出典:goo.gl/9o2ちゃんねる

 

2ch(ちゃんねる)などの掲示板をチェックしているユーザーたちは、そのテーマに照らした本音を垣間見ることで、物事を正しく且つ広い視野で判断したいという願いをお持ちだと思います。

「植毛」も2ちゃんねるで討議されているテーマではありますが、果たして信頼性があるんでしょうか?

植毛歴約20年、植毛ブロガーの中では一番経験豊富なフットが、今回2ちゃんねるを拝見して同調できたことや「ん?」と感じたもの、或いは少し不正確な書き込みに対しても自由にコメントしていきたいと思います。

特に、これから初めて植毛を検討する方が知っておくべきことを意識してまとめましたので、必要に応じて参考にしてみてください^^

 

フット

植毛歴約20年のサイト管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

2ちゃんねる内の発言とその真相

 

さっそくですが、管理人フットが注目したコメントを引用しながら補足を加えていきます。

 

来週植毛する
いままで人工植毛してたけど自毛植毛するにあたって全部抜いた
それだけでもいい気分
人工毛の異物感は半端なかった

 

この方がおっしゃるとおり、人口毛植毛は頭皮にとって異物の何者以外でもないので、僕がやった時も常に気分が悪かったのを覚えています。

 

書き込んだ方は自毛植毛をするために人口毛を全部抜いたということですが、人口毛から自毛植毛に切り替える場合には、この方法が賢明だと言えます。

ときどき、段階的に人口毛を抜きながら自毛植毛を少しずつ足していけないだろうか?といった方法を考える人がいますけど、これはいろんな面でコスパが悪いのでお勧めしません(´∀`;)

 

例えば、少量ずつであっても植毛施術の回数を増やすとそれだけ費用が余分にかさんでいきます。

だいたいどのクリニックでも基本料金がかかりますし、毎回少量だけだと1株単位当たりの単価が割安になっていく特典なども得られづらくなります。

それに人口毛がたくさん周囲にある環境では頭皮が固くて血流も悪いですから、発毛率や定着面での効果からしても理想的な条件とはならなくなります。

 

人口毛から少しずつフェイドアウトして自毛植毛に意向したいと考える背景には、恐らく、周囲に薄毛であることを知られたくないという気持ちがあるからだと思うんですが、実は、人口毛で大半の面積の薄毛をカバーしている場合であれば、周りの人にはすでに知られている状態なため、いっそのこと人口毛をすべて抜き、一気に自毛植毛施術をしたほうがメリットを得られます。

 

繰り返しますが、薄毛であることをバレたくないと感じるのはよく理解できることではあっても、人口毛植毛だと光沢がかっていたり、根本が太くて不自然な関係上、周囲の人たちにはすでに認知されている状態だと考えてください。

髪を全部前に垂らしているような状態でも人口毛は質的に分かりますし、仰向けになるような状態では髪の根本があらわになるので周囲にバレてしまいます。

当時のフットはほとんどが自前の髪でM字にちょっと人口毛を植えただけだったんですが、一度「えっ?!」という顔をされたことがあるのを覚えています。。

 

自毛植毛は一度に全部行うようにして、もし生えてくるのを待つ期間にどうしても薄毛が気になるなら、カツラや帽子などの代替策を取っていく方針でいけば、人口毛を残しながら徐々に移行していくよりも節約になりますし、移植毛の定着率も良くなるのでお勧めです。(※ 特に植毛医の仕事がしやすくなり、クオリティが上がります。)

仮に、前髪のM字ハゲ部分にのみ人口毛を植えているという状態でしたら、全部抜いたとしても、前髪を下ろしたり既存毛にくくりつけて増毛させる方法なら一時的な薄毛を更にカモフラージュしやすくなるので実際的です。

 

いずれにしても、人口毛植毛から自毛植毛に切り替えるときには、潔く全部抜いて一気に自毛植毛をするようにしましょう。

フット自身もこの過程を踏んで大逆転を経験することができました。

人口毛と自毛とでは、見た目の自然さ〜頭皮の状態、生涯費用に至るまで雲泥の差があるので、後頭部に元気な髪が残っていない特殊な人を除き、早く自毛植毛に変えたほうが良いでしょう。

 

俺も26の時に生え際を植毛したな。
普通に恋愛したかったし離れ小島は怖いけど、将来どうなるかわからんものに怯えて今を犠牲にする事は出来なかった。
スカってきたらまたやればいいかと思ってる。

それに前髪がある程度残ってたら植毛した事がバレにくいしね。
禿げ上がってからしたら植毛部分のカサブタが隠せなかったり、急激な変化で周りに違和感を与えるから。

 

