アイダイレクトの手術風景

 

日本国内で有名な植毛法の一つがダイレクト法とも言われる【i-Direct】です^^

きっとあなたもこのアイダイレクトが自分の悩みをベストな形で叶えてくれる植毛法なのでは!?…と興味津津かもしれませんね。

このページでは、アイランドタワークリニックが手がけるi-Direct法について詳しく迫っていきます。特に、

  • アイダイレクトの方法と仕組み
  • 気になるメリット・デメリット
  • 他の植毛法と何が違うのか?

この3つを軸に解説していきますので、あなたの植毛計画の参考にしていただければ幸いです^^

 

アイダイレクトの方法と仕組み

アイダイレクトの機器について

まずダイレクト法で使用する機器についてですが、元はと言えば、オムニグラフトと呼ばれる機械をベースにしたものになります。

初心者の人でも簡単に見分けられるように例を出してみましょう。


出典:アイランドタワークリニック
ダイレクト法の機械

 

上の画像はi-Directの説明をするページに掲載されている画像ですが、右側の機械に黒い文字で【OMNIGRAFT(オムニグラフト)】の文字が確認できると思います。

このオムニグラフトは、1978年にフランスで誕生したMEDICAMATという会社が開発した植毛機器になります。


出典:MEDICAMAT
オムニグラフトオムニグラフト

 

両者の画像を比べると全く同じ機械であることがわかるので、アイダイレクトの機械がMEDICAMAT社製のオムニグラフトであることがちゃんと判別できるようになっています。

つまり、アイランドタワークリニックはMEDICAMAT社製の植毛機器を購入し、各パーツを自社で改良・調整を加えながら植毛を行なっているというわけです。

『アイダイレクト』或いは『ダイレクト法』という名前自体はアイランドタワークリニックがオリジナル性を出すために使用しているネーミングですが、手術方法に何か特別な意味があるわけではなく、平たくいえば【オムニグラフトを使用したFUE植毛】ということです。(※ ちなみに『ダイレクト法』の前は『ハイパー植毛』というネーミングでした。)

(どこのクリニックでも〇〇式・〇〇法と謳っていろいろ独自感を出すようにしている傾向が見られますが、これは一種の商売上の名文句のようなもので植毛の原理・原則はどこも同じですから勘違いをしないように注意する必要があります。)

では、以上の背景をわきまえながら、アイランドタワークリニックで行われるダイレクト法について見ていくことにしましょう^^

 

アイダイレクトの流れ

先ほども触れましたが、ダイレクト法はオムニグラフトの機器を使用して行なうFUE施術のことです。

 

対照的なFUT法ではメスを使って頭皮ごと毛包ドナーを採取しますが、アイダイレクトでは一切メスは使わずに極細のマイクロパンチで後頭部にある毛根を1株ずつくり抜いていくのが特徴です。

経験ある医師が目視で判断しながら頭皮下に埋もれている元気な髪を毛包単位で精確に採っていきます。


出典:アイランドタワークリニック
アイランドタワークリニックの株採取

 

公式ホームページには『0.8mmのパンチで採取する』と書かれていますが、オムニグラフトだと通常では0.8mm~1.4mmのサイズに対応しているため、各患者の毛髪サイズに合わせて安全に毛包ドナーを採取することが可能です。

電動で高速回転し、吸引機能も備わっていますので、余分な皮膚を傷つけることなく必要最小限の組織を採取できる優れものです。

 

移植用のドナーを採取し終えたら、今度は0.6mmのパンチでホール(新しい毛穴)を作成します。


出典:アイランドタワークリニック
アイランドタワークリニックのホール作成

 

0.6mmという最小サイズのホールのため、1cm2あたり50株以上のホール(毛穴)作成も可能とのことです。

ホールを作り終えたら最後に植え込みを行います。


出典:アイランドタワークリニック
アイランドタワークリニックの植えつけ

 

