女性向け植毛案内

 

最近は男性だけでなく女性の薄毛患者が急増しています。

 

女性が薄毛になる原因は、男性が単純にAGAになって抜け毛が増えるのとは違い、複雑な要素が絡み合っていることが多いと報告されています。

一方で、元からオデコが広くて生え際ラインを縮めたいと考えている方も結構いらっしゃいます。

こういう背景から、女性の中にも「植毛」という治療を積極的に検討する方が増えてきているんですが、実はいずれのケースの場合でも、植毛をする前に知っておくべき大切なポイントがあります。

それが、

 

女性は男性と同じ基準で植毛を適用すべきなのか?

オデコの生え際ラインを狭くする唯一の治療法は何か?

 

この2つです。

 

育毛歴約20年になる管理人フットが、植毛を体験したい女性患者さんへのインタビュー形式で記事をまとめてみましたので、これからの治療プランを立てる上で参考にしていただければ幸いです^^

フット植毛歴約20年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

女性は男性と同じ基準で植毛を適用すべきか

 

◆フット

ヒロコさん(仮名)は髪の毛のことで悩んでおられるようですが、具体的にどの辺がどう気になっておられるんですか?

▲ヒロコ

えっと、私の場合は髪の毛の分け目が全体的に薄いので、ボリュームがもっと欲しくて…。

最初は市販の育毛剤を3ヶ月くらい試したんですが、ほとんど変わらない気がして、それなら植毛はどうかな?って考えているんですけど。。

 

◆フット

育毛剤を使っても駄目だったから植毛はどうかな?って考えたんですね^^

▲ヒロコ
はい。そうです。
◆フット

お気持ちは良くわかります。

実は、女性の薄毛の原因は男性と違っていろんな要素が関係しているため、簡単には治らないケースもあるんです。

全身の疾患が引き起こすケースであったり、極端なダイエットとか貧血、避妊薬や精神疾患用に出されるお薬を飲むと髪が薄くなる…なんてことも報告されているんですよ。

 

▲ヒロコ
なんか…育毛剤を塗れば簡単に治るような問題ではなかったようですね(泣)
◆フット

そういう可能性が高いんですね。

なので、まずは薄毛の問題がどこから来ているのかを方向性だけでもちゃんと特定してから治療法を探るのがベストなんですね^^

 

▲ヒロコ

なんとなくわかりました。

じゃあ、すぐに植毛をするのは良くない…ということになるんでしょうか?

◆フット

女性の場合は男性の症状に比べて複雑であるのと、わざわざ植毛をしなくても髪を生やすことが見込めるため、すぐに植毛をすることは勧められていないんです。特にヒロコさんのように頭部全体の髪が細くて密度が少なくなったびまん性の症状ではそう言えます。

元からオデコが広くてそれを狭くしたいといったケースでは積極的に植毛を適用することができるんですけどね。

▲ヒロコ

そうなんですね。。

じゃあ、私はとりあえず、どうしたら良いでしょうか??

 

◆フット

ヘア治療を専門に扱っている病院で詳しく診断してもらうことです。僕はアドバイスができても治療行為はお医者さんにしかできないため、クリニックへ行くことがベストだと思います。

ヒロコさんのように育毛剤をすでに半年間近く使用しても改善できなかった場合には、これから同じことを続けてもほとんど変わりませんから、早く病院へ行くほうが賢い方法になるんです。

 

▲ヒロコ

わかりました。

どこかお勧めのクリニックとか、あったりしますか?