髪の毛の問題のせいで自信をなくしていたり、人の目を見て話しにくい、恋愛にも積極的になれない…などの影響が出ているなら、自毛植毛をすることで自尊心を取り戻すことが可能です。

フットもそうでしたが、自毛植毛をする前とした後では違った意味で人の注目を浴びました。

表情が豊かになり、目が輝いて、テンションやエネルギーがわんさか滲み出る状態を自他共に認められるステージまで上がったんですね。

自毛植毛は自分の髪を好きな所に生やすことができる技術に過ぎませんが、そこから得られるメリットや相乗効果は計り知れません^^

 

ちなみに、書き込みされていた「離れ小島」とは、もともとある既存の髪がAGAや老化により後退することで、移植した髪との間にできる薄毛問題のことを言います。

特に、M字ハゲだった部分に自毛植毛をするケースでは、中心に残っている髪がいずれ後退したときに、移植毛と既存毛の間に無毛部位ができる可能性があり、最終的には移植した髪だけが取り残され「離れ小島」化する恐れがあります。

 

s_Screenshot (1)

自毛植毛では離れ小島化する問題がある

 

植毛を検討する人の中には、ある程度年齢を重ね、薄毛もだいぶ進行した段階で植毛をするなら、そうしたリスクを避けられると考えて施術のタイミングを遅らせるかもしれません。

一方、「スカってきたらまたやればいい」「前髪がある程度残ってたら植毛した事がバレにくいし、禿げ上がってからしたら植毛部分のカサブタが隠せなかったり、急激な変化で周りに違和感を与える」ため、今のうちに植毛を受けておくべきだ考える人もいます。

どちらの考えもアリですが、フットは早めにやって自信を取り戻すことで言葉では言い表せないほどのメリットを感じられているので、今どちらにしようか悩んでいる方には早めに植毛をすることをお勧めします。

自信を持ち本当の自分を表現することができてはじめて人生を存分に楽しめるようになるわけですから、一刻も早くそのステージに立ったほうが良いでしょう。

いつまでも髪の毛のことを考えて頭の中が髪の毛のことでいっぱいになっていると、どうしても見方が狭まって生きた心地がしないと感じるんですが、いかがでしょうか?

 

もし、「そうだよな…」と感じているのなら、今すぐに自毛植毛を計画して髪の状態を完璧にしちゃってください^^

そうしたとして、もしも既存の髪が薄くなって植毛した部分との間がまたハゲそうになる場合には、もう一度植毛をすれば良いですし、AGA治療薬などで毛量を維持することも可能かもしれません。

著しく後退したりツルツルになったところは自毛植毛でしか確実に治すことはできませんので、自毛植毛をするのがベストです。

でも、

 

相当軽度のハゲじゃなければ一回で満足行く事は少ないんじゃないですかね。

 

こういう疑問を提起している人も見かけましたが、

 

結論から言うと、一回で満足いくかどうかは、植毛前のハゲレベルには依存していません。

 

確かに、FUTという現代のスタンダートとなった自毛植毛技術が誕生したばかりの1995〜2000年初頭くらいまでは1回の施術で達成できる密度の濃さが今よりも少なかったため、2回は必ず受けなければほとんどの場合は満足できない状況でした。

ですが、技術が向上するにつれ、今では1回の施術で満足できるケースも出てくるようになりました。

一人一人の理想、当人のドナー(移植毛採取箇所)密度、頭皮状態、クリニックの技術力など、様々な要素が理想的な条件で満たされるなら、1回で植毛を完結させることも夢ではないことを以下の動画からも知ることができます。(※ 無音です。)

 

【症例情報】
治療方法:
FUT植毛。
施術の説明:メスで頭皮を帯状に切除して毛包ドナー採取を行い生え際付近に合計3581株を移植。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
施術の価格:14743ドル(税抜)、1ドル100円換算で約147万円。
※ 治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

いかがですか?

 

この方はFUT植毛で3581株の移植を行ったんですが、ツルツルの状態から年相応に回復を達成しているのがわかると思います。

たった1回の施術ですが、ご本人は満足されています。

 

ハッキリ言おう、植毛は長年やってるクリに行かないと絶対後悔するし生えなかったりしたら怒り心頭で気が狂うぞ、狂っても毛は戻ってこないんだ
信念持って植毛してるクリニックへ行くべきだね

 

「信念」「情熱」…こういう雰囲気が伝わってくるクリニックは出来栄えにこだわりが見られます。

植毛は外科施術に属する医療なので、医者の腕が直接結果につながります。

毎日ただルーティーンでやってるクリニックであったり、美容整形の一貫としてたまに植毛をするクリニックよりも、毎回の施術で新たな工夫や取り組みをしている植毛専門クリニックとでは仕上がりが違ってくるんですね。