移植作業には従来の鑷子(せっし)と呼ばれるピンセットは使わずに空気圧を利用して植え込んでいくインプランターを採用しています。


出典:アイランドタワークリニック
インプランターインプランターで空気圧を利用し植え付ける

 

0.8mmサイズの株を0.6mmの毛穴に入れ込むことで、密度の濃い仕上がりを目指します◎

 

以上がアイダイレクトの一連の流れになります。

ダイレクト法を一文でまとめるとすれば、『電動式のパンチで1つ1つの毛穴( FU )をくり抜いて直接FU株をつくり、空気圧で植え込んでいくFUE法』と表現できるでしょう^^

 

ダイレクト法の気になるメリット・デメリット

ダイレクト法を採用すると魅力的なメリットを得られますが、一方でデメリットになりかねない要素もあるので一つ一つ簡潔に見ていきましょう。

 

メリット1:ドナーを採取した箇所の傷が目立ちくい

ダイレクト法のパンチ口径ダイレクト法で使用する極細パンチ

 

ダイレクト法のメリットの一つに、後頭部に残る無毛の傷痕が目立ちにくいことを挙げられます。

毛包周りの組織が採れるギリギリの0.8mmパンチで毛根を採取しますから、従来のアルタスロボットを使用した方法よりも傷穴が小さくなります。

 

アルタスロボットとの比較アルタスロボットパンチ VS. 0.8mmパンチの傷痕比較

 

アルタスが採用する1mm以上のパンチ痕と比較してもだいぶサイズが小さくなることがわかりますね。

結果、侵襲被害が少なくなって皮膚の回復も早く、たとえ3000株という大量の採取を行なっても髪を伸ばせば気にならないレベルに抑えられる場合があります。(※ 毛髪密度や頭皮条件等によって個人差が出ます。)

 

ダイレクト法で合計3000株採取した後頭部

ダイレクト法で合計3000株採取した後頭部

 

もしあなたが、『FUE法で大量植毛をしたいんだけど、後頭部がスカスカになるのはできるだけ避けたい』という明確な希望があるなら、ダイレクト法で行なうと実現できるかもしれません◎(※ 密度が低く後頭部が目立つと医師から判断された場合にはアイダイレクトでも大量植毛はできないことがあります。全てはケース・バイ・ケースです。)

 

メリット2:毛根切断率が低い

アイランドタワークリニックの採取パンチは極細のため、技術力に欠ける医師がひとたび操れば毛根を誤って切断してしまう可能性が高くなります。

しかし、医学論文によると、アイランドタワークリニックの毛根切断率は5.5%という数字がしっかり報告(※)されています。

※ アイランドタワークリニックの植毛文献:
1) 
Novel Technique of Follicular Unit Extraction Hair Transplantation with a Powered Punching Device

 

毛根切断率が5.5%ということは、たとえば100本くり抜いたらそのうちの95本前後は問題なく採取できる精度です。

アルタスロボットを使った試験では平均6.6%ですから、それよりも優秀な成績なわけですね。

とは言え、厳密に言うと、論文が掲載された時の医師メンバーの大半は現在アイランドタワークリニックを離れているという側面はあるんですが、それでも井川浩晴先生などは今だに現役でダイレクト法を行なっていますし、他の医師たちも5年・10年と経験を持つ先生方ですから同等レベルに達している可能性は十分にあるでしょう。

 

メリット3:採取スピードの速さ

オムニグラフトを使ったダイレクト法(FUE)では、熟練した医師が行なうと1時間で800〜1500株ほどの量を採取できます。

従来のアルタスロボットでは1時間で500株くらいなので、患者さんの体力を消耗させてしまうリスクについて度々取り上げられてきました。

施術スピードが早ければ、移植する『株』にとっても有利ですし、患者さんにとっても負担が減るので良いことだらけです◎

 

その他にも、施術が適切に行われれば発毛率の高さ自然さなども期待できますが、ただ、こうしたメリットは単純に『ダイレクト法を選択すれば自動的にOK』ということではなく、術者とナースチームの技量にかかっているため、絶対的な保証はできない所がポイントです。

どんなに優れた方法・道具を採用しても技術者の腕によって結果は180度変わるからです。

 

たとえば、切れ味抜群の包丁を一流シェフに持たせれば料理も美味しいものを期待できますが、仮に同じ包丁を新人さんに持たせてしまうとどうなってしまうでしょうか?