 

◆フット

そうですね。普通に皮膚科の病院へ行くよりも髪の毛を専門に扱っている病院を利用したほうが治療メニューが豊富ですし、料金も割安になるのでおすすめです。(※ 毎回の診察費が無料ですし、薬自体の単価が安いのでお得です。詳しくは下で紹介するリンク先で確認してください。)

女性の場合は東京ビューティークリニックなどの女性専用病院が行きやすいかもしれませんね。

 

▲ヒロコ

女性専用の病院てあるんですね。

そのほうが行きやすいのでホントに助かります。。

◆フット

そうですよね。初めてだと少し緊張するかもしれませんけど、クリニックへ行くと大体半年〜1年くらいで薄毛は改善します。(※ 個人差あり)

女性医師が担当してくれますし、周りの人にわからないようプライバシー保護も万全なので、まずは無料カウンセリングで手ごたえを感じてくるのが良いと思いますよ^^


出典:ビューティークリニック

s_Screenshot (14) (1)

s_Screenshot (15) (1)

s_Screenshot (16) (1)

東京ビューティークリニックの症例

※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の治療効果が症例写真と同じになるとは限りませんのでご注意ください。治療の流れ、費用、痛みなどのリスクについてはクリニックページでご確認いただけます。

 

▲ヒロコ

ホントだ!皆さん改善されていますね。

ありがとうございます。

じゃあ、勇気を出して来週中に行ってきたいと思います。

 

◆フット

それがいいですね。ただ、すぐの来院は予約が取りづらいので、都合の良い日から2,3週間前くらいには連絡を入れておいた方が無難ですよ。

がんばってくださいね^^

 

▲ヒロコ
はい!ありがとうございます!

 

↓無料カウンセリング申し込み↓

女性向け病院案内

 

オデコの生え際を下げるには植毛が最適

 

びまん性ではなく、生まれつきオデコの広い人(※ ハミルトン型と分類される)は、どんなにお薬や育毛剤で治療をしても生え際ラインを下げることは不可能なため、はじめから植毛がふさわしい適用になることが多いです。

たとえば、この動画を御覧ください。(※ 無音動画です。)

 

※ 植毛の出来栄えは人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。植毛の治療法・主なリスク・副作用等に関する詳細はご覧のページならびに当サイトTOPページでご確認いただけます。

 

いかがでしょうか?

 

ご本人は少し広めのオデコと頼りない細めの髪にコンプレックスをお持ちだったんですが、自毛植毛をした結果、太くて元気な前髪を生やすことができました。

先ほども言いましたが、元から生え際ラインが高い場合、医薬品や育毛剤などのアイテムを使ってもオデコを下げることはできないため、改めて新しい毛根を植え付けて前髪ラインを作りなおす必要があります。

特に、後頭部にある髪は脱毛を起こしにくく丈夫な毛根を採取できるため、そこから必要になる移植毛を採取して、気になる部分に新しい毛穴(スリット)を作成し植え込んでいきます。


出典:ヨコ美クリニック
FUEによるドナー採取移植毛を採取した様子

 

このように自毛を使った植毛をすることで平均82.5~95%が発毛(※)しますから、「生えてこなかった」という失敗がほとんどなく、自分の好きな所に確実に生やすことができるというメリットがあります。( 後頭部には移植毛を採取した時にくり抜いた傷が残りますが、髪に隠れてわからなくなります。上の画像参照。)

※ 植毛の生着率に関する文献:
1) Beehner ML : Graft Survival, Growth, and Healing Studies : Studies of Hair Survival in Grafts of Different Sizes. Ed Unger WP, Shapiro R : Hair Transplantation, Marcel Dekker, New York 2004 :261―279.(レベルⅤ)

2) 日皮会誌:127(13),2763-2777,2017(平成 29) ● 2771

 

ただし、女性特有のデメリットも一つあります。

それは、男性よりもショックロスと言われる一時的な脱毛被害が起こりやすいことです。

植毛専門のクリニックで施術をしたとしても男女全体の10〜20%くらいがショックロスを経験するという統計が出ていて、割合的には女性のケースのほうが高いことがわかっています。

施術のショックで既存の髪が休止期に入って抜け、植毛してから1〜2ヶ月くらい経つと一時的に髪が減ってしまう恐れがあります。

3ヶ月くらい経過すると、抜けていった髪は成長期に入り再び生え、植毛した髪も同時に成長を開始しますので結果的に悩みは解消されるんですが、それでも、植毛施術後の1〜2ヶ月くらいの間は手術前よりも薄くなることがあるので、この期間は大きなストレスになりかねません。

