クリニック
FUTとFUE植毛の違いFUTとFUEは主に移植毛を採取する方法が違う

 

このようにバランスの取れた方法で移植毛を採取することで、後頭部の環境(外見)はそのままを保つことができ、同時に薄毛部分を安全に増やすことが可能になります。


出典:ヨコ美クリニック
ヨコ美クリニック症例自毛植毛によるM字ハゲ修正例

【症例情報】
治療方法:
ヨコ美クリニックによるFUE植毛。
施術の説明:メスで切開して毛包付き頭皮ドナーを採取後に株分けして合計1725株(3511本)を生え際に移植。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
施術の価格:80万円(税抜)
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

いかがでしょうか?

 

広くなったオデコに再び髪を再生させられるなんて、「本当に素晴らしい!」としか言いようがないと思われませんか^^

 

とはいっても、自毛植毛は外科医療なので、嬉しいことばかりではなく、幾つか「危険では!?」と思わせる部分も中にはあります。

その中でもよく噂されているのが、以下の4つの危険性です。

 

痛みの危険性について

術後の後頭部について

副作用にまつわる危険

不自然さのリスク要素

 

これらの危険性についても、自毛植毛を3回経験してわかった内容を洗いざらいシェアします^^

 

痛みの危険性について

 

ちょっと調べるとわかることですが、自毛植毛経験者のブログには大抵「一発目の麻酔注射が痛かった」と報告されています。

このことから、どこのクリニックを利用しても、最初だけちょっと痛くて後はずっと無痛でいられることがわかり、ある程度は安心できるかと思います。

ですが、僕の場合は、最初の麻酔注射から最後の過程まで完全無痛で過ごせました^^

 

植毛は無痛も可能

自毛植毛は無痛も可能

 

なぜかと言うと、単純に精神安定剤を導入しているクリニックを利用したからです。

椅子に座って精神安定剤が入るとたちまち頭がボ〜っとしてきてフワフワ状態になり、気づいた頃には後頭部から移植する髪を採取する作業はすでに終了して、植え付けに入っている段階でした。

もちろん、意識がはっきりした後でも、全く痛みはなく、歯医者さんの治療のほうがよっぽど辛いレベルです◎

フットと同じように施術の最初から最後まで痛みを味わいたくない人は、局所麻酔と精神安定剤を併用しているクリニックを利用すれば痛みの危険性は限りなくゼロに抑えられます^^(※ 麻酔の効き方には個人差が出ます。)

 

 

術後の後頭部の危険性について

 

ある人達は想像力をたくましくして、「術中は問題なくても、術後は植毛した部分や後頭部に痛みが残るんじゃない?」と考えるかもしれません。

ですが、事実を申し上げれば、そんなことはありませんし、移植毛を採取した跡も気にならないことがほとんどです。(※ 依頼するクリニックや体質により差が出ます。)

 

僕はFUTで植毛をしたので、毛根付き頭皮(ドナー)の調達後に後頭部を縫合して一本の線傷が残りましたが、それでも痛みはありませんでした。

幼少の頃、左腕に原因不明のしこりができたので切除して縫ったことがありましたが、そこに痒みも痛みも残っていないのと同じ感じです。


出典:湘南美容外科クリニック
FUT植毛の後頭部傷痕症例FUTによる移植毛採取後の縫合部経過

 

頭皮はとても柔らかく順応性がありますので、施術してから2週間以内に抜糸をした後は、植毛前と全く同じ感覚で違和感なく過ごせます。

抜糸までの間は引っ張られている感覚が続き、痒みも出る時があったり、枕の当てどころが悪ければ痛みが走ることはありましたが、それも抜糸が終わるまででした。

一方のFUEでしても、痛みは残りませんし、くり抜く本数(=植毛本数)が少ない場合にはFUTよりも奇襲性が少なくて済みますから皮膚の回復もその分早くなります。


出典:紀尾井町クリニック
FUT・FUE植毛の傷痕

 

結論として、FUT・FUEどちらでしても、基本的に痛みは残りませんし、無毛になった傷も周りの髪を3センチほど伸ばせば隠れて全くわからなくなって気にも留めないレベルです。(※ この問題について更に詳しくは「後頭部の傷と痛みの真相」記事を参考にしてください。)

 

自毛植毛にまつわる副作用の危険とは?