少なくとも、一流シェフよりも出来栄えの良さは保証できませんし、扱いを間違えれば人を傷つけてしまう可能性すら秘めているわけです。

植毛も同じで、使う道具や方法はもちろん大切なんですが、それよりも重要になってくるのは『誰がそれを行なうのか?』という部分です。

ダイレクト法のメリットを最大限に引き出すためには、ひとえに依頼する医師と看護師チームの働きにかかっていることをわきまえておくなら、真面目にカウンセリングを受けて冷静に担当医を決めたいと思われるはずです。

もちろん、アイランドタワークリニックでダイレクト法を行なわれている先生方は皆プロですから全体的に安心ですが、外科施術は術者によって100%違いが出ることを覚えておくことは大切です◎(※ 『ブランド』で植毛の良さが決まるわけではありません。)

では次にデメリットの部分も見ていきましょう^^

 

ダイレクト法のデメリット

デメリット1:スリットよりも高密度に植え付けにくい可能性

 

ダイレクト法は高密度植毛が一つの『売り』になっていて、実際に施術を受けられた多くの利用者は満足しておられるようです。

ただ、学術的な角度から捉えると、スリット式で行なう方法と比べたら植え付ける本数の面で不利になると言われています。

というのは、ダイレクト法では新しい毛穴を作るときに円形のパンチを使うため、スリット(切れ目)で毛穴を作成する方法よりも一つ一つの面積が大きくなる可能性があるからです。

 

ホールとスリットの比較

 

上の画像はマイクロホールとマイクロスリットを比較したものですが、同じ面積に毛穴を作ろうとした場合、スリットのほうが多くの数を作れます。

例えば、1cm2内に1mm径の丸い穴と1mmの細いスリットを空けてみると、後者の方が多く空けられるというわけです。

以上の理由から、ダイレクト法で採用されているホール作成は高密度移植を達成する上でスリットよりも不利だと考える植毛医が相当数います。

ただ、先ほども少し触れましたが、植毛は『誰が行なうのか』が一番重要で、例えば、スリットを採用していたとしても仮にドクター自身に腕がない場合、ホールを採用している熟練技師にお任せしたほうが結果が良くなるのは目に見えていますから、全てはケース・バイ・ケースだということをわきまえておく必要があります。

学術的に捉えれば、『高密度移植をするうえでホールはスリットよりも不利になる』という一つの可能性として理解しておけば良いでしょう。

 

デメリット2:ショックロスのリスクが大きい可能性

スリットよりもホールのほうが毛穴の面積が大きくなるということは、それだけ周囲の髪にも影響を与える可能性が高くなるということです。

スリットを採用しているクリニックであってもショックロスは10~20%くらいの頻度で観察されていますので、パンチを使ったホールではそれ以上に起きるリスクがあります。

誤解がないようにお伝えしておくと、ショックロスは施術の影響で既存の髪が一時的に抜けてしまう現象を言いますが、どれくらいの頻度で起きるのかをまとめた医学論文は今までのところ存在しないため、確かなことは誰にもわかりません。(※ 各患者の頭皮・毛髪密度・施術条件・一時的脱毛・永久的脱毛等、様々な見分けが難しいため、この類のテーマ論文は出しにくいと言われています。)

それでも、同条件のスリットと比較した場合にホールの方が侵襲面積が大きくなるのであれば、周りの既存毛に損傷を与えるリスクの面では高くなると考えるのは妥当でしょう。

ただ、もし担当医が熟練していて適切に施術がなされるならショックロスは起きないかもしれませんし、逆に精確にホールを空けて植え付けたとしても、患者本人の体質でショックロスは避けられない『運命』である可能性も十分考えられます。

