自毛植毛は『結果』にコミットメントできるところに最大の魅力があると言っても過言ではありません。

しかし、初心者の中にはなかなか『植毛で生える』ことが実感できていない人もいるようです。

この問題を大きく分けると、

 

  • 施術に『生えてこないこともあるんじゃないの??』と疑うケース
  • 施術に『なかなか生えてこないな(´∀`;)アレッ??』と焦るケース

 

この2つのパターンがあります。

 

そこでこのページでは、以上の問題にぶつかったときに思い起こすと良いポイントを3つまとめました。

あなたの植毛計画にどうぞお役立てください^^

 

フット

植毛歴約20年の管理人:フット
【▶ プロフィールはこちら 】

自毛植毛した髪が生えてこないことはあり得るのか?

 

植毛デビューする前には、ちゃんと植毛したら髪が生えてきて、ずっと生え続けることを確信したいと誰もが願います。

だから、多くのユーザーは植毛している人のブログを見て経過を確認したりして、『大体みんな問題なく発毛してるんだな^^』と思えてから植毛に踏み切るものです。

でも、そういう他力本願的なマインドだとすぐに不安になりやすいため、初めからしっかりと勉強して、『自毛植毛にはエビデンス(科学的証拠)がある!』と確信しておくことが大切です。

 

植毛はドナードミナントの原則に基づき行われる

 

自毛植毛で生えてくると言い切れる理由は、ドナー・ドミナント(ドミナンス)の理論に基づいて正しく施術が行われるからです。

まず、ここで言う『ドナー』とは、植毛で使う『移植毛』のことです。

移植毛はどこから採取されるかというと、後頭部付近が理想的です。

 

出典:ヨコ美クリニックドナー採取場所

 

後頭部の髪ならDHT(男性ホルモン)の影響を受けにくく、将来AGAによる脱毛の可能性がないエリアだからです。

具体的に言うと、左右の耳介上端を結んだ線よりも2cm上方から下方6〜8cmまで、側頭部は耳介上部より上方の6〜8cmまでの範囲で調達するのがベストです。

これでドナー・ドミナントの『ドナー』調達はOKですが、一方で後半の『ドミナント』という言葉には、英語で『優勢・優位・支配的』という意味合いがあります。

つまり、髪の性質は元の生えていた場所によって決まっているので、それがどこに移動したとしても『元の性質に支配される』という法則です。

これを植毛に置き換えるなら、もし後頭部のハゲる心配のない髪を気になる場所へふさわしく植え付ければ、後頭部ヘアの性質をずっと受け継いで薄くなることはないということです。

 

 

ただ、理論ではなんとなく理解できても、植毛をまだ経験したことがない段階であれば、『本当にそんなうまくいくのかな〜(´∀`;)』とあまり現実味がわかない部分もあるかもしれませんね。

ですが、自毛植毛がどういうプロセスでヘア移植を行うのかをしっかり認識しておけば、この辺の不安も払拭できるかと思います。

当サイトが紹介しているFUT・FUE植毛では、FU単位で髪の移動を行うのが特徴です。

FUとは『毛包』のことで、髪を作る工場全体を指し、毛包も臓器の一種に当たります。

 

 

『移植』というと、心臓移植・腎臓移植など、いろんな移植手術がありますが、自毛植毛の場合にはFU(フォリキュラー・ユニット)、つまり髪を生成する『毛包』という臓器単位で移植を行うというわけです。

具体的には、1〜4本の硬毛・1〜2本の軟毛・起立線・平均9個の皮脂腺の分葉で成るものがFU単位を構成しています。

FUの臓器まるごと頭皮下にふさわしく移植すると、移植毛は頭皮の毛細血管と結びつき、再びそこでも正常なヘアサイクルを営むようになります。

FUには一つ一つに遺伝子情報が備わっていて、男性ホルモン(DHT)に過敏に反応して抜けやすいものと、そうならずに成長し続けるものがあり、後頭部の適切なエリアから採取されたFU株であればドナードミナントの原則に基づき生涯に渡って生え続けます。

 

以上の理論と自毛植毛の仕組みを具体的に理解するなら、『植毛した髪が生えてこない』ほうが逆におかしいことが実感できるでしょう。

育毛剤とは違って表面的なアプローチではなく、外科的な方法で毛包ごと植え替えるわけですから、『球根』をふさわしく定着させれば後は何の問題もいらないことがわかりますし、日本でもすでに何十年と経過した【植毛の歴史】そのものが、『生えてこない』という心配をしなくてもいいことを日々証明し続けています。

 

しかし、中には施術を受けてから『生えてこない…』と感じる人も実際におられるようですので、そのように感じた時に考えるべきポイントについて幾つかまとめておきます^^

 

移植毛が伸びる時期を正確に把握しているか?