なので、クリニックでカウンセリングをするときにはその辺の「空気」を読むことは肝心です。

特に初めて植毛をするときは、一回目に伺ったクリニックで納得できたとしても、もう一つ別のクリニックへカウンセリングへ行くとその温度差が確実にわかりますし、取り組み方や考え方がだいぶ違うことに気付かされます。

数をこなしていけば行くほど視野も広がり、どのクリニックが自分の一番好感が持てる「信念」を持っているかがよくわかってくるので、ぜひ妥協をせずに理想のクリニックを見つけるようにしてください。

 

え!KってMFUなの?知らなかった
FUTってMFU使わない方法だと思ってた、
Kに聞いてみるよ

 

「K」は紀尾井町クリニックのことと思われますが、紀尾井町クリニックは現在でもMFU株を使用しているようです。(※ 記事作成段階のメール調査に基づきます。)

MFU株とは(マルチなFU株)という意味ですが、要するにFU株を複数合体させて大きめの株を植えているわけです。(FUとは髪の「毛包」単位のことで、ここから1〜4本の毛が生えています。これを合体させて大きくするのがMFU株となります。)

現在の植毛のスタンダードは「ナチュラルさを極めるためにFU株だけを使用する」というのが常識となっていますが、以前はMFU株を使用すればボリュームも出やすく、植毛をする側も植える回数が減り、いろんな面でメリットがあると考えられていました。

現在ではほとんどのクリニックでMFU株は使用されていませんが、紀尾井町クリニックではどうしてMFU株を使用する場合があるんでしょうか?

「植毛ワールド」に寄せられた報告によると、紀尾井町クリニック本院院長の柳生医師はこのように語っています。

 

生え際にはFU株が適していますが、トップや頭頂部では、症例に応じて、FU株が良い場合とMFU株が良い場合があります。(略)植毛部位と全体のバランスを考慮して、場合によってはMFU株を組み合わせることで、移植した量以上の効果と自然さが得られる結果に仕上がるように計算するのも、植毛医の腕の見せ所でしょう。

 

MFU株を使用するなら、移植した量以上の効果が得られると柳生医師は考えておられることがわかります。

…が、その一方で、ヨコ美クリニックの今川院長はこう意見しています。

 

MFU株の方が濃くできるという意見は間違いだと思います。

同じ面積に同じ株数を植えられれば大きいMFU株の方がFU株よりも濃くできますが、実際にはMFUを入れるためのスリット(毛穴)も大きいので、植え付け密度はFU株のそれより低くなり結果的に濃くはできません。生え際に不自然なMFUは奥に入れても不自然です。ただ(植毛を)受ける方がそれに気づきにくいということはいえますが。

 

先ほどの「信念」じゃないですが、株の扱い方一つをとってみても植毛医によってそれぞれの見方・考え方がありますので、自分が信頼できるクリニックで植毛をすることが大切ですね。

 

疑問なのだが、FUEでやってくれとかFUTでやってくれとか指定して実際にやった人っているの?

 

正直、初めて植毛をする人であれば、担当医の言いなり、つまり提案どおりにそのまま「YES」と返事をするケースが多くなってしまうのは自然な流れかもしれません。

 

FUT・FUEの施術を本当にどちらでも行えるクリニックであれば、それぞれのメリット・デメリットを伝えて、何のプレッシャーも与えることなく患者側に決定権を委ねてくれます。(例えば、ヨコ美クリニックの今川先生や湘南美容外科クリニックの長井先生等が担当する場合です。)

ですが、残念な現状として、ホームページや宣伝ではFUTとFUEのどちらも紹介しているにもかかわらず、いざカウンセリングへ行ってみると、FUEしか勧めないクリニックが存在しています。

なぜなら、クリニックとしてはFUEしか行えなくても、HPで多方面の情報を配信するなら幅広く集客を行えるため、クリニックとしてはその分「旨味」が出るからです。

そうしたところに植毛を検討したばかりの人が訪問すると、案の定、クリニックの方針通りにFUE施術を勧められ、患者さんは担当医を信頼しFUEを行うようになるわけです。

ただし、1回植毛をすると経験が増え、周りの視野も広くなり、以前よりもリサーチ力が向上して更に自分に合う植毛法を見極められるようになれば、自分でFUT・FUEのメリット・デメリットが実感できるようになりますので、自分から植毛する仕方を指定するケースが増えてきます。

可能なら、一回目から徹底的にリサーチやカウンセリングをすることで、自分の好きな植毛法を自ら決定できるようになることが理想的です。

 

単純な愚問なんだが、毛根の切断率なんて数値、ホントに信頼性あるの?