そういうわけで、ショックロスがあるかどうかはやはり誰にもわかりませんが、『スリットと比較した場合にリスクが増す』という可能性に関しては念頭に置いておくとよいでしょう。

 

デメリット3:費用が高い

ダイレクト法はその他のFUE法、例えばアルタスロボットやWAWシステムの手業を使用した手術に比べると費用が高額です。

 

株数 ダイレクト法 アルタス WAW
500株 86万4千円 49万 43万2千円
1000株 151万2千円 88万 86万4千円
関連記事 アイランドタワー 湘南美容 ヨコ美

※ 税込表示

 

それぞれの術法を定価料金で比較すると、ダイレクト法はどのFUE植毛よりも高く、1000株の移植本数ではその他の方法よりも倍近い値段です。

そこまでの金額を出してまで行いたいと思えるほどの決意を抱くには相当な信頼がなければなかなか無理だと思います。

仮に植毛の最高峰と言われるメガセッション(2500株以上の大量植毛)になるとその差は歴然です。

たとえばダイレクト法で3000株の植毛をすると360万円(税抜)もかかってしまいますが、ヨコ美クリニックのWAWシステムFUEで行なえば240万円ですし、FUT法を選択するなら120万円で行なえてしまいます。(※ヨコ美クリニックは2500株以上になると量がどれだけ増えても据え置きの120万円(税別)。)

 

FUEで植毛をやりたいと考える多くの人は線傷が嫌だからFUTを敬遠される人もいると思いますが、FUTでも初回の施術であれば95%ほどの確率で3ミリ以下に仕上がる(※)のをご存知だったでしょうか?


出典:ヨコ美クリニック
FUT植毛後の後頭部の傷

 

もし万が一、線傷の幅が広くなったとしても、その後に少量のFUEで補填すれば後頭部の傷も目立たなくなりますし、ダイレクト法と比較すると最終的に200万円以上もの経費節約にも繋がるわけです。

こうして考えてみると、植毛には本当にいろんな選択肢があって、同じ理想を叶えるにしても方法によっては物凄く金額に差が出ることを実感できるでしょう。

アイランドタワークリニックは確かに定価料金が高いというデメリットはありますが、実は基本治療費が安くなるトライアルプラン(※)があったり、モニターに協力する形で施術を受ければ最大で半額に値引きが可能ですから、最終的にどこのクリニックが一番安くなるかは、実際にカウンセリングを受けて見積もりを出してもらうまではわからないのが現状です。

※ 【交通費全額返還サービス・基本治療費全額20万円無料】が自動で適用されます。

 

『どちらのクリニックも気になる』ということでしたら、該当する病院を全て回って中身の濃い相談をされるようお勧めします。

1株単価の値段だけでなく、移植本数の合計もクリニックによって数百単位で変わってくるため、単にインターネットの値段表だけを見てそそくさと決めてしまうのはナンセンスですからくれぐれも注意してください^^

 

アイダイレクトは他の植毛法と何が違うのか?

アイダイレクトと他のクリニックの術法を比べると、どこも良いことが書いてあるから『いったい何が一番良いのかわかりません…』、『フットさんはどこのクリニックが良いと思いますか?』というようなメールがときどき届きます。

ひょっとしたら、今のあなたも同じような心境かもしれませんね。

 

冒頭でもお伝えしましたが、『ダイレクト法』という名前自体はクリニックがオリジナル感を強調するために考えたネーミングなので、何か学術的な意味で新しい植毛法を意味しているわけではありません。

繰り返しますが、機械はオムニグラフトを使用して植毛の原理もFUEと変わりません。

ちなみに、国内のFUE専門クリニックの多くで使用されている植毛機器もベースは同じ製品です。(※ ハンドピース(採取パンチ)などの各パーツや外観パネルは特注オリジナルにしてあります。)

 