 

抜け毛防止に効果があるとされるAGA治療薬では性欲減退や鬱症状、頭痛、射精障害、睾丸の痛み等、男性としては残念な副作用が付きまとうリスクがあります。

自毛植毛ではそうした問題をはじめ、それに類する重大な副作用はこの20年間に報告されていません。

ただ、植毛後に現れる幾つかの嬉しくない現象は観察されています。

 

一つはショックロスと言われるもので、術後から3ヶ月くらいの間に一時的な脱毛が見られるケースです。

患者全体の1、2割程度ですが、植毛をしたショック(衝撃)で既存の髪が休止期に入ってしまうことがあるようです。(※ 人為的な理由以外には麻酔液の影響などが考えられますが、詳しい原因はわかっていません。)

それでも、3ヶ月くらい経過すると、抜けた髪も再び成長期に入り、移植した髪と一緒に生えてきますので、それほど心配する必要はないでしょう。

 

↓ショックロス問題の詳細について↓

 ショックロスとは一言でまとめると、「植毛が原因で起こる既存毛の脱毛」現象を指しています。 植毛について調べていくと、必ずと言っていいほど取り上げら...

 

 

まぶたが腫れぼったくなる状態が数日間続くこともありますが、これは術中に頭部へ注入した麻酔液が顔面に下りてくることで起こります。

もし是が非でも避けたい場合には、オデコを氷で冷やしたり、ヘアバンドを額に巻いて食い止めるなどすれば100%防ぐことができますが、走り回ったり下をずっと向いていたりすると腫れやすくなります。

僕の場合は、人工毛植毛の時にクリニック側が何も教えてくれなかったのでバリバリ仕事をした結果、見事にまぶたが膨れ上がり家族に心配をかけてしまいました。

ただ、自毛植毛のときにはクリニック側が紳士的な対応をしてくださり、自分でも意識して安静にしていたので何事もなく過ごすことができました。

ちなみに、万が一 腫れたとしても2,3日で自然と引いていくので、そんなに心配しなくても大丈夫です。

その他にはしゃっくりが出たり、術後の半年以内にニキビが出やすくなる人もいるようですが、これも自然と治る現象です。

 

不自然さのリスク危険度は?

 

植毛は外科施術ですから、担当医や看護師チームの技術力によって結果に明らかな差が出ます。

もし、実績のない医者やセンスのない技術者に依頼してしまうと、不自然になるのは確かです。


出典:ヨコ美クリニック
植毛の不自然な生え際不自然な生え際

 

生えてきても、画像みたいに人工的な生え際になってしまうなら、僕も決してやらなかったと思います。

 

ただ、誤解してほしくない点として、こうした画像からわかるのは自毛植毛の危険性というよりも、「植えたとおりに必ず生えてくる」という植毛ならではの効果性です。

つまり、自毛植毛に何か罪があるのではなく、必ず植えたとおりに生えてくる安全な医療だとわかるわけですから、その方法を間違えず適切に行いさえすれば、薄毛の悩みを本当に解決することができるわけです。

そのことをあなたにもぜひ知っていただきたいと思いました。

 

クリニック(担当医)選びを間違えない

自分の期待値が現実的

 

…である限り、自毛植毛は決して僕たちを裏切りません。

フットは自毛植毛をしてから20年近く経ちますが、そのことを有力な形で証言できます。

 

M字ハゲ植毛症例フット自身のM字ハゲ修正例

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

20年経過した自毛植毛の症例

約20年経過した現在でも生え続けている

 

人工毛植毛の時とは天と地の差がありますから、「素晴らしい!」としか、やはり言いようがありません。。

 

植え付けた毛包(毛根)は一度頭皮に定着すれば、何のメンテナンスもいらず、普通に生えてきます。

人工毛とは違って拒否反応も一切なく、植毛した部分は育毛剤も必要なく生涯に渡り生え続けます。

安全で、これほどまでにコストパフォーマンスが良い薄毛治療はなかなかありません。(※ 植毛費用の素晴らしさについては「植毛のびっくり費用」記事を参考にしてください。)

 

植毛は経済的

自毛植毛は薄毛治療でトップクラスのコスパを誇る

 

…とはいえ、自毛植毛のマイナス面を強いて言うとするならば、「植毛できる本数が限られている」以外にも もう一つ実感したことはありました。

 

それは、日本人の場合は黒髪なので、頭皮の色とのコントラスト(対照)が出やすいという特徴を持っている以上、後頭部の太い髪を前髪に移動させると、髪の根本(ねもと)が目立ちやすくなるケースが多いかもしれないという点です。