 

こういった一時的なデメリットが女性の植毛には伴いがちなため、前もって心づもりをしておくことは大切です。

とはいえ、小さめの移植株だけを使用して負担を軽くしてくれる、或いは、麻酔液中の血管収縮剤の割合を下げるなどの工夫をしてくれる良心的なクリニックで植毛を行えば、ショックロスの被害は最小限に抑えられますから過度の心配はいらないでしょう。

 

女性が植毛をするのにお勧めのクリニック

 

植毛は外科施術ですから、担当する植毛医や看護師チームの技量で仕上がりに相当の差が出ます。

整形美容を扱うクリニックでも植毛は行えるんですが、植毛に特化した病院で行うほうが相対的に有利なので、可能な限り「植毛専門クリニック」に依頼することをお勧めします。(※ いろんなメニューがある整形クリニックでは受け皿が広い反面、植毛を頻繁に扱わないため技術力が劣る場合があります。植毛専門クリニックは毎日植毛しか行っていないので植毛技術のレベルが高い傾向にあるという意味です。)

 

「植毛=一種の整形」だから「整形クリニックに行こう!」という誤解をするとリスクが高くなるかもしれませんのでお気をつけください(´∀`;)

 

植毛歴約20年になるフットがピックアップした女性向けのクリニックは2つありますので、ご紹介いたします。

 

アスク井上クリニック

出典:アスク井上クリニック

アスク井上クリニック

 

アスク井上クリニックは新宿にある植毛専門病院で2014年に開業した比較的新しい施設です。

僕もカウンセリングに行ったことがありますが、とても綺麗な環境でした。


出典:アスク井上クリニック
アスク井上クリニックロビー

 

病院は新しいんですが、そこで働く先生と看護師は経験が豊富です。

元はといえば、日本で一番利用者が多いと言われているアイランドタワークリニックの元医院長だった井上先生がカウンセリングから施術までのすべてを担当され、そこで働く看護師さん達もアイランド時代からアシスタントをしてきた人材が揃っています。(※ フットがカウンセリングで訪問した時は新人の看護師が1名トレーニングを受けていただけで、あとは皆さんベテランでした。)

なので、クリニック施設は最新で綺麗ですし、スタッフの皆さんの植毛施術経験は豊富なので安心しておまかせしやすいでしょう^^

こちらはFUEという植毛をメインに行っていますが、女性の症例画像も紹介されています。

 

※ 植毛の出来栄えは人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。植毛の治療法・主なリスク・副作用等に関する詳細はご覧のページならびに当サイトTOPページでご確認いただけます。

出典:アスク井上クリニックアスク井上女性症例

 

生え際のリメイクもできますし、


出典:アスク井上クリニック
アスク井上女性症例

※ 植毛の出来栄えは人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。植毛の治療法・主なリスク・副作用等に関する詳細はご覧のページならびに当サイトTOPページでご確認いただけます。

 

ショックロスが起きやすく顕著な植毛効果が乏しいとされるびまん性の症状にも施術を適用した結果、成功した例が紹介されています。

こうした実績を写真で前もって確認できるため、利用者としては信頼しやすいかもしれませんね。

 

気になるデメリットとしては、FUEしか基本的に選択できないことや、費用が他のクリニックと比較すると安くない設定になっている点などが挙げられます。

でも、自分のケースではどれほどの見積もり数になるのか、或いは、そもそも植毛がちゃんと自分に適用できるのかなどの問題はカウンセリングを受けてみないとわからないので、関心がおありなら気軽に無料カウンセリングで相談するようにしてください。(※ 無料カウンセリング内で勧誘はありませんし、1時間くらいで済むので気軽に利用できます^^)

 

 

ヨコ美クリニック

出典:ヨコ美クリニック
ヨコ美クリニック

 