一見、ホームページを見ると『どれも違うのかな?』というイメージを抱きがちですが、同じ機械でも持ち味の部分だったりクローズアップしている箇所が違うために異なった術法に見えてしまいやすいわけです。

使用している機器は同じ製品ですので、後は担当医のこだわりだったり、看護師チームの実力だったり、これまでの症例実績などを精査して、自分が『信頼できる!』と感じられたクリニックに依頼することがフォーマルな選択方法です◎

 

もしインターネットの世界だけで『これまでずっと勘違いを起こしていた…』という状況でしたら、まずはFUTとFUEの両方を行っているクリニックにカウンセリングに行くところからスタートするのが実際的かもしれません。

初めて植毛を検討する人はなかなか公正な形で情報を吸収できないケースもあり、偏った知識で大切な決定を下してしまうリスクがあるからです。

絶対に失敗したくない10年後も20年後も後悔しない植毛を実現したいということでしたら、一度 頭の中を真っ白にしてFUTとFUEをどちらも行なっている医師から話を聞いてみるようにしてみてください。

それからもう一度この記事を読まれてみると、また違った視点で植毛を捉えている自分にきっと気づかれるでしょう。

フットはあなたの植毛を真剣に応援しています^^

 

>>ダイレクト法の減額窓口

※ 【交通費全額返還サービス・基本治療費全額20万円無料】が自動で適用されます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

※追記:フットさんはどこで治療を受けたんですか?という問い合わせが多くなってきたので、こちらでもお伝えしておきます。

 

約20年前に国内のクリニックを利用してM字ハゲを復活させました。↓↓

 

自分

約20年前の姿

治療内容 FUT法で生え際付近に2250株の自毛植毛を実施。
費用 3回合計150万円(税抜)
主な副作用・リスク等 一時的な痛み、赤み、熱感、抜け毛、くせ毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、膨隆、腫脹、瘢痕等が生じる可能性。
注意点 植毛の治療効果は人それぞれで異なります。あなた自身の植毛結果が他の症例と同じになることはありませんのでご注意ください。

 

フットの生え際フットの植毛症例画像22018年現在

 

フットの植毛症例画像3

フットの植毛症例画像4

フットの植毛症例画像5

フットの植毛症例画像62018年現在

 

僕はヨコ美クリニックで植毛治療を受け、前髪を理想の状態にしてから、AGAの部位は育毛剤や発毛薬で守ってきました。

 

なので、あなたにも自分にふさわしい方法を見つけてもらい、今の悩みを解決してほしいと思っています。

 

フットはあなたの治療計画を本気で応援しています^^

 

↓管理人が最も信頼するクリニックの全貌↓

 こちらのページではヨコ美クリニックの気になる植毛施術の特徴・症例・費用等をどこよりもまとめて掲載いたします。ここはサイト管理人フットが植毛した所でもあ...

 

 

【植毛クリニック一覧表】

病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
病院名
ヨコ美
アイランドタワー
アスク井上
親和
湘南美容
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
親和クリニック
方法
FUE
FUT
FUE
FUE
FUE
FUE
FUT
場所
横浜
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿
新宿 大阪 福岡 名古屋
新宿 大阪 福岡 名古屋
費用
AGA薬
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
処方あり
メリット
デメリット
解説
ヨコ美レビュー記事
アイランドタワークリニックレビュー記事
アスク井上クリニックレビュー記事
親和クリニックレビュー記事
湘南美容クリニックレビュー記事
HP
ヨコ美クリニック
アイランドタワークリニック
アスク井上クリニック
親和クリニック
親和クリニック

※1 費用欄は1000株移植したときの通常料金です。
※ 情報の変動は避けられないので、最終確認はご自身でお願い致します。
※ 無料カウンセリングは比較表内の一番下の緑ボタン「公式サイト」から簡単に申し込みができます。

 

 

※ 記事の内容は、効能・効果または安全性・確実性を保証するものではありません。
※ サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。