通常、前髪には産毛があって、長く生えている髪も、どちらかと言えば細めですよね。

一方、後頭部の髪は頭部全体の中でも一番太めなので、それを前髪全体に生やすと存在感がかなり出ます。

これは言い換えれば、オデコを無防備に上げると少し不自然に映ってしまうことを意味しますが、反対に考えれば、ボリュームはかなり出るので間違いなく薄毛を改善できます。

この辺は一人ひとりの髪の状態によって変わるので何とも言えませんが、いずれにしましても、後頭部の髪を使用する以上、元の前髪の状態(コンディション)を100%回復させることはできないことは承知しておくべきです。

言葉ではなかなか伝わらないかもしれませんので、植毛するとどうなるかをアップ動画で確認してみてください。(※ 無音)

 

【症例情報】
治療方法:
Hasson&WongクリニックによるFUT植毛。
施術の説明:メスで頭皮を帯状に切除して毛包ドナー採取を行い生え際付近に合計3581株を移植。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
施術の価格:14743ドル(税抜)、1ドル100円換算で約148万円。
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

いかがでしょうか?

 

後頭部に残る縫合部の跡も含め、自毛植毛ではどこまで達成できるのかがよく理解できたかと思います。

動画の男性は1回だけの植毛であそこまで回復しましたが、もし自分の理想と予算が更に高い設定ならもっとオデコを狭める事もできますし、密度を濃くすることだって可能です。

すべては自分のカスタマイズ次第ですので、自毛植毛には本当に夢があることにお気づきになられるでしょう。

 

最後に、自毛植毛で一足先に薄毛を卒業された方達の画像を幾つかご紹介しますので、「自毛植毛は自分に合いそうかも^^」と感じられたのであれば、クリニックに一度足を運んで、ドクターに直接自分の状況を相談するようにしてみてください。


出典:アイランドタワークリニック
アイランドタワークリニックの植毛症例

【症例情報】
治療方法:
アイランドタワークリニックによるFUE植毛。
施術の説明:専用パンチで後頭部から毛包ドナーを採取して生え際に2500株を移植。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
施術の価格:320万円(税抜)、割引適用後150万〜(税抜)
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 


出典:親和クリニック

親和クリニック症例

【症例情報】
治療方法:
親和クリニックによるFUE植毛。
施術の説明:専用パンチで後頭部から毛包ドナーを採取して生え際に1500株を移植。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
施術の価格:155万円(税抜)
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 


出典:湘南美容外科クリニック湘南美容外科クリニックの植毛例

【症例情報】
治療方法:
湘南美容クリニック長井正寿医師によるFUT(ドナーストリップ)。
施術の説明:ドナー(毛包)を後頭部から採取して株分けをした後にマイクロブレードで無毛部に新しい毛穴を作り1100株を移植。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
施術の価格:69万8千円(モニター料金、税込み)
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 


出典:アスク井上クリニックアスク井上の植毛症例

【症例情報】
治療方法:
アスク井上クリニックによるFUE植毛。
施術の説明:後頭部から毛包ドナーを採取して生え際とセンター付近に新しい毛穴を作り合計1640株を移植した。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
施術の価格:133万3千円(税抜)
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 


出典:ヨコ美クリニックヨコ美クリニックの植毛症例

【症例情報】
治療内容:ヨコ美クリニックのFUT植毛。
副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等の可能性が伴う。
施術の費用:500株34万円~2500株以上120万円(税抜)
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

あなたのケースでは植毛治療が適切なのかどうか、具体的な見積もり本数、気になる費用は幾らになるのか等、こうした疑問はすべてカウンセリング(無料)のときにドクターから教えてもらうことができます。

僕もこれまで10回以上のカウンセリングを通してたくさん植毛について勉強してきました。

 

残念なことに、ネットに落ちている植毛関連の情報には嘘が多いので(多すぎます(´∀`;))、一番賢い方法は直接クリニックに行って話を聞いてみること、これが一番安全です^^

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

2018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしいクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
病院
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
-
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
湘南美容クリニック
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
ヨコ美クリニックレビュー
アイランドタワークリニックレビュー
アスク井上クリニックレビュー
親和クリニックレビュー
湘南美容クリニックレビュー

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

【ピックアップ記事】

出典:news.livedoor.com岡崎選手(一番左側) ロシアのワールドカップで変わらない活躍を見せてくれたサッカー日本代表の岡崎慎司選手。最近はサッカーの話題だけ...

 

 

>>植毛初心者講座

>>植毛費用の詳細

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。