自毛植毛でちゃんとした発毛を実感したいとお考えであれば、生えるまでの過程を現実的に把握しておきたいとも思いますよね。

植毛デビュー前の段階であれば『移植したらすぐにフサフサの髪を楽しめるのでは?』と期待してしまう人もいるようです。

植毛したばかりの人の中にも、気が焦るあまり2ヶ月経過して発毛を実感できないと極度に心配し始めるケースがあったりします。

もしかしたら、今のあなたもそうでしたか?

自毛植毛は本物の髪が生えてくるメリットがある一方で、完全に生え揃い自由に髪型を楽しめるようになるまでには時間がかかります。

この記事では、自毛植毛してから生えるまでの期間は最短でどれほどか、平均的にかかる時間はどれくらいか、植えた髪を1本でも多く発毛させるために勧められる対策についても扱っていきます。

あなたの植毛プランを立てる際にどうぞお役立てください^^

 

フット

植毛歴約20年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

自毛植毛をしてから生えるまでにはどれくらいかかる?

 

冒頭の部分で少しお伝えしましたが、自毛植毛は施術をしてからすぐには生え揃いません。

これはどこの自毛植毛クリニックで行っても同じです。

というのは、施術直後は移植した髪が短い状態で植えられているからです。

 

前頭部の植毛施術直後の様子

 

その後、移植した髪の大半はそのまま伸び続けるわけではなく、大体1ヶ月以内に一旦抜けて休止期に入ります。

植毛したヘアがどうして一時的に抜けることが多いのかメカニズムは解明されていませんが、一説によると、髪は頭皮から一度切り離されると休止期になるようにプログラミングされているのでないか?と考えられています。

中にはそのまま伸びていく移植毛も存在しますが、やはり大半は一度抜けていきますので、植毛効果に対する急いだ期待は持たないほうが無難です。(※ クリニックの中には『抜けずにそのまま成長し続ける植毛』を売りにしている所もありますが、実際にはほとんど一旦抜けるのが現状のため宣伝文句を鵜呑みにしないようにしましょう。)

 

植えた髪は一旦ほとんどが抜ける

 

生えるまでの一つの試練としては、根本のカサブタと一緒に移植毛が抜け落ちたときに『また生えてくるかどうか』で一喜一憂しやすいことが挙げられます。

しかし、カサブタが形成された時点で毛根組織は定着しているため、基本的に心配する必要はなく、抜けた同じ箇所から再び発毛が見られます。

抜け落ちた移植毛が改めて生えるまでにはどんなに最短でも2、3ヶ月は必要です。

各クリニックでの説明内容に注目してください。

 

個人差はありますが3・4ヶ月〜半年で細いうぶ毛から生え始め、増えたことが実感できるのは、半年から1年ほどとなります。

出典:ウェルネスビューティークリニック

 

早いものは術後2ヶ月で発毛しはじめ、遅いものでも半年後と考えると、1ヶ月に1cm伸びるとして、6ヶ月後におよそ4cmくらいの長さになると予測されます。植毛の最終的な仕上がりは、9~12ヶ月後ということになるでしょう。

出典:ヨコ美クリニック

 

術後3ヶ月頭皮内で新しい髪の毛が生成され始めます。頭皮内に生着した髪の毛を作り出す細胞により新しい毛髪が作られ始めます。徐々に髪の毛が生えてきます。

術後6ヶ月:一時的脱毛が起こった箇所からも、本来の髪の毛が生え始めます。普段通りの生活で何の問題もございません。

術後9ヶ月:髪の毛が順調に伸びていきます。後頭部に生えていた髪の毛と同じ元気な髪の毛が順調に生えてきます。薄毛だった部分の細い髪の毛との明らかな違いが見てお分かりになるかと思います。

出典:アイランドタワークリニック

 

2~3ヶ月目からうぶ毛として生え始め、5~6カ月目頃から目で見える黒さと太さの毛になります。約10カ月~1年後に5~10cmの長さに伸びる頃が完成の時期です。

出典:紀尾井町クリニック

 

以上の回答からも、自毛植毛は生えるまでに最短でも2,3ヶ月ほどはかかることがわかるでしょう。

ただ、注意しなければいけないのは、『発毛』、つまり生え始めはそれくらいの時期でも、毛が成長してクログロと存在感が出てくるまでには更に時間がかかる点です。

個人差はありますが、大体半年ほど過ぎてから見た目にも髪が増えたことを実感できたり髪のセットが楽になるなどの手応えを感じられ、9ヶ月〜1年後くらいになると生え揃っていきます。

 

この過程で植毛デビューを果たしたばかりの人が不安になりやすいのは、発毛する前後の2、3ヶ月頃です。

どうしても個人差が出るため、『2,3ヶ月後に発毛します』とマニュアルには書いてあるのに、3ヶ月過ぎても発毛の手応えがわかないでいると『あれっ、生えてこない…(´∀`;)』と心配に陥りやすいからです。

しかし、大抵は1,2ヶ月くらいのズレというのはありがちですし、時間が解決してくれます。

なので、初めから『半年間は我慢して様子を見よう^^』と割り切っていれば、余計なストレスを抱えこまなくて済みますし、満足感を得られやすくなるので実際的です◎

 