女性にオススメできるもう一つのクリニックがヨコ美クリニックです。

こちらのクリニックは先ほどご紹介したアスク井上クリニックのデメリットをちょうど良い塩梅でカバーしている病院になります。

つまり、FUEだけではなく、もう一つのFUTという植毛法を選べることや費用料金が最安値になっているのが特徴です。

 

FUE法とFUT法の違いですが、知らない方のために簡単に説明すると、一番のポイントは移植毛の採取の仕方にあります。


出典:ヨコ美クリニック
FUTとFUEの違い

FUTとFUEは毛根(毛包)の採取法が違う

 

FUEは1株1株を専用パンチでくり抜いていくのに対し、FUTではまず頭皮ごと切り取り、それから1株1株細かく分けていきます。

植毛本数が少ない場合にはFUEを選択すると後頭部に残る点傷が目立たなくなるので大変有利なんですが、植毛本数が大量になると後頭部がスカスカ(シースルー)になってしまうデメリットがあります。

そこで、大量植毛が必要な場合にはFUTを選択すれば、必要面積分の頭皮を切り取った後に縫合することで、残る傷が一本の薄い線で収まりますから、結果、周りの髪に隠れて目立ちにくくなるというメリットがあります。

傷幅は患者の頭皮コンディションにも左右されますが、ヨコ美では約95%の患者が3mm以下の傷幅(※)で収まっています。


出典:ヨコ美クリニック
ヨコ美クリニックFUT後頭部の傷術後6ヶ月:刈り込んでも目立っていない

 

これほどの出来栄えであれば、周りの髪を少し伸ばせば全く傷痕はわかりませんね。

 

ヨコ美クリニックでは患者さんの好みや条件に合わせて自由に植毛の方法を選択できます。

 

残念なことに、FUE専門クリニックの中には「FUT施術をすれば切開するからとても痛い」とか「線傷がみっともないからやめたほうが良い」などの消極的な情報を流して巧みにFUEを過大評価する所があるんですが、ヨコ美クリニックではFUTとFUEのどちらも利用できる貴重なクリニックとして、バランスの取れた相談が可能です。(※ ちなみに施術をする時の痛みの問題は植毛する方法に原因があるのではなくて、各クリニックの麻酔技術に依存しています。ヨコ美クリニックでは無痛で施術ができますから、その点でも安心です。植毛の痛み問題については「自毛植毛は超痛い!?」記事を参考にしてください。)

妥協したくない植毛を実現したい場合には、ヨコ美クリニックのような両方の植毛術が行なえ、客観的に植毛のメリット・デメリットを教えてくれる所でカウンセリングを受けることが重要です。

 

ヨコ美クリニックをお勧めするもう一つの理由は、植毛費用が良心的なところです。

FUTとFUEのどちらを選んでも、最低価格で植毛を受けられます。

 

【FUT植毛料金表】

クリニック名
ヨコ美
クリニック
アスク井上
クリニック
湘南美容外科
クリニック
基本料金
無料
FUT取扱いなし
無料
1株あたり
600円
FUT取扱いなし
888円
1000株合計費
60万円
FUT取扱いなし
88万8千円

【FUE植毛料金表】

クリニック名
ヨコ美クリニック
アスク井上
クリニック
湘南美容外科
クリニック
基本料金
基本料金なし
18万5千円
基本料金なし
1株当たり
800円
980円
880円
1000株
合計費
80万円
116万円
88万円

 

以上の比較表からも一目瞭然ですが、ヨコ美クリニックがリーズナブルであることがわかるでしょう。

でも、ある人は値段が一番安いと「植毛技術は信頼できるの?」と心配されるかもしれませんが、その点も問題ありません。

実は、ヨコ美クリニックの今川先生は個人として国内植毛症例数が一番豊富(約2万件)なドクターになります。

 

ただ、利用者からすると残念に感じやすいのは、クリニックホームページで紹介されている症例画像が少ないことかもしれませんね。

厚生労働省からの指導でインパクトの強い画像は利用者に過度の期待や勘違いを起こしやすいことから自粛が勧められているんですが、ヨコ美クリニックはこのガイドラインを尊重している施設です。