 

毛根切断率とは、医者が移植株を採取するときに誤って毛根を切断し貴重な資源を無駄にしてしまう確率を言いますが、正直な話、HPで謳われている数字は、あまり真に受けないほうが良いかもしれません。

というのは、植毛の良し悪し、毛根切断率も含めて、これはクリニックレベルというよりも、担当医レベルの話になりますから、そのクリニックに属する植毛医が全員数字通りに等しく仕事をしていることはあり得ないからです。

その医者の言っていることがどこまで信じられるか、ということも実際に会って話をしてみないかぎり得心できないでしょうし、ある程度経験があり症例実績がなければ信頼に値するかもわかりません。

極論、毛根切断率の数字に固執するよりも、植毛全体の取り組み方がしっかりできているかをカウンセリングを通して精査することのほうがもっと肝要です

「信念」をもってやっている植毛医であれば、FUEで移植毛を採取するときに毛根を傷つけないよう一株一株丁寧にくり抜いていくのは当たり前の話だからです。

ちなみに、相対的な意味においての各術式による毛根切断率データが論文公開(※)されていて、それによるとFUTでは平均1.25%、FUEでは電動パンチの場合で1.7〜15%(平均6.14%)、ARTASロボットで0.4〜32.1%(平均6.6%)と報告されています。

 

 

あと気になるのは、植毛した後ロン毛にしてる人見たことないってこと。
実は植毛した毛は5センチ以上伸びないということはないだろうか。

 

植毛した髪は、後頭部から取られた普通の髪の毛と同じなので、髪を切らない限りは寿命を全うするまで普通にどこまでも伸びていきます。

5センチ以上伸びないことはありませんし、至って普通の髪と同じく成長していきますので、そのへんは心配しなくて大丈夫です。

それでも、植毛後にロン毛にして昔の江口洋介さんや木村拓哉さんのような髪型にできるかというと、それは非現実的な考え方です。

既存毛がほとんど残っている状態でほんの少しだけプチ植毛をするような状況は別として、かなり薄毛が進行している人が植毛で髪を増やしたとしても、「剛毛」の域には達することはできませんし、すべてをカバーしきれるほど移植ドナーには余裕がないケースがほとんどです。

 

↓密度についての詳細はこちら↓

自毛植毛で達成できる密度の真実【勘違いは失望にまっしぐら!】
アイランドタワークリニックで生まれ変わった人達 このような画像を見せられると、「植毛して俺もサクッと生まれ変わろう!」と夢見がちになるかもしれません。で...

 

 

移植できるドナーには限りがあるので、どの箇所にどれくらいの密度で植毛していくかを予めデザインすることで「満足度」を上げていくことができますから、よく考えて現実的な植毛プラン(着地点)を練るようにします。

 

 【自毛植毛】2Chちゃんねるとその真相まとめ

 

今回は2ちゃんねるのコメントを中心に植毛の問題についてフットがコメントしてみました^^

 

2ちゃんねる掲示板は本音が垣間見える反面、断定的とも思える不正確な意見や考えが飛び交う場でもあるため、植毛初心者の方は知らないうちに誤った「教育」を受けるリスクがあります。

2ちゃんねるを見ているよりも、植毛専門の書籍を読んだほうがフォーマルに正しい知識を蓄えられるのでお勧めです^^

出典:AMAZON

植毛完全ガイド


出典:AMAZON
よくわかるヘア修復術


出典:kouseido
毛髪:ガイドライン2017を踏まえた治療update


出典:全日本病院出版会
PEPARS:No.98臨床で役立つ毛髪治療update

 

こうした書籍を最低2冊は読むようにすれば、植毛について大体は網羅できるようになります。

 

更に、クリニックのカウンセリングでいろんな植毛医の説明を聞くこともかなり役に立ち、これも2ちゃんねるを見るより?倍くらい得られるモノが違います。(※ もちろん取り組む本人の姿勢にもよりますが。。)

初心者なら最低2つはクリニック(※ セカンドオピニオン)を利用してカウンセリングを受けることもオススメします。

そうする人とそうしない人とでは、後で達成できる「満足度」が違ってきますので、可能な限りそうするようにしてください。

とりあえずは一つ、情報収集と割り切って訪問すると、その先の道が一気に広がっていきます。

 

まずは最初の一歩を踏み出すようにがんばってくださいね^^

 

フット

植毛歴約20年の管理人:フット

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

※追記:フットさんはどこで植毛を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛を受けて救われました。

 

なので、あなたにも自分に合ったクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

ヨコ美クリニックの植毛を詳細に解説するブログ【料金込み】
 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

※ 植毛の基本を学びたい方は【初心者徹底講座】を一読下さい^^

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。