生えるまでに心がけるべきこと

 

植毛手術を行った後は頭部にダメージを与えないよう安静に過ごせば基本的にOKです。

たった1日の日帰り施術で圧倒的な発毛を達成できるのが自毛植毛の強みですが、それでも発毛前から髪に良い積極的なアプローチを心がけるなら、更に良い効果を期待できるようになるでしょう。

特に勧められているのは内服薬育毛剤の取り組みです。

 

AGA治療薬と育毛剤で理想的な毛量を目指す

 

植毛をする前にミノキシジルフィナステリド錠などで薄毛対策をしてきた人も多いでしょう。

植毛に使うドナー毛は後頭部から採取されたAGAにならない髪ですから、植毛後もメンテナンスフリーでずっと生え続けます。

しかし、一般論として植毛した周辺の元からある髪はAGAになっている可能性があるため、何もしなければ徐々に脱毛が進行してしまうリスクが残っています。

もし植毛後から何も対策しないでいると、最悪の場合、既存毛が抜けて植毛した髪だけが残り、発毛効果をあまり実感できなくなることも考えられるわけです。(※ プラマイ0の状態)

こうした問題を未然に防ぐためには、術後から内服薬でAGAの原因であるDHTを抑制したり、頭皮にミノキシジルやアデノシン成分の育毛剤を塗るなどして発毛を促進させていくことが肝要です。

そうすれば、既存の髪も成長を続け、植毛した髪も順調に生え、半年後にはたくさん増毛する可能性が高まります。

生えるまでの間、どのように育毛をしていけば良いのかについての具体的な内容やAGA治療薬の処方については植毛クリニックのカウンセリングを受けたときに教えてもらうことができますし、実際に施術を行った時に渡されるマニュアル用紙などにも記載されています。

 

生えるまでのその他の問題と対策

 

施術直後からのことを改めて想定すると、いろいろ不安に感じる部分が幾つも出てくるかもしれませんね。

たとえば、

 

  • 術後2週間くらいまでのカサブタの処理方法
  • 仕事との折り合いのつけ方
  • シャンプーの仕方
  • ドナーを採取した箇所の痛みリスク
  • 一時的な抜け毛(ショックロス)

 

などがありますが、これらの対策法については、

 

↓カサブタの処理方法について↓

植毛部のかさぶた 自毛植毛について調べていくと、「かさぶた」が一時的にできるというデメリット問題に直面します。 かさぶたは見かけが悪くて、扱いに注意...

 

 

↓仕事との折り合いのつけ方について↓

 髪の抜け毛が気になるものの、毎日ノンストップで働き続けなければならないサラリーマン戦士。とはいえ、薄毛コンプレックスで自信が持てないでいる状態が続けば...

 

 

↓シャンプーの仕方について↓

 植毛をする決心がついてくると、術後の1週間をどのように過ごすべきかシミュレーションをしながら準備を進めていくと思います。なかでも術後すぐのシャンプーにつ...

 

 

↓ドナーを採取した箇所の痛み問題について↓

 自毛植毛をすると間違いなく髪が生えて薄毛と決別できることはわかった。他のAGA治療と費用の比較をしても一番コストパフォーマンスが良いことを確信できた。でも...

 

 

↓一時的な抜け毛のショックロスについて↓

 ショックロスとは一言でまとめると、「植毛が原因で起こる既存毛の脱毛」現象を指しています。 植毛について調べていくと、必ずと言っていいほど取り上げら...

 

 

以上の記事を参考に勉強しておくなら、生えるまでに万全な準備を整えておくことができます◎

 

生えるまでの経過期間と対策まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

自毛植毛をして1日でも早くフサフサを楽しみたいのは山々ですが、この記事では移植した髪が生えるまでに最短でも2,3ヶ月かかり、十分に伸びて存在感が出てくるまでには9〜12ヶ月ほどかかることを主なポイントとしてお伝えしてきました。

同時に、生えてくるまでの期間には『個人差がある』ことも理解しておき、まずは『半年間我慢して待つ』気持ちを養っておくなら、余計なストレスを抱えずに済みやすいこともシェアしました。

いずれにしても、植毛は植えた髪の大半が生えてくることが証明されている確かな医療ですので、ぜひ安心して取り組まれてください◎

 

植毛のヘアは生えてくる速度が遅く、自分でも変化を感じられにくいこともありますが、逆に考えると、他人にもそれだけバレにくい薄毛克服法だと言えるわけです。

最初は産毛として生え始め、ゆっくりと少しずつ成長していきますから、周りの人が気づかないような仕方でいつの間にか髪が増えているのが自毛植毛の特徴です。

カツラのような違和感はありませんし、面倒くさいメンテナンスもなく、毎朝鏡を見る度に髪が太く長く成長していく貴重な体験を十二分に満喫できるよう楽しんでくださいね^^

 

フット

植毛歴約20年の管理人:フット

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4フットの現在2018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分に合ったクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
HP
s_runessance
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
s_runessance
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
HP
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito
kousikisaito

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

>>植毛初心者講座

>>植毛費用の詳細

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。