これまでに1回目2回目の植毛体験談をお伝えしてきました。

今回は3回目の植毛エピソードになりますが、僕が3回目をしたくなった理由は主に2つあります。

  • 既存毛が若干後退して真ん中分けのヘアスタイルが難しくなった
  • 前髪のデザインやナチュラルさを更に改善したいと思った

以上の悩みを解決すべく、3回目を真剣に考え始めるようになりました◎

 

フット

植毛歴約20年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

 

3回目の植毛体験で自分の理想を達成!

前回の記事でお伝えしたとおりですが、2回目の植毛をして生え揃った後、僕は完全に薄毛の悩みがなくなったことで調子に乗り、しばらくの間ヘアケアを怠ったら2年ほどで既存毛の後退が進む結果になりました。

正直、こんなに早く無毛部位が露出し始めるとは思わなかったからかなりの予想外でしたし、もう一つ想定していなかったことでも悩み出すハメに。。

それは、前髪のヘアデザイン【株】の種類についてです。

2回の施術で左右のM字ハゲは完全に埋まり薄毛問題に終止符を打つことができたんですが、生え際ラインやナチュラルさにちょっと違和感を感じ始めていたんです。

というのも、自毛植毛をして最初に感動したのは圧倒的な『発毛』ですから、そこにずっと注意力がいってしばらくは満足できていました。

でも2回した分の毛量が生え揃ってから毎日鏡で髪を整えていると、次第に今度はクオリティ(自然さ)に考えが行くようになったんです。

人間は欲が深いのかもしれません。眼の前の問題が解決したら、またその上を目指したくなっちゃいました(笑)

 

1、2回目の植毛を依頼した紀尾井町クリニックでは林先生が担当してくださり大変良くしてくれました。

当時の最先端の技術力を駆使して尽力してくださったおかげで僕は確実に薄毛を克服することができたからです。

しかし、紀尾井町クリニックで植毛して後から残念に思えたのは、生え際のデザインが自分の感性とは合わなかったこと、そして前髪に使用する『株』がふさわしくなかったことです。

一つ一つ簡単に説明したいと思います。

 

生え際のデザインについて

僕は1回目も2回目もM字ハゲの植毛手術をしたわけですが、自分から生え際のデザインについて注文をつけることは一切ありませんでした。

いわゆる『おまかせ』で担当医に丸投げしたわけです。

施術する前は、そうすることが結果にどう影響するのかがリアルに想像し難く、ただ『生える』ことにしか意識が向いていませんでした。

なので、担当医の先生が100%自分のセンスでスリット(新しい毛穴)を作り、そこに移植毛を植えてくれました。

結果として残るのは先生が描いた生え際ラインですから、そこに『僕の希望』はなく、先生にとって良いと思える前髪のラインが出来上がります。

ということは、実際に髪の毛が生え揃い新しい前髪が形成されて始めて、自分にとってもそれが理想的な状態なのかが明らかになるということです。

でも、一人一人の好みや美的センスが他人と全く同じだなんて滅多にないわけですから、筋から言えば、自分が責任を負ってできるだけ植毛(デザインを含めた)プランを練るべきだったなと感じました。(※ 先生からのアドバイスや提案はもちろん大切ですが。)

その重要性に、2回植毛を受けた時点で気付かされました。

 

前髪に使用する『株』について

自毛植毛で使う移植株は、基本的にFU株です。

FUとはフォリキュラー・ユニット、つまり毛包(毛根)単位に分けられた株のこと。

毛包は簡単に言うと髪を生成する工場とも言える最小の臓器ですが、一つの毛包には1〜4本の硬毛が含まれます。

 

 

他人によく注目される生え際の部分は非常に繊細なため、それを植毛で最高度に再現させたい場合には、1本毛を植えるのが理想的です。

もし2本・3本毛の髪やFU株を合体させたマルチなFU株、つまりMFU株などを使用するとナチュラルさに欠けたものになる可能性があります。


出典:ヨコ美クリニック

 

以上の比較画像からもわかりますが、同じ本数を植えても取り扱うFU株によってガラリと見た目が変わってしまいます。

僕は鏡の前で前髪を上げてジ〜ッと見たところ、自分の生え際には1本毛以外の株が使われていることに気づきました。

それで『これは直さなければいけない。』と思い、3回目を決意したのです。

 

3回目にして出会った運命の植毛クリニック

3回目の植毛で更に改善を図りたいと思ってからしばらくして、僕は以前から気になっていたヨコ美クリニックへカウンセリングに行くことにしました。

この頃はクレジットカードの支払いを受け付けるようになっていましたし(※ 現在は再びクレジット不可。)、セカンドオピニオンのつもりで受ければ、もしかしたら何か新しい啓発が得られるのではないか?と考えたからです。

結果、僕の予想は見事に的中しました。

始めは値段が安くてクレジット払いもOKという部分に一番惹かれたんですが、それ以上に素晴らしい収穫が待っていました。

一つは、今川先生自身の植毛結果。

 

ヨコ美クリニックの今川先生

 