そのため、ホームページでは他院よりも画像を確認できる数は少ないかもしれませんが、カウンセリングに行くとちゃんと自分と同じような悩みを抱えたケースの症例写真を見せてくれますので心配はいりません。(※ 今川先生自身も植毛をされているので、植毛の出来栄えを直接確認することもできます。)

 

※ 植毛の出来栄えは人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。植毛の治療法・主なリスク・副作用等に関する詳細はご覧のページならびに当サイトTOPページでご確認いただけます。

出典:ヨコ美クリニックヨコ美もみあげの植毛症例側頭部の植毛例


出典:ヨコ美クリニック
ヨコ美のM字ハゲ修正症例男性の生え際修正例

※ 植毛の出来栄えは人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。植毛の治療法・主なリスク・副作用等に関する詳細はご覧のページならびに当サイトTOPページでご確認いただけます。

 

ホームページで確認できるのは以上の他に数種類程度なんですが、実績は豊富ですし、植毛クリニックとしても歴史のある病院ですから、安心してカウンセリングをお受けください。

 

 

植毛を体験したい女性が後悔しない薄毛治療まとめ

 

このページでは、薄毛で悩む女性の方を中心にした治療方法について取り上げてきました。

もう一度、大切なポイントをまとめておきますと、

 

  • びまん性の薄毛症状では植毛の前にお薬の療法等をまず試す。
  • 皮膚科の病院よりもヘア治療専門のクリニックを利用したほうがお得。
  • 生え際ラインを下げたい場合は植毛が適切な方法になる。
  • 植毛を検討する場合は植毛専門クリニックに依頼する。

 

こうした点を取り上げてきました。

 

特に頭部全体や分け目がまばらに生えているびまん性の薄毛は植毛をしなくても回復する見込みがあるため、まずはお薬の療法や精神的なケアをするほうが効果的な場合があります。

急いで植毛を選ぶようなことはせず、まずは薄毛になっている根本的な原因を突き止めて最善の治療法を見定めるために薄毛総合病院に相談するようにしてください^^

 

 

元から広いオデコを下げたい場合や側頭部の髪を修正したい場合には植毛がベストな治療法になるので、植毛を専門に行う病院を利用するようにします。

 

以上のように取り組んでいけば、あなたが抱えている特有の悩みを最適な方法で改善させることができるようになります^^

まずは気軽に利用できる無料カウンセリングから一歩を踏み出してみてくださいね^^

 

 

 

5

植毛歴約20年の管理人:フット

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

※追記:フットさんはどこで植毛を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

※治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。植毛の治療法・主なリスク・副作用等に関する詳細はご覧のページならびに当サイトTOPページでご確認いただけます。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛を受けて救われました。

 

なので、あなたにも自分に合ったクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

ヨコ美クリニックの植毛を詳細に解説するブログ【料金込み】
 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

クリニック
ヨコ美
クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上
クリニック
親和
クリニック
湘南美容外科
クリニック
クリニック名
ヨコ美
クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上
クリニック
親和
クリニック
湘南美容外科
クリニック
HP
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
s_runessance
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用(税込)※1
FUT
64万8000円
FUE
86万4000円
FUE
151万2000円
FUE
95万5800円
FUE
118万8000円
FUT
88万8000円
FUE
88万円
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
20年以上の経験を持つ今川医師が全てのカウンセリングから施術、アフターケアまでを担当日本全国にあり利用しやすい。FUE施術例が最多にのぼるアイランドタワークリニックの元院長がカウンセリングから施術、アフターケアまでを担当日本全国にあり利用しやすい日本全国展開で利用しやすい。アルタスロボットも選択可
デメリット
店舗が少ない
料金が若干高め。FUE法しか選択できない
店舗が少ない
料金が若干高め。FUE法しか選択できない
担当ドクターにより施術の差が出る可能性
解説
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

※ 植毛の基本を学びたい方は【初心者徹底講座】を一読下さい^^

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。