 

植毛をしてから1ヶ月もすれば植えた髪がいったん抜け、施術したほとぼりも徐々に冷めていきやすくなります。

術後1ヶ月〜3ヶ月の間は基本的に何の進展もないように感じやすいことから、植毛経験者の中には漠然とした不安を募り始め『本当に生えてくるのかな…?』、『もしかして自分だけ生えなかったりして…(´∀`;)』と考えたり、極端な人になると『全然生えてこない!』とパニックになってしまう人もいます。

実際に、そのような不安を訴えるケースは相当数に上り、当サイトのお問い合わせにも以下のような声が寄せられたことがありました。

 

植毛して3ヶ月ほど経つんですが、いっこうに発毛する気配がなくて心配です。

もしかして生えてこないことってあるんでしょうか??

フットさんはどう思われますか?

 

6月に植毛後3ヶ月のカウンセリングを受けた時点では、移植毛がほとんど抜け落ちていたので心配になって、先生に『きちんと生えて来るのでしょうか?』と尋ねた所、『生えて来ないと大問題です。きちんと生えて来ますよ。』と言われました。

植毛前の画像と植毛3ヶ月後の画像を見比べながら説明をして頂き、移植毛が抜け落ちた状態でも植毛前よりもM字部分に髪が増えている事が分かりました。
また植毛をした部分が薄っすらと赤みを帯びており、『この部分から髪が生えて来ますよ』と言われました。
それでも半信半疑のままでしたが、7月に入ると少しずつ髪が生えて来ました。

 

以上の感想からも、一度は植毛について勉強して納得したはずなのに、実際に植毛をして少し経過すると『生えてこない』と心配になるケースがあることがわかるでしょう。

あなた自身がそうならないためには、まず移植毛が発毛して生え揃う期間について正しく理解しておくことが大切です。

植毛したヘアは術後1ヶ月以内にいったん多くが抜けますが、3,4ヶ月くらい経過すると徐々に発毛を開始します。

しかし、たとえ生えてきても初めは赤ちゃんの産毛と同じでとても細いため、よ〜く見なければその変化はわかりません。

 

発毛の初期段階は非常にわかりづらい

 

6ヶ月くらいすると多くの髪が発毛してきますが、まだまだ髪の毛のサイズは太くありませんから、10ヶ月ほど経過した時点で存在感が出てくると思っておくとよいくらいです。

ただし、これは平均的な過程であり、個人差がある以上、発毛が遅れるケースも有りえます。

10ヶ月以上経過しても自分の予想に反して『生えてこない』状態であれば、気持ちのうえで焦ってしまうかもしれませんが、それでもほとんどの場合は『時間』が問題を解決してくれます。

ちなみに、移植毛の発毛〜成長の段階は主観的に考えると実感がわきづらいため、植毛クリニックでは植毛前の写真と比較しながら説明を行い、確実に改善に向かっていることを患者自身が納得できるように心がけています。

術後の検診に行けないことがわかっているのであれば、自分で術前の姿を撮影しておき、3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月と見比べるように意識するなら、客観的に今の状況を理解するのに役立ちますのでとてもオススメです。

 

↓ 術後の経過についての詳細はこちら ↓

 育毛剤やAGA治療薬を試してみたけど、ある程度は改善できても完璧にならないし、副作用も心配で面倒くさいから、いっそのこと自毛植毛でサクッと薄毛を卒業しよう...

 

発毛量を正確に理解しているか?

 

ちゃんと生えてきても、術前の自分が想像していた姿とギャップがあり過ぎると『おかしい…生えてこない…』と感じる可能性があります。

これは、植毛密度が本人のイメージより低すぎたり、植えつける面積が大きい割には本数が少ない場合に感じやすいようです。

こうした『すれ違い』を回避するには、前もって植毛で可能な限界密度を正しく認識しておくことです。

ザックリと言えば、現在の植毛医療で植えられる密度本数はオリジナルの約40〜50%が限界です。

 

↓ 植毛密度についての詳細はこちら ↓

アイランドタワークリニックで生まれ変わった人達 このような画像を見せられると、「植毛して俺もサクッと生まれ変わろう!」と夢見がちになるかもしれません。で...