先生は自身の前頭部にも植毛を2回経験されているんですが(※ 現在では3回)、その前髪の成り立ちは極めてナチュラルでした。

『植毛をしている』前提で眺めても、また直接頭をいじくらせていただいても(笑)、人工的な要素はどこにも判別できませんでしたし、FUTで施術したにも関わらず、後頭部に残っているはずの線傷も見つけられませんでした。

同じ植毛でも人(術者)が変わればこんなに結果は違うのか!!!』と衝撃と感動が同時に襲いました。

今川先生は僕の生え際を見たとき、すぐに『修正したほうがいいよ』とは言わず、『あまり下げ過ぎずに設定してあるし、ラインも自然で悪くないね。』とさり気なくフォローしてくれました。

僕自身としてはちょっとデザインに不満を感じていたんですけど、でもそう言われると慰められましたし、他院のことをすぐに非難するような人じゃないんだということも感じられ『信頼できるな』と思いました。

育毛をしてこなかったせいで既存毛が予想以上に薄くなってしまったことを伝えると、先生は同情してくれてミノキシジルやケトコナゾール配合のシャンプーなどで対策をするようにアドバイスをくださいました。

現状の前髪デザインが好きになれないから、こめかみから上の生え際にかけてのラインを修正したいことについて相談したときは、『じゃあ、フット君の希望通り直しましょう^^』と言ってくれました。

ヨコ美クリニックでは、前髪も頭頂部も含め全ての部位にFU株を植えるように徹底し、前髪の部位には1本毛の株だけを使用してくれます。

振り返ってみると、ここが紀尾井町クリニックとヨコ美クリニックの最大の違いでした。

ちなみに、現在の紀尾井町クリニックでは生え際に1本毛だけを使用するようになっていますが、メールで確認したところ他の部位にはMFU株を使用することもあるようです。

また、FUE専門クリニックの中には相変わらず前髪に1本毛以外の株を植えているところもあるので注意が必要です。

 

3回目の植毛体験の結果

ゴールデンウイーク期間中に安静に過ごせるよう計画して3回目の植毛日を決め、当日はFUTで行いましたが、全く痛みはなく、予後もすこぶる良好でした。

ただ、帰り際のエレベーターに乗り込もうとしたとき、10人近くのスタッフさんたちが一同に見送ってくれたときにはかなりびっくりしましたけどね(´∀`;)vipアツカイニナレテナイ…

3回目ともなると周囲にたくさんの既存毛がある中での植毛だったから、ショックロスも多少覚悟していたんですが、今川先生のスリット技術が精確だったこともあり、結果的に抜け毛が多くなることもありませんでした。

離れ小島になる前に3回目をしたことで、当時愛着のあった真ん中分けを再び存分に楽しめるようになりましたし、何よりも前髪のデザインを自分好みにできたこと、そして不適切な株を抜いて1本毛の株だけで植え直した結果、更に自然な生え際へと生まれ変わることができました。

自分の理想を突き詰めていた努力がこうして報われ、2018年になった今でもずっと好きなヘアスタイルを満喫させていただいています^^

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

いかがでしょうか?

 

一人一人の美的センスはそれぞれなので自分の満足度をあなたに押し付けることはできませんが、僕はこういう生え際を手に入れたことで人生が180度変わりました。

自毛植毛は単にハゲというコンプレックスを治すだけでなく、自分の理想のヘアデザインを実現し、そこから沸き起こる自信や喜びで更に仕事や好きな事に打ち込めるようにしてくれる『救世主』のような存在です^^

きっと育毛剤や薬だけではここまでの変化と安定感は実現不可能でしょう。

ただ、ここまでのレベルに行き着くためには、僕の場合だと1,2回の植毛では無理だったかなと思います。

『こんなもんかな…』であきらめず、『もっと良くできるはずだ!』という気持ちでその欲望通りに行動し続けた結果、今の理想を手に入れることができたんです。

だから、これから植毛をしようか悩んでいる方、或いは3回目を検討中の方には『ずっとあきらめずにとことん植毛と向き合うなら、あなたの理想もきっと実現できますよ!』とお伝えしたいです^^

それでも、3回目の施術から15年以上経つと、既存毛がところどころ寂しくなっているのがわかるので、また近い将来4回目の植毛をしようかなとも検討中です(笑)

お金を貯めて『刈らないFUE』で前髪の補強と後頭部に残ったFUTの傷を埋めて老後に備えようかな〜、と。

僕自身の理想もその時代ごとに変わっていくので、これからも自毛植毛と末永く付き合っていきたいと思っています^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの生え際フットの植毛症例画像22018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受け、前髪を理想の状態にしてから、AGAの部位は育毛剤や発毛薬で守ってきました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしい方法を見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの治療計画を本気で応援しています^^

 

↓管理人が最も信頼するクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
病院
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
-
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
湘南美容クリニック
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
ヨコ美クリニックレビュー
アイランドタワークリニックレビュー
アスク井上クリニックレビュー
親和クリニックレビュー
湘南美容クリニックレビュー

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。