 

 

つまり、どんなに多くても普通の髪の濃さの半分程度しか達成できないということです。

もし、この原則を無視して勝手に妄想し、『一回植毛すれば完璧になれる^^』と勘違いすると、当然『生えてこないよ…』という心境に陥ってしまうリスクが出てきます。

そのため、自分が目指したい理想までには何回の植毛が必要なのかを予め医師とよく相談しておけば、最初の植毛で半分くらい濃くなった時点でも満足感が得られやすくなります。

ときどき、『1000株の植毛を2回するよりも、2000株の植毛を一気にしたほうが濃くなるのでは?』と誤解している人もいますが、どんなに本数を増やしても濃くできる限界密度は約40〜50%前後と変わりません。

 

1cm²内に植えられる本数には限界がある

 

移植株数を増やすと、植毛する面積範囲が増えるだけですので、どんなに優れたクリニックでも1回の施術では完璧に濃くすることができないことをわきまえておいてください。

そうすれば、正しい見方で植毛成果を捉えられるようになり、『狙ったとおりにちゃんと生えてきた!』と純粋な満足感を味わいやすくなります◎

 

薄毛が進行していないか?

 

植毛が無事に成功したとしても、その周辺の髪がAGAなどの原因で抜けてしまった場合には、植毛の発毛効果を実感しにくくなることが考えられます。

つまり、植毛効果が既存毛の脱毛の影響で相殺されてしまうようなケースですね。

せっかく植毛したのに髪の毛量がプラスマイナス”0”の状態になってしまうわけですから、結果的に『生えてこなかった(増えてないよ)』と感じてしまいかねません。

昔の植毛クリニックでは『植毛』のことしか話してくれない傾向がありましたが、最近では植毛後の10年・20年後も見据えたアドバイスをしてくれるところが増えてきています。

植毛をした髪が生えてきた後、全体の毛量を保つためにAGA治療薬を服用したほうが良いことやヘアケアをしっかり行っていくことが強く勧められるようになってきています。

中には植毛してから安心してしまいヘアケアを怠った結果、AGA部位の髪が抜けてスカスカになってしまったケースがありますから、副作用が出てしまうといった理由がないかぎりは薬や育毛剤を使ったり、適度な運動を心がけてアンチエイジングに意識を払っていくことは非常に重要です。

内科的な方法を上手に組み合わせ、日常でも髪に良い生活を送るようにするなら、植毛の発毛効果をもっと感じやすくなります◎

 

【自毛植毛した髪が生えてこない】と感じたら思い起こすと良いポイントまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

『自毛植毛した髪が生えてこない』という心配は、植毛を一度も経験したことのない方や1回目の手術をしたばかりの人にとっては非常に関心度が高い問題だと思います。

ですが、この記事で取り上げてきた

 

  • ドミードミナントの原則
  • FU単位でまるごと移植する仕組み
  • 植毛したヘアが発毛・成長する正確な期間
  • 生えてくるヘア密度量
  • 既存毛の脱毛リスク

 

以上のポイントを念頭に置いてふさわしく行動すれば、基本的に解決できる問題だということがお分かりいただけたかと思います。

もしあなたが真面目に植毛の勉強をして、技術力のあるクリニックに依頼し、その前の段階でもフォーマルにカウンセリングを行うようにするなら、何も心配する必要はありません^^

自毛植毛は移植したヘアが82.5〜95%前後の確率で生えてくる非常に安定した医療(※)ですので、あなたも植毛から純粋な喜びを味わえるはずですよ^^

※ 植毛の生着率に関する文献:
1) Beehner ML : Graft Survival, Growth, and Healing Studies : Studies of Hair Survival in Grafts of Different Sizes. Ed Unger WP, Shapiro R : Hair Transplantation, Marcel Dekker, New York 2004 :261―279.(レベルⅤ)

2) 日皮会誌:127(13),2763-2777,2017(平成 29) ● 2771

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの植毛症例画像2

2018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4フットの現在2018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受けました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしいクリニックを見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの植毛計画を本気で応援しています^^

 

↓僕が治療を受けたクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容外科
HP
ヨコ美クリニック
s_iland-1
s_askinoue
s_sinwa-1
湘南美容クリニック
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
ヨコ美レビュー記事
アイランドタワークリニックレビュー記事
アスク井上クリニックレビュー記事
親和クリニックレビュー記事
湘南美容クリニックレビュー記事
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
湘南美容クリニック

※1 費用欄は1000株移植したときの料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

>>植毛費用の詳